名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

益田ミリの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

益田ミリのプロフィール

益田ミリ、ますだ・みり。日本のイラストレーター、漫画家、エッセイスト。京都芸術短期大学卒業。デザイナーを経てイラストレーターとして独立。『はやくはやくっていわないで』で産経児童出版文化賞産経新聞社賞受賞。

益田ミリの名言 一覧

自分にはどれも大事な一瞬。人生って、大きな出来事ばかりでできているのではなくて、小さいけど、忘れたくない日々のかけらでもあるんですよね。


時間をかけて考えてから机に向かっています。描く時間よりも、考える時間のほうが長いですね。むしゃくしゃするようなことがあったとしたら、それがどういう感情からきているのか、じーっと考えて、ああ、こういうことかと自分自身、納得してから描いている感じです。


高校時代は、今、このときが一番すばらしく、大人の世界なんてつまらないに違いないと考えていたんです。だから大人になりたくなかった。日記に感情を綴っておけば大人にならずにすむんじゃないか、なんて思ってたんですね。書く、ということは、あの頃から私の人生の一部になっていました。さすがに、今は大人もいいと思います。今日の悩みを、明日の自分に任せてもいいかな、と思える日もあります。それだけ大人の自分を信用できるようになったんでしょうね。


『週末、森で』の話を描き始めるころ、森について学ぶ講座を受けていたんです。森で先生が木の実を拾っているときに、「木の実にはその木が育つためのすべてのものが入っている」ってお話しされたんですね。それを聞いて「ああ!」となって。人間も、生きるためのすべてが自分に備わって生まれてくるんだと思ったんです。それがきっかけで、この話が生まれました。


描きあがったマンガを友達や家族がどう評価するか、まったく気にならないんです。描き始めたころから、不思議とそれはずっと変わりません。たとえば『すーちゃん』は終わり方があっさりしているため、「ぷつんと終わっちゃったね」とよく言われました。でも、自分では「いや、これで合ってますよ」と思っていたんです。子供のころから自信もないし、目立たない存在でしたが、なぜかマンガに関しては迷いがないんですよね。周りの意見が気にならないからこそ、描き続けられるのかもしれません。


30代前半のころでしょうか。『OLはえらい』でマンガを描き始め、自分には何かあるって信じることで原稿に向かえていたわけですが、「何も実らないままだったらどうしよう」というドキドキの中にいて。ただ考える時間だけはあったので、よく深夜に散歩をしていました。夜中の2時、3時にマンションを出て、近所の商店街をぐるぐると。その時、「自分には太陽の光は降り注いでいないかもしれないけれど、月の光は浴びている」と思ったんです。「あ、月は私を見てくれている」と思うことで、ちょっと勇気づけられたというか。それからは、作中でも主人公が夜道でいろいろなことを考えるシーンを、たくさん描くようになりました。しかも、そこに猫かれる月は100%満月。私が描く人たちは太陽をさんさんと浴びてはいないけれど、いつも満月の光を浴びているようにしよう。そう決めた時、マンガを描くうえでも少し気持ちがラクになりました。月は私。私がみんなに光を浴びせている。「どんな時も月は見てるよ」という私の視点なんです。


連載ものでも描き下ろしでも、「これを描きたい」というシーンがあるんです。というより、山場となるシーンが決まってから作品を描き始めることが多いです。ゆるやかに流れを作っていき、山場のシーンを拙く時は、「来たー!」となる。そこまでの流れがうまくつながると、「私が描きたかったことが描けた」という気持ちになります。とはいえ、読み手にはどう受け止めていただいてもかまわないんです。自分の中で、「これを描こう」と決めているだけなので。


益田ミリの経歴・略歴

益田ミリ、ますだ・みり。日本のイラストレーター、漫画家、エッセイスト。京都芸術短期大学卒業。デザイナーを経てイラストレーターとして独立。『はやくはやくっていわないで』で産経児童出版文化賞産経新聞社賞受賞。

他の記事も読んでみる

山本護

リーマンショック、東日本大震災を経験し、変化に弾力的に対応できる組織をつくってきた。それを基盤に、「プレミアグラン」による効果と、これまでやってきた施策をさらに積み上げることで、開業50周年以降も成長を持続したい。


瀧本哲史

昨今では英語力のほかにも「地頭力」を鍛えたり、「ロジカルシンキング」を身につけたりする勉強法が流行していますが、学習自体が目的化しているように思います。相関関係と因果関係を取り違えてはいけません。「優秀な選手は足が速い」という相関は正しいでしょう。しかし「足が速ければ優秀な選手だ」という因果は断定できません。同様に、「高収入のビジネスマンは英語が堪能」とはいえますが、「英語が堪能ならば年収が高くなる」とは言い切れないでしょう。


むらかみかずこ

最近もらった手書きの手紙を思い出してください。ご両親から手紙を受け取った人もいるでしょうし、旧友から届いた年賀状を挙げる人もいるでしょう。いずれにせよ、かなり前でも手書きの手紙は記憶に残っているものです。一方、同じ時期に受け取ったメールやLINEメッセージなどは、なかなか思い出せません。つまり手紙を送るだけで、相手に「この人はとても丁寧だな」「この企業は私を大切に考えてくれているな」と強い印象を残せるのです。


ジェームズ・ダイソン

我々が手掛けた製品はいずれもコモディティーだとは考えていません。消費者には、掃除機もドライヤーも日々の生活を送る上でとても価値のある製品です。コモディティーかどうかを決めるのは、むしろ、開発した側の情熱や思いがどれだけ注がれているかによります。


藤田寛之

海外でゴルフを取り巻く環境に触れてみると、日本だけが立ち止まっているという感覚になります。プロとして技術を極めるなら、国内の環境に甘んじているのではなく、選手は安定の枠を超えていくべき。外で得る刺激は成長の糧になりますからね。


安宅和人

データや手法ありきで、数字をこねくり回すことが分析ではない。「何のために取り組んでいるのか」という目的が曖昧なケースが多すぎる。目的を明確にして初めて、成果につながる分析結果を出すことができる。


阿部俊則

少子高齢化で日本のマーケットは期待できないから海外へ行くということではなくて、当社にとって日本でやるべきことはまだまだたくさんあります。被災地を何度も訪れ、私たちは求められているんだということをあらためて感じました。


松岡修造

最高のパフォーマンスは必ずしも全力投球からは生まれません。


永守重信

経営は気概と執念。絶対に成功させようとか、勝とうとか、いいものを作ろうとか、そういう気概と執念がないと成功しませんわ。


八田英二

同志社の創立者・新島襄は、大学には二つの大きな社会的使命があると言っています。一つは「専門知識を教えること」、もう一つは「人格形成を行なうこと」。なかでも重視しているのが人格形成です。専門知識は、人類の幸福のため、社会のため、自分の将来のために必要です。ただし学び得た知識を世に活かす時、品性が備わっていなければ意味がありません。


小山昇

私は腕時計をしていない。時計に時間を教えてもらうようになると、勘が鈍るからだ。同様に、自分で車を連転していた時はカーナビもつけなかった。機械に頼らず勘で動いてみてほしい。最初のうちは転んで痛い目に遭うかもしれないが、転ぶうちに勘が鋭くなって、リスクを見極められるようになるんじゃないかな。


山﨑武司(山崎武司)

野村(克也)監督には、「ピッチャーの配球を読め」と就任1年目のミーティングから言われ続けたんです。当時の僕は飛んできたボールをただ本能で打つだけ。そんな打ち方をやめて、まっすぐか変化球かのヤマを張って振るバッティングに変えました。そうしたらいい感じなんです。まっすぐを打つ気で思い切り振ると、たとえ変化球でも当たります。しかも飛ぶ。迷ったまま中途半端にバットを振ってたら打てない。100%思い込んでフルスイングする姿勢をつくることが大事。おかげで打点王と本塁打王の2冠王になれました。