名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

白澤卓二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

白澤卓二のプロフィール

白澤卓二、しらさわ・たくじ。日本の医師。神奈川県出身。順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授。専門は寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学、アスリートの遺伝子研究。著書に『100歳までボケない101の方法』『老いに克つ』『免疫力をアップする、塩麹のおかず』『100歳までボケない手指体操』『100歳までサビない生き方』『「砂糖」をやめれば10才若返る!』ほか。

白澤卓二の名言 一覧

ボケを起こさない一番の薬は今を幸せに感じる気持ちです。たとえばペットを飼うほうが長生きするという事例はたくさん見ています。愛情を注ぐ対象がいることは幸福感をもたらし、退屈感や孤独感を解消できるので、認知症の予防にも期待できます。


世の中の「当たり前」を疑い、その異常さを自覚して、自分の頭で考え、バランスを取っていくことが肝要。


筋トレはあまりお勧めしません。筋トレは一方向に筋肉を使う反復運動なので、偏った筋肉がつきがち。やはり、バランス良く身体を使うことが大切です。


単純なことですが、「歩く」ことは最良の健康法。


何より恐ろしいのは、糖質には中毒性があるということです。白砂糖や炭水化物を摂ると脳のA10神経系というところが刺激されます。すると、ドーパミンという物質が分泌されて、強い快感をもたらします。このメカニズムは、コカインなどのドラッグを服用したときとまったく同じです。糖質の摂取時とコカイン摂取時で脳の同じ回路が使われていると考えれば、その中毒性の恐ろしさがわかっていただけるのではないでしょうか。


仕事で疲れたときに、「甘いものを食べて脳にエネルギーを補給しよう」と考える人は多いと思います。しかし、甘いものが脳に良いというのは、大きな間違いです。確かに、ブドウ糖は脳のエネルギー源になります。しかし、一方で、糖質を過剰に摂取すると糖質依存に陥り、脳が徐々にむしばまれていくのです。


糖質中毒に陥らないためには、「少しだけなら大丈夫だろう」と考えず、糖質を断つことが必要です。そう言うと、「脳のエネルギー源であるブドウ糖を断ったら、それこそ脳が働かなくなってしまうのでは?」と疑問を持つ人もいるかもしれません。でも、心配はいりません。近年の研究で、ケトン体という物質が、脳のエネルギー源になることが明らかになっているからです。ケトン体とは、炭水化物などの糖質の摂取を制限したときに、体内で発生する物質です。米国の医学会は、すでに「ブドウ糖よりもケトン体のほうが脳にとって優れたエネルギー源である」という見解で統一されつつあります。


楽観的な人のほうがストレスは少なく、作り笑いでも笑顔でいたほうが、ボケないという研究報告があります。逆に、皮肉っぽく人生を捉える人は認知症の発生率が3倍というデータもあります。ただし、楽観的すぎる人は事故などに遭いやすいので、短命傾向にあるという研究もあるので、ご用心を。


電車通勤の方にお勧めなのが、あえて大きなターミナル駅を乗換駅にすること。歩く距離が自然に増えることに加え、階段を利用することで、階段の上り下りをエクササイズにできるのです。階段の上り下りは、平地を歩くのに比べて、下半身の筋肉と骨におよそ3倍の負荷がかかります。このように少し負荷のかかる階段エクササイズを、日常生活に効果的に取り入れるといいでしょう。


元気に長生きしている人の部屋が散らかっているのは見たことがない。長生きの人は毎日、規則正しく同じことを繰り返している人がほとんどです。毎日同じ時間に起き、布団を畳んで押し入れにしまい、毎朝同じように味噌汁を作り、部屋を掃除し、お茶の時間に緑茶を飲む。やることが決まっているから、ゴミ屋敷になることもない。体もそれに合わせて動かすので運動にもなる。不確定なこと、予測できないことはストレスです。毎日同じことをきちんとして、気持ちよく過ごす生活習慣があればボケにくい。


白澤卓二の経歴・略歴

白澤卓二、しらさわ・たくじ。日本の医師。神奈川県出身。順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授。専門は寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学、アスリートの遺伝子研究。著書に『100歳までボケない101の方法』『老いに克つ』『免疫力をアップする、塩麹のおかず』『100歳までボケない手指体操』『100歳までサビない生き方』『「砂糖」をやめれば10才若返る!』ほか。

他の記事も読んでみる

伊達美和子

旅行には必ず目的があります。地球儀の中から、世界の観光都市の中から選ばれるためには、際立ったものがなければなりません。コンテンツを掘り起こし、海外に発信し、受け皿を作るサイクルが重要。


野村克也

誰かが自分を支え、自分も誰かを支えているのは変わらない。いつの時代も、ここがわかっている組織、個人は強い。


美輪明宏

高いところへ登った人ほど、落ちたときには大怪我か即死です。低いところにしか登れなかった人は落ちてもせいぜい軽いかすり傷か怪我くらいですむのです。


山海嘉之

これまで「追いつき追い越せ型」の人材が日本を発展させてきました。アンテナを張って、世界の動きをぱっと掴んで、フォローアップしていく。学習能力の高い人ほど優秀だとされてきた。しかし、こういう人では、トップに近付くことはできますが、トップを走ることはできません。


永守重信

中央モーター基礎技術研究所の開設を計画したときに知り合いの大企業経営者21人に「御社の中央研究所をどう思っているか」と聞いて回りました。すると、18人もの経営者が「カネばかり使って効果がない」「研究者は好きなことばかりやっている」と嘆くのです。でも、よく話を聞いているうちに気がつきました。中央研究所も「経営」しなければいけないのだと。研究所の成果が上がらないという企業は、研究者を学歴だけで採用して、大まかな担当だけ決めてあとは放任しているのではないでしょうか。それでは駄目です。


安部修仁

目先の刹那的な評価を優先するより、今我慢しておけば将来振り返った時に従業員の自負とか誇りになる決断だってある。一時的に社会的な批判を受けたとしても、世間様もいつかは理解してくれる時が来る。そのような判断を下すことが継承者の役割なんですよ。


ジェリー・ドリザス

これは私自身が営業マンのトレーニングに関わってきた中で思うことなのですが、やはり欧米のビジネスマンはエゴが強いと思います。非常にエモーショナルであるため、自分がやっていることを客観的に見られない場合があるように思います。一方、日本のビジネスマンは非常に知的であり、客観的にものごとを見ることができます。知識も大変多く持っているし、読書も良くします。しかし、欧米人に比べると、自信というか、自分を信じるパワーというのでしょうか、そうした部分でやや弱いように思うことがあります。


金井誠太

少しずついろいろな人に頑張らせる。小さな努力も、積み上げたら大きな結果になる。イノベーションと呼ばれる大革新だって、こういうイモムシの歩みのような、小さな改善の積み重ねで達成できる。


築山節

自分がこれまでどのような仕事をしてきて、何が得意かを振り返りましょう。比較的好きな業務や、人に頼られることなどがきっとあるはずです。そうした物事を、文書やデータに「まとめる」ことがまずはお勧め。自分の得意分野や専門分野を、平易に説明できるようにしておくのです。難しいことを易しく説明するのはなかなか難しいものです。その試行錯誤を繰り返す過程で自分自身の中でも理解が深まり、より精緻な記憶として定着させることができます。


岡庭豊

医学生時代に、医師国家試験に合格するためにこんな参考書があればいいなという思いから作り始め、現在もユーザーの視点で作っているので、多くの読者の支持を得られているのだと思っています。経営者となった今でも、私自身が企画の段階から目を通し、現場の編集者にはもっとこうしたらわかりやすくなるんじゃないかとアドバイスしています。
【覚書き|メディックメディアのベストセラーのイヤーノートについて語った言葉】


西川徹(経営者)

大学での技術研究と、産業界の間にある深い溝にジレンマを感じたんです。大学は論文を書くことが主な目的になっていて、せっかくいい技術があってもなかなか製品化されない現状がありました。一方、グーグルに代表されるように、ITの分野では新しい研究がすぐに実用化されていく流れがある。それを見ていて、僕らもアカデミックで生まれた最新の技術を製品にしてすぐ届けられる組織をつくりたいなと。
【覚え書き|起業のきっかけについて】


西村元延(経営者)

インドネシア法人は、世界のマンダムグループの拠点の中で、独自の進化を遂げました。整髪料を小分けにして割安に販売する方法も、日本から遠隔管理していては、思い付くわけがない。現地市場へどっぷり入り込んで商品開発をしたからです。