名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

盛田昌夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

盛田昌夫のプロフィール

盛田昌夫、もりた・まさお。日本の経営者。「ソニー・ミュージックエンタテインメント」会長。ソニー創業者の一人・盛田昭夫の次男。ジョージタウン大学卒業後、モルガン銀行を経てソニーに入社。「ソニー・ミュージックエンタテインメント」会長などを務めた。

盛田昌夫の名言 一覧

一歩でも明日につながるものをやろう。


まず人より先にやる。そうすれば失敗しても、2度目の挑戦ができる。


大切なのは、「新しいアイデアがあれば、萎縮せずにまずやる」ということ。


ドキドキする気持ちは人から教わるだけでは実感できません。自分で行動して初めてわかるものです。


誰も創ったことがないものを生み出す。誰もがやったことがないことを経験する。人間は未知のものに実際に触れ、自分で体験した時にドキドキする。


最近は経営者も萎縮してしまい、コスト削減ばかりしている人たちが増えています。減収増益の経営は威張れるものではありません。明日につながるものを生んでいないからです。


部下に「やってみろ」と言うだけでは無責任です。挑戦にはリスクが伴います。最近の人たちは頭がいいので、やる前にいろいろ考えて失敗しそうだと思うと何もやりません。トップが責任をとる姿勢をみせることも大切です。


子供の頃、父・盛田昭夫は何も教えてくれなかった。「昌夫どう思う?」と言って答えを言わない。「自分で考えてみなさい」で終わり。高校時代は英語もしゃべれないまま海外に留学しました。最初はトイレも行けず、ご飯にもありつけない。日本に戻ってくる時も「一番安い方法で帰ってこい」だけでした。でも、それが面白いんですね。それに、やればなんとかなる。おかげで生き延びるために必要な行動力と楽観的な考え方を身につけることができたと思っています。


ソニーの創業者である盛田昭夫の次男として生まれ、もう一人の創業者・井深大と盛田が働く姿を子供の頃から見てきました。強烈なリーダーたちの行動の原動力を私なりに言うならば、「ドキドキする気持ち」ではないかと思っています。


盛田昌夫の経歴・略歴

盛田昌夫、もりた・まさお。日本の経営者。「ソニー・ミュージックエンタテインメント」会長。ソニー創業者の一人・盛田昭夫の次男。ジョージタウン大学卒業後、モルガン銀行を経てソニーに入社。「ソニー・ミュージックエンタテインメント」会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

唐池恒二

どう伝えればメッセージが社員やスタッフの胸に残り、「自分ごと」として受け止めてくれるのかについて、徹底的に考える。そのことが大切。


佐藤オオキ

相手に専門的な知識がなく、ビジュアルで説明することもできない状況で、短い文章で伝えて、「見てみたい」「欲しい」と思わせることができたら、それは強力な発信力があるということ。あとはそれをデザインして表現すればいい。


為末大

世界にはさまざまな価値基準があるのだということを、まずは知ることが大事です。そして自分なりの勝利条件を定め、その方向へ進んでいくのです。


佐藤慎次郎

将来の成長の布石となる3つの買収を実現させました。買収では「中長期の戦略に適合するのか」「財務的に健全なのか」に加えて、「当社の企業文化とマッチするかどうか」を最も重視しています。


サム・ゴールドウィン

八方ふさがりのなかでも、やれることは必ずある。


大前研一

私がいまも活動的であり続けるのは、余命がモチベーションになっているから。30代の頃、松下幸之助さんと同じだけ生きたとすると、あと何回夕飯が食べられるのかと計算したら、1万8000食という答えが出た。1万8000食は有限だと思い知ったその時から、いいかげんに夕飯を食べないようになった。次の夕食は誰と食べるか、どこで食べるかを計画的に考えるようになった。


上西京一郎

色々なステークホルダーの方々への感謝の気持ちを忘れずに、私たちが世の中に提供している価値をもう一度原点に還って、提供し続けていかなければいけない。


小林栄三

上司の一人にコミュニケーションをまったくとらない人がいました。朝来ても挨拶も会釈もしない。こちらが「おはようございます」と言っても、うつむいて知らん顔をしている。一週間たっても全然変わらない。ひと月たっても変わらない。その後、その課は混乱しました。不祥事や思わぬ損害が出る部署というのは、大概コミュニケーションの不足に起因しているものです。


澤田秀雄

その人材に素質があるとわかったら、その素質を伸ばせる環境をつくります。優秀な先輩の仕事ぶりを見て学べる環境、必要なら少し指導を受けられる環境を整えます。そして、本人が力をつけたことを確認したとき、初めて仕事を任せます。


堀内利之

世界に愛が足りなくなったときに戦争が起きる。敵は外ではなく、自己の内に現れる。利己的主張や誤解や、悪感情が相手に映って敵として現れるのです。


田崎太郎(経営者)

社員たちには、なるべく多くのチャンスを与えるように心がけています。例えばリーダーなどの役職に抜擢したり、事業へのアイデアがあれば実践させてみたり。挑戦することが、彼らを一流のビジネスパーソンへと育てていきます。


大原孝治

人が変わって、時代が変わっても、会社が持つビジョンは変わりません。一貫したビジョンを判断基準とするのです。新たな取り組みでも「それは顧客最優先主義に合致しているのか」ということが判断基準になります。