名言DB

9412 人 / 110637 名言

百鬼丸(切り絵師)の名言

twitter Facebook はてブ

百鬼丸(切り絵師)のプロフィール

百鬼丸、ひゃっきまる。日本の切り絵師。山梨県出身。東洋大学工学部建築学科卒業後、設計事務所勤務、モデル事務所マネージャー、陶芸家などを経て切り絵師になる。雑誌や小説の挿絵や表紙絵などを担当。主な受賞に新聞広告優秀賞、日本文芸クラブ大賞(美術部門)ほか。百鬼丸という名は手塚治虫の漫画『どろろ』の主人公からとっており、のちに手塚治虫本人から使用許可を得た。その縁で手塚治虫のアニメ『村正』のキャラクターデザインを担当した。

百鬼丸(切り絵師)の名言 一覧

ぼくは誰かに笑ってもらうのが大好きだし、お客さんに話をしながら切り絵をつくるライブも、みんなに喜んでもらいたいという考えの延長線上にあると思います。


切り絵をあしらった手拭いを、江戸の物売りの格好をして売り歩いています。どこかに卸してもいいのですが、街にこういう人間が現れたら、見ている人は楽しいだろうし、ぼくも手拭いが売れればうれしい。みんなが喜ぶことをしたい。


ぼくは、ごく初期を除いてオリジナルの切り絵をつくったことがありませんでした。しかし、オリジナルをつくってみると、やはり絵の持つパワーが全然違います。それを見た人が喜んでくれるのを見て、「自分のためにつくれば、誰もがいいなと思ってくれる作品ができるんだ」と分かりました。


ぼくの仲間の元編集者からは「百鬼丸さん、もう還暦を過ぎたんだから好きなことをやれよ」と言われました。この言葉は今でも耳に残っています。


何も見ずに下絵を描いていたのですが、プロになって1年ほどたったころ、アカデミックな絵の勉強をしないといけないと思い、画材屋が主催するデッサン教室に通うようになりました。そこで初めて実物を見て描いたところ、とても上手く描けたんです。そこから画風が、漫画からリアルなものに変わりましたね。


子どものころになりたかったのはスポーツ選手で、小学校で野球、中学からはテニスをやりました。大学では体育会の硬式テニス部に入って、すぐ上手くなって1年生でナンバーワン。2年でスランプに陥り、3年でまた上手くなりました。それは、どうしたら上手くなるかという技法やコツを考えるようになったからです。そして、そうした思考はその後の仕事にも生きています。


百鬼丸(切り絵師)の経歴・略歴

百鬼丸、ひゃっきまる。日本の切り絵師。山梨県出身。東洋大学工学部建築学科卒業後、設計事務所勤務、モデル事務所マネージャー、陶芸家などを経て切り絵師になる。雑誌や小説の挿絵や表紙絵などを担当。主な受賞に新聞広告優秀賞、日本文芸クラブ大賞(美術部門)ほか。百鬼丸という名は手塚治虫の漫画『どろろ』の主人公からとっており、のちに手塚治虫本人から使用許可を得た。その縁で手塚治虫のアニメ『村正』のキャラクターデザインを担当した。

他の記事も読んでみる

小松節子

経営者がお金の工面で走り回ることほど無益なことはありません。儲かった分をどんどんみんなに配分すれば一時的には喜ばれますが、配分するにも限度があります。会社継続のための内部留保はしっかり確保するという考え方でずっとやってきました。


千本倖生

なんの蓄積もなければ、たいした挑戦はできないし、結果だってたかがしれています。だから、入社10年くらいは将来を見据えて、仕事の知識や進め方といった基礎力を身につける期間だと考えればいいでしょう。僕自身、NTTで18年間かけて、通信のエキスパートとなるための基礎固めをじっくりやったからこそ、39歳で第二電電(のちのKDDI)設立という勝負に出られたのだと思います。


田村潤

ミスが出ないようにすることこそプロの責務。ミスの根底には大抵、お客のことを考えていないというプロとしてあるまじき姿勢がある。


ピーター・ドラッカー

学ぶという事は一生続く、変化に遅れないようについていくためのプロセスだという事実を、私たちは今では受け入れている。そして、最も緊急な課題は人々に学び方を教えることである。


本田宗一郎

人に迷惑をかけるような行為は若さの特権でも何でもない。これはバカ者だ。


鎌田富久

今の若い人たちは物欲があまり無いですよね。生まれた時から豊かですし、一人っ子だったり、兄弟が少なかったりして、両親が手厚く育ててくれます。そのため、かえって欲しいものが無いわけです。結果、お金を稼ぎたいというより、自分のやりたいことや志が大切になってきているかと思います。


高原慶一朗

「生理用品を手掛けるのは恥ずかしい」と言う社員に、「日陰者扱いされる風潮こそおかしい。そんな遅れた意識を払拭するためにも、いいものを作って、日本一になろうではないか」と説得しました。


塚本勲

どうすれば新しい需要をキャッチできるのか。その答えは、社員の挑戦を奨励し、失敗を許すこと、社員が手を挙げた新規事業に対しては、ノーと言わないことです。


松澤萬紀

上司と部下の関係でも、褒め言葉をどんどん活用するべきです。特別な言葉でなくても、「いつもありがとう」「よく頑張っているね」「助かるよ」などで相手を称える気持ちはしっかり伝わります。


峯島忠昭

21歳の頃、リアルタイムで『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んで、「株はバーゲンのときに買いなさい」と書いてあったので、9.11テロが起きて株安になったとき大量に株を買いました。元手にしたのは高校卒業後2年間ほど、食事付きの寮がある営業所で新聞配達員をして貯めた600万円です。そのとき買った株価がすべて上がったことが不動産投資に繋がっていきました。


大西洋

人材と現場力が財産。最大の課題は、社員とお取組先すべてが、おもてなしの質を高めていくこと。それはとりもなおさず「現場力」であり、その現場力をつくるのは「人材」。


植木義晴

プライドを持つことの大切さを自覚したのは、機長になってからです。私にとって機長は最終目標でしたから、それを達成した後は、「現状を維持するために最低限の努力をすればいい」と考えることもできたでしょう。でも私は、機長になってからも、さらなる高みを目指して最大限の努力を続けるべきだと考えた。それは機長としてのプライドがあったからだと思います。


ジェリー・ヤン

要は規模ではなくスピードです。私は次に何をやるのかで、いつも頭がいっぱいです。


佐藤芳直

コンサルティングをしていて一番うれしいのは、顧問先からの「おかげで代をつなぐことができます」という言葉です。また「世の中にないものができました」という喜びの声です。例えば、全国80ほどの洋菓子店で採用されている「ラボ」もそうです。これはお客様が自らバースデーケーキを作れる店内スペースのことです。直接お店の利益向上に貢献するものではありませんが、子どもが親へ、親が子どもへケーキを作ることで、そこには必ず思い出や感動が生まれる。それが生涯顧客の創出につながるのです。


平井一夫

テレビ事業は分社化によって高木(一郎・ソニービジュアルプロダクツ)社長に経営を任せています。任されたという意識、さらには自分たちの将来は自分たちで切り開くという意識がさらに高まった。それが黒字につながったと思います。黒字になっただけではなく、前期にはかなり大きな利益も出してくれたし商品も強くなってきた。分社化がそれを後押ししたと考えています。