名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

相原輝夫(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

相原輝夫(経営者)のプロフィール

相原輝夫、あいばら・てるお。日本の経営者。「ファインデックス」社長。愛媛県出身。愛媛大学教育学部卒業後、四国日本電気ソフトウェア(のちのNECソリューションイノベータ)を経てパイオニア四国(のちのファインデックス)に入社。取締役などを経て社長に就任。

相原輝夫(経営者)の名言 一覧

当社は世の中に無いモノを作ることで成長していく。


上場したことで私もそうですが、社員の意識が変わったように思います。改めて会社は社会の公器であるという責任や重みを感じています。


うちの製品は全て「こういうのがあったらすごく助かるのに」とか、「便利なのに」というものを具現化させていったもの。要は誰でも考えつくことをやるか、やらないかだけなんです。


人が想像できることは、大抵ソフトウェアで実現できる。どんなに時間やコストがかかってもよいのであれば、売り物にはならないかもしれないけど、作ることはできる。


我々は既存のものを作るのではなく、2~3年先の世の中で当たり前になっているものを作ることが使命。だから、社員には脳に汗かくことが大事なんだと繰り返し言っています。


私は子供の頃からモノをつくることが好きで、就職するなら何でもいいからクリエイティブな仕事がしたいと思っていました。だって、世の中に無いものを自分が作れたら非常に面白いですよね。


電子カルテをやっている会社は結構多くて、電子カルテのみでは単純な値下げ競争に巻き込まれてしまう局面も多分にあります。当社の場合は電子カルテだけではなく、画像データの管理や検査結果を一括管理するシステムを開発・販売しているんです。大企業が手をつけないニッチな世界ということで、利益も高くなっています。


当初は何の戦略も無かったんですけど、最初の大学病院で一定の評価を頂きましたので、そこからはうまくいったと思います。初めは愛媛大学の大学病院、次は徳島大学、長崎大学と広がっていって、4~5年も経つと大阪大学、東京大学へと広がっていきました。それが今から4年ほど前のことです。大学病院での採用が増えるにつれて、「仕事が仕事を呼んでくれる」ようになっていきました。それまで「PSC? どこの会社?」なんて軽くあしらわれていたのが、一転してお付き合いしていただけるようになったりもしました(笑)。


先日発表した新製品がありまして、画面上に表示されたテキストを高速かつ正確に認識する新技術なんです。言葉で説明するのが難しいんですけど、例えば、異なるメーカーのシステムをつなげるために、これまでは莫大な費用をかけて互換性をとるようにしていたんですね。本当に大雑把に言えば、それをものの数分でつなげてしまうんです。これは世界で初めての技術です。もう医療の世界では引き合いが来ていますが、これを医療以外の世界にも応用できないか考えています。そうやって世の中に無いモノをつくり、世の役に立っていきたい。


相原輝夫(経営者)の経歴・略歴

相原輝夫、あいばら・てるお。日本の経営者。「ファインデックス」社長。愛媛県出身。愛媛大学教育学部卒業後、四国日本電気ソフトウェア(のちのNECソリューションイノベータ)を経てパイオニア四国(のちのファインデックス)に入社。取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

細川護煕

人の登用については信条がありましてね。大事なのは、「退」を好む人ということなんですよ。これは『呻吟語』という中国の名著にあるんですが、あのポストに就きたいとか、大臣になりたいとか、物欲しそうなのは駄目。そんな人を登用しても本当のことは言えない。私がパッと総理を辞めたのも、自分がそんなスタンスだから。


林野宏

明るく楽観的で頑張っている人は、職場でも社外でも周りを明るくするから好かれます。人が集まってくるから、ネットワークが広がり、様々な情報も集まってくる。ツキを呼び寄せて、成功しますよ。逆に、しょげて暗い顔をしている人や、物事に悲観的な人には、親しくしている人ですら近づきたくない。これではツキだって近寄りません。


丸山康幸

まずは環境を変えることから始めよう、そう思った私は、社長に就任したとき、全スタッフの前でこう言いました。「私は素人だから助けてください。そして、リゾート事業においては素人ですが、次の3つのことはみなさんに約束します。(1)判断は速くする。(2)会社の現状はつまびらかにして伝える。(3)試行錯誤は大歓迎です」と。


ジャック・ウェルチ

「効率」という言葉はよくない。「創造性」という言葉を使うべきだ。


清家篤

慶應義塾塾長に就任したのはリーマンショック直後。いきなり厳しい財政状況に直面しました。当時金融資産は約530億円の評価損を抱え、年度ベースの収支もマイナスという危機的状況。ちょうど慶応の創立150年記念事業も進んでいました。この時何より優先すべきと考えたのは学校の持続可能性です。財政再建のため150年記念事業の一部を凍結し、各学部などからの予算要望も相当削りました。金融資産についてもリスクが小さくなるよう構成の組み換えを進めました。


保志忠彦

勝つ者には偶然があり、敗れる者には必然があります。当社が勝ってこられたのは、ひとえにモノが売れる組織作りを徹底したからです。カラオケはスナックなどで使われる製品で、夜の時間の対応が肝心です。深夜営業をいとわない販売網を作り上げたことが最大の要因でした。


田久保善彦

特に人事制度の変更は最大の意思表示。今、多くの企業が社員に英語力を求めていますが、これは乱暴に言うと「英語ができない人は要りません」という意思表示です。例えば自社で、自分に不利益な人事制度が導入されたら、自分が会社が求める人物像から外れたということかもしれません。


桐山一憲

消費者自身が気付いていなかったニーズを上手く掘り起こすことができたなら、新しい市場を開拓できます。消臭剤のファブリーズスプレーはまさにその典型で、液体を噴きかけてにおいをとる発想は、消費者の側にはなかったと思います。


鈴木喬(経営者)

経営者の心意気が大事。くよくよしても始まらない。前に進むことが必要。


田村友一

業績か低迷し、リストラに伴う損失も大きくなり、取引のあった銀行や代理店の中には「日医工は危ない」「取引をやめる」というところが出ました。そのときの悔しさは今も忘れられません。逆に「日医工が厳しいときこそ支えよう」と言って取引を継続してくれた取引先や金融機関もあり、日医工が何とか踏みとどまれて今日があるのはそのおかげだと思います。それらの会社との取引は私にとって、とても大切です。


深野康彦

老後の貯蓄として足りないならば、定年後も働けばいいだけのこと。それはそれで大変な決断でしょうが、今から不安を抱えて悶々とするのは、決して賢い態度とはいえません。ただし、健康には留意してください。


澤穂希

自分のことはネットで検索しないですね。まず私、アナログ人間なので、機械系、コンピューター系が苦手でして(笑)。ネットで調べると、おそらく、いろいろな人が、いろいろなことを書いていると思います。でも、そうした書き込みに一喜一憂しても、疲れるだけだし、生産的ではないですよね。知らない人、見えない人たちに、自分の人生が左右されるのはおかしいと思うし、自分をしっかり持って、自分がすべきこと、したいことをしていたほうがずっと充実した日々になるように思います。