名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

白潟敏朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

白潟敏朗のプロフィール

白潟敏朗、しらがた・としろう。日本の経営者、コンサルタント。トーマツ・イノベーション社長。神奈川出身。埼玉大学経済学部経営学科卒業後、監査法人のトーマツグループに入社。同社で300社を超える企業に対しコンサルティングを行う。主なコンサルティング分野は売上増加、コストダウン、組織活性化、経営管理など。主な著書に『上司のすごいしかけ』『売上アップのすごいしかけ』『デキる上司』『上司はひと言』『仕事の「5力」』『やる気を引き出すシンプルなしかけ』『できる上司は「なんで?」を言わない』『たった一つのシンプルな仕掛けで、会社が変わる!』ほか。

白潟敏朗の名言 一覧

お客さんは、売り手が気づかない意外なところを評価することもある。


お客さんに「どなたか紹介してください」と頼むことも忘れずに。人は本当に良い商品なら人に勧めたくなるものですからね。


業界のカタいアタマじゃなく、お客様の視点からの発想があれば、支持されるチャーミングポイントをアピールできる。


褒めるときは言葉も大切ですが、心から褒めているという思いが相手に伝わることが必須です。


叱ると怒るは違います。感情的になって怒鳴れば、部下は悲観的や反抗的になってしまいます。


部下の言葉に対しては、話を遮らず、最後まで聞いて否定しないことが基本です。誰でも否定されれば心が折れてしまいます。否定は最も部下からの信頼と敬意を失う言葉です。


「人は言葉に反応する」と言われています。ですから上司は、日ごろ使う言葉にこだわってみましょう。上司の口癖は、マネジメントにおいて重要な役割を果たします。


部下のモチベーションを上げるには、「この仕事、やってみたい」と思わせることも大事なポイントです。「やりたい仕事」は興味を持って取り組むので、どんどん面白くなります。生産性も上がります。


いまの20代は、成果主義と雇用マーケットの厳しさの影響から、とても短期思考で、すぐに成果が出ないと途中でやる気が落ちてしまう傾向にあります。


「バカヤロー!」などと、怒鳴ることが習慣になっている上司は、怒ったままでもいいですから、「ちょっと座れ」「ちょっと来い」という言葉を意識的に使ってみてください。医学的に「6秒たてば冷静になれる」ことが証明されています。この2つの言葉を発すると、部下は椅子に座ったり、あなたのところへ歩み寄ったりするでしょう。そのことで、部下と話をするまでに6秒の時間を確保すれば怒らず、叱ることができます。


褒めることが苦手な人は「ありがとう」と、感謝することから始めてもよいでしょう。シャイで「ありがとう」が言いにくいなら、メールや付箋、カードや手紙を使う方法でも構いません。次第に「ありがとう」が習慣になってくるはずです。そうしたら、「いつも」をプラスして「いつも、ありがとう」と言ってみてください。部下は「常に自分のことを見てくれている」と感じ、より一層「次も頑張ろう」と思うでしょう。


「この仕事は、私にとって何のメリットがあるんですか?」と部下に詰め寄られて、ムッとした経験を持つ上司もいるのではないでしょうか?このような部下のやる気をアップさせるには、仕事の面白さを実感させるのが非常に有効です。


最近部下をどのように褒めてよいかわからない上司も多いようです。たしかに、部下の心に最も響く褒め言葉を選択するのは難しいものです。褒め言葉に悩んだときには、いろいろな言葉をかけてみて、部下が最も喜んだ言葉を手帳にメモしておくことをお勧めします。


部下が間違った発言をしたときには、「その心は?」という言葉を使ってみてください。「その心は?」と聞かれた部下は、自分の考えを話すでしょう。なぜその結論になったのかという過程がわかれば、部下もいろいろと考えたうえでの言葉だったとわかります。部下も、その経緯を話すことで、間違っている部分に気づくきっかけになるでしょう。


部下が間違ったときは、私が推奨している言葉が「○○さん、それはブーだよ」です。「ブー」から多くの人は「クイズ番組で不正解のときに鳴る音」を連想するのではないでしょうか?そこには否定されても「新しい、明るい」といった要素があります。「違う」と言うのとではダメージの大きさがまったく違うでしょう。


あなたのひと言で部下のやる気がアップすれば、上司として喜ばしいはず。また、やる気がアップして結果を出した部下は、上司に感謝するでしょう。すると、部下も上司もハッピーになります。


提案したいのが「仕事って面白いぞ飲み会」を開くことです。失敗談でも自慢話でもいいので、自分の経験から「仕事は面白い」という情報を与えることで、部下の視野が広がり「もう少し頑張ろう」という意欲を引き出せるでしょう。


「売れない」悩みを解消するなら、まず社内に「コキャスタ」を流行らせることから始めましょう。コキャスタとは「顧客からスタートする」の略語です。


300社の売上げを伸ばした売れる仕掛け3点セット。

  1. 自社の商品に対するお客さんの再びの声を集める。
  2. 自社の商品を選んだ理由を聞く。
  3. 他のお客さんの紹介を頼む。

これを実践すると、自社の商品のチャーミングポイント(ウリ)がハッキリわかる。既存のお客さんとのパイプが強くなり、新規顧客も増える。


白潟敏朗の経歴・略歴

白潟敏朗、しらがた・としろう。日本の経営者、コンサルタント。トーマツ・イノベーション社長。神奈川出身。埼玉大学経済学部経営学科卒業後、監査法人のトーマツグループに入社。同社で300社を超える企業に対しコンサルティングを行う。主なコンサルティング分野は売上増加、コストダウン、組織活性化、経営管理など。主な著書に『上司のすごいしかけ』『売上アップのすごいしかけ』『デキる上司』『上司はひと言』『仕事の「5力」』『やる気を引き出すシンプルなしかけ』『できる上司は「なんで?」を言わない』『たった一つのシンプルな仕掛けで、会社が変わる!』ほか。

他の記事も読んでみる

石井一久

僕は大した選手ではなかったけれど、日米で22年間続けられたのは、「チームの中で必要とされる存在になろう」と心がけてきたからだと思う。


水野幸男

現在コンピュータのOSは米国に席巻されており、日本はこれに全面的に追随しているのが現状です。新しいOS開発は、リスクが高い事業です。経営陣が二の足を踏む気持ちもわからないではありません。しかし、新しいことにチャレンジしなければ、日本は永遠に米国の追随者で終わってしまうでしょう。いまこそ、日本は総力を挙げて、新しいOS開発に取り組むべきではないでしょうか。
【覚書き|2002年末の発言】


尾賀真城

最初から大きな成績を収めようと考えるよりは、凡事徹底、きちんと1つずつ積み重ねていくことが大事。足腰が強いことが大事。


イビチャ・オシム

追いつこうと思うから離されるのだ。


小泉純一郎

たまに、明治時代のような激動の時代に言及して、あの時代はよかったね、などと言う人がいますが、私はそうは思いません。確かに、明治時代は、指導者のなかには立派な人がたくさんいたし、そういう点では魅力的な時代かもしれません。でも、実際に明治時代に生きていた国民は大変な辛苦を強いられたと思います。栄養状態がひどく、国民の多くは生活が困窮していました。何よりも、明治という時代は戦争の連続だったのです。


青木定雄(兪奉植)

いま、日本人の間から、かつての質素や勤勉、自立心といった美徳が失われかけている気がしてなりません。不況から抜け出せないのは政治や行政、金融機関が悪いからだというのは簡単です。しかし、資本主義の下で、日本が元気になるにはそれぞれの企業が良いモノやサービスを生み出して競争に勝つしかありません。そのためには苦しみ抜くしかないんです。「苦労は買ってでもしろ」。そんな精神をもう一度、取り戻してもらいたいと私は切に思います。


細田治(経営者)

自分の代だけ良ければいい。そんなやり方で、ずっとおいしいと言っていただけるものは作れません。


村岡恵理

迷いがあるからこそ、成長もあるわけですが、やりとげたい夢や目標があるなら、どうでもよいことには翻弄されないように心がけたい。


田中角栄

議員というものは、努力、勉強すれば、大臣、幹事長まではなれる。しかし、総理総裁となるとそういうわけにはいかない。それは運による。


塙昭彦

本当のチームワークとは、自らに課された責任分担を確実に果たすことであり、組織にとってはそれがすべてです。


平井一夫

まず固定費を下げる、それから売上を伸ばすために商品力を強化する。基本的にやらなくてはならないのはこれだけです。


北尾吉孝

あれが駄目、これが駄目だというのは簡単ですが、それでは成長の芽を摘んでしまう可能性がある。