名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

百鬼丸(切り絵師)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

百鬼丸(切り絵師)のプロフィール

百鬼丸、ひゃっきまる。日本の切り絵師。山梨県出身。東洋大学工学部建築学科卒業後、設計事務所勤務、モデル事務所マネージャー、陶芸家などを経て切り絵師になる。雑誌や小説の挿絵や表紙絵などを担当。主な受賞に新聞広告優秀賞、日本文芸クラブ大賞(美術部門)ほか。百鬼丸という名は手塚治虫の漫画『どろろ』の主人公からとっており、のちに手塚治虫本人から使用許可を得た。その縁で手塚治虫のアニメ『村正』のキャラクターデザインを担当した。

百鬼丸(切り絵師)の名言 一覧

ぼくは誰かに笑ってもらうのが大好きだし、お客さんに話をしながら切り絵をつくるライブも、みんなに喜んでもらいたいという考えの延長線上にあると思います。


切り絵をあしらった手拭いを、江戸の物売りの格好をして売り歩いています。どこかに卸してもいいのですが、街にこういう人間が現れたら、見ている人は楽しいだろうし、ぼくも手拭いが売れればうれしい。みんなが喜ぶことをしたい。


ぼくは、ごく初期を除いてオリジナルの切り絵をつくったことがありませんでした。しかし、オリジナルをつくってみると、やはり絵の持つパワーが全然違います。それを見た人が喜んでくれるのを見て、「自分のためにつくれば、誰もがいいなと思ってくれる作品ができるんだ」と分かりました。


ぼくの仲間の元編集者からは「百鬼丸さん、もう還暦を過ぎたんだから好きなことをやれよ」と言われました。この言葉は今でも耳に残っています。


何も見ずに下絵を描いていたのですが、プロになって1年ほどたったころ、アカデミックな絵の勉強をしないといけないと思い、画材屋が主催するデッサン教室に通うようになりました。そこで初めて実物を見て描いたところ、とても上手く描けたんです。そこから画風が、漫画からリアルなものに変わりましたね。


子どものころになりたかったのはスポーツ選手で、小学校で野球、中学からはテニスをやりました。大学では体育会の硬式テニス部に入って、すぐ上手くなって1年生でナンバーワン。2年でスランプに陥り、3年でまた上手くなりました。それは、どうしたら上手くなるかという技法やコツを考えるようになったからです。そして、そうした思考はその後の仕事にも生きています。


百鬼丸(切り絵師)の経歴・略歴

百鬼丸、ひゃっきまる。日本の切り絵師。山梨県出身。東洋大学工学部建築学科卒業後、設計事務所勤務、モデル事務所マネージャー、陶芸家などを経て切り絵師になる。雑誌や小説の挿絵や表紙絵などを担当。主な受賞に新聞広告優秀賞、日本文芸クラブ大賞(美術部門)ほか。百鬼丸という名は手塚治虫の漫画『どろろ』の主人公からとっており、のちに手塚治虫本人から使用許可を得た。その縁で手塚治虫のアニメ『村正』のキャラクターデザインを担当した。

他の記事も読んでみる

田中マルクス闘莉王

チームが勝つためには先輩も後輩も関係なく怒鳴りますよ。自分の考えをわかってもらうためですからね。大きな目標に達するには、いろんな壁を乗り越えなきゃいけない。そのためにはイヤなこともしなきゃいけないと思う。


栗原幹雄

外食産業では、雨の日は人手が少ないので、売上が落ちます。ですから、私が店長によく言うのは「天候を予測しろ」ということです。予測不可能と思うかもしれませんが、それでは駄目なんです。たとえば、翌日の降水確率が60%だとします。来店数が減りそうだと思ったらスタッフのシフトを変えて人件費を抑えればいいのです。数字に限らず、目標設定する場合には、根拠や前提条件を丁寧に検討することがまず基本です。


似鳥昭雄

人生において師を持つことは大切です。それも厳しければ厳しいほどいいのです。親父代わりとも呼ぶべき恐ろしい大師匠、渥美俊一先生の出会いがなかったら、現在のニトリはありません。
【覚書き|ニトリの創業期に渥美俊一氏からチェーンストア理論を厳しく指導されたことを振り返っての発言】


青野慶久

会社は社会の問題を解決するために存在するのですから、会社で働く人は社会のことを理解しておくべき。社会を知るには、家事や育児をしたり、地域のコミュニティやNPOに参加したりといった社外の活動が不可欠。


碓井稔

私が重視しているのは利益率。最低でも10%は必要です。利益率が低いから、日本の製造業は技術者に高い給料が払えない。


吉川稲美(吉川稻)

今の会社を起業するきっかけは、海外からの帰国子女や語学留学経験者の就職相談を受けていたことからです。当時、語学を学ぶため海外留学がブームでした。しかし、今と違い日本へ戻ると再就職が難しい時代だったのですですから、語学を勉強してきた方を活かしてあげられたらと思い34歳の時に吉香を設立しました。


太田和伸

税理士の勉強と経験は、経営にとってとても汎用性が高いので、どんな事業をするにもあったほうが良いスキルです。やりたいことがあったら、ぜひとも税理士にチャレンジしてほしいですね。


ニーチェ

我々の中で最も勇気ある者でも、自分は一体何を知っているかと問う勇気を持ち合わせている者はほとんどいない。


林野宏

かつて日本の会社はIQの高い人を新卒採用し組織で鍛えて従来のやり方を踏襲させていきました。日本全体が経済成長し市場のパイが膨らんでいく中ではそれでいいのですが、いまはパイが縮小する時代。少ないパイを同業他社と奪い合わなければならない。そんな椅子取りゲームを生き残るのに必要な能力はIQでもEQでもなく、ライバルを出し抜く知恵や戦略を描ける「BQ(ビジネス感度)」だと考えたんです。


中村俊輔

02年のW杯で日本代表に選ばれなかったとき、何がいけなかったのかを反省して、どうすればこの悔しい経験をバネにできるか考えてました。下を向く必要は全くない。ウジウジしてたら、その時間がもったいない。


前田晃伸

毎年の年賀状もすべて手書きです。宛名だけでなく中身の文章もです。裏も表も手書きとなると、800枚程度が限界なので、お世話になっている全員に出すわけにはいきません。それでも手書きにこだわるのは、受け取る側に手書きの気持ちや気概を感じてもらうことが、文章によるコミュニケーションの第一歩だと思うからです。


岩下尚史

どうして歌舞伎をはじめ伝統芸能を見るようになったのか、ですって? 何の理屈もありません。皆さんが思春期に女の子のおっぱいを触りたいと思ったのと同じことですよ。中村歌右衛門が見たくて歌舞伎に行き、水谷八重子が見たくて新派に、藤山寛美を見たくて松竹新喜劇を見ていた。いつも入口は、人でした。俳優や女優の芸や風貌に惹かれ、どうしても見たいものだけを、親や他人には知られないように見に行ったものでした。