名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

白潟敏朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

白潟敏朗のプロフィール

白潟敏朗、しらがた・としろう。日本の経営者、コンサルタント。トーマツ・イノベーション社長。神奈川出身。埼玉大学経済学部経営学科卒業後、監査法人のトーマツグループに入社。同社で300社を超える企業に対しコンサルティングを行う。主なコンサルティング分野は売上増加、コストダウン、組織活性化、経営管理など。主な著書に『上司のすごいしかけ』『売上アップのすごいしかけ』『デキる上司』『上司はひと言』『仕事の「5力」』『やる気を引き出すシンプルなしかけ』『できる上司は「なんで?」を言わない』『たった一つのシンプルな仕掛けで、会社が変わる!』ほか。

白潟敏朗の名言 一覧

お客さんは、売り手が気づかない意外なところを評価することもある。


お客さんに「どなたか紹介してください」と頼むことも忘れずに。人は本当に良い商品なら人に勧めたくなるものですからね。


業界のカタいアタマじゃなく、お客様の視点からの発想があれば、支持されるチャーミングポイントをアピールできる。


褒めるときは言葉も大切ですが、心から褒めているという思いが相手に伝わることが必須です。


叱ると怒るは違います。感情的になって怒鳴れば、部下は悲観的や反抗的になってしまいます。


部下の言葉に対しては、話を遮らず、最後まで聞いて否定しないことが基本です。誰でも否定されれば心が折れてしまいます。否定は最も部下からの信頼と敬意を失う言葉です。


「人は言葉に反応する」と言われています。ですから上司は、日ごろ使う言葉にこだわってみましょう。上司の口癖は、マネジメントにおいて重要な役割を果たします。


部下のモチベーションを上げるには、「この仕事、やってみたい」と思わせることも大事なポイントです。「やりたい仕事」は興味を持って取り組むので、どんどん面白くなります。生産性も上がります。


いまの20代は、成果主義と雇用マーケットの厳しさの影響から、とても短期思考で、すぐに成果が出ないと途中でやる気が落ちてしまう傾向にあります。


「バカヤロー!」などと、怒鳴ることが習慣になっている上司は、怒ったままでもいいですから、「ちょっと座れ」「ちょっと来い」という言葉を意識的に使ってみてください。医学的に「6秒たてば冷静になれる」ことが証明されています。この2つの言葉を発すると、部下は椅子に座ったり、あなたのところへ歩み寄ったりするでしょう。そのことで、部下と話をするまでに6秒の時間を確保すれば怒らず、叱ることができます。


褒めることが苦手な人は「ありがとう」と、感謝することから始めてもよいでしょう。シャイで「ありがとう」が言いにくいなら、メールや付箋、カードや手紙を使う方法でも構いません。次第に「ありがとう」が習慣になってくるはずです。そうしたら、「いつも」をプラスして「いつも、ありがとう」と言ってみてください。部下は「常に自分のことを見てくれている」と感じ、より一層「次も頑張ろう」と思うでしょう。


「この仕事は、私にとって何のメリットがあるんですか?」と部下に詰め寄られて、ムッとした経験を持つ上司もいるのではないでしょうか?このような部下のやる気をアップさせるには、仕事の面白さを実感させるのが非常に有効です。


最近部下をどのように褒めてよいかわからない上司も多いようです。たしかに、部下の心に最も響く褒め言葉を選択するのは難しいものです。褒め言葉に悩んだときには、いろいろな言葉をかけてみて、部下が最も喜んだ言葉を手帳にメモしておくことをお勧めします。


部下が間違った発言をしたときには、「その心は?」という言葉を使ってみてください。「その心は?」と聞かれた部下は、自分の考えを話すでしょう。なぜその結論になったのかという過程がわかれば、部下もいろいろと考えたうえでの言葉だったとわかります。部下も、その経緯を話すことで、間違っている部分に気づくきっかけになるでしょう。


部下が間違ったときは、私が推奨している言葉が「○○さん、それはブーだよ」です。「ブー」から多くの人は「クイズ番組で不正解のときに鳴る音」を連想するのではないでしょうか?そこには否定されても「新しい、明るい」といった要素があります。「違う」と言うのとではダメージの大きさがまったく違うでしょう。


あなたのひと言で部下のやる気がアップすれば、上司として喜ばしいはず。また、やる気がアップして結果を出した部下は、上司に感謝するでしょう。すると、部下も上司もハッピーになります。


提案したいのが「仕事って面白いぞ飲み会」を開くことです。失敗談でも自慢話でもいいので、自分の経験から「仕事は面白い」という情報を与えることで、部下の視野が広がり「もう少し頑張ろう」という意欲を引き出せるでしょう。


「売れない」悩みを解消するなら、まず社内に「コキャスタ」を流行らせることから始めましょう。コキャスタとは「顧客からスタートする」の略語です。


300社の売上げを伸ばした売れる仕掛け3点セット。

  1. 自社の商品に対するお客さんの再びの声を集める。
  2. 自社の商品を選んだ理由を聞く。
  3. 他のお客さんの紹介を頼む。

これを実践すると、自社の商品のチャーミングポイント(ウリ)がハッキリわかる。既存のお客さんとのパイプが強くなり、新規顧客も増える。


白潟敏朗の経歴・略歴

白潟敏朗、しらがた・としろう。日本の経営者、コンサルタント。トーマツ・イノベーション社長。神奈川出身。埼玉大学経済学部経営学科卒業後、監査法人のトーマツグループに入社。同社で300社を超える企業に対しコンサルティングを行う。主なコンサルティング分野は売上増加、コストダウン、組織活性化、経営管理など。主な著書に『上司のすごいしかけ』『売上アップのすごいしかけ』『デキる上司』『上司はひと言』『仕事の「5力」』『やる気を引き出すシンプルなしかけ』『できる上司は「なんで?」を言わない』『たった一つのシンプルな仕掛けで、会社が変わる!』ほか。

他の記事も読んでみる

大澤孝征

私は同じ人間として、常に「相手を知りたい」という興味を持っています。だから時には、被疑者に教えを請うこともある。相手が泥棒や詐欺師でも、犯罪の手法やその世界のしきたりについて、「何それ? どういうことか教えて」と聞くわけです。相手にしてみれば、まさか犯罪のやり方について目を輝かせながら聞いてくれる検事がいるとは思っていませんから、嬉しくなってペラペラしゃべっちゃう(笑)。でも、私は別に演技しているわけではありません。検事として犯罪の情報や知識を得ることは必要ですから、本当に興味津々で聞いているだけ。被疑者も自分を守ろうと必死ですから、こちらが興味あるフリをしても見抜かれて、相手は心を閉ざしてしまいます。常に「相手のことを知りたい」という本気の好奇心を持つことが、相手の本音を引き出すための何よりのテクニックなのです。


ムーギー・キム(金武貴)

応援というと一見、利他的に思えるが、よくよく見ると、「応援しているいい人である自分」という心理的充足や、「応援した結果、感謝されて認知された」という心理的充足など、結局は、自分自身のために行っているという面も多少はあったりする。それゆえに、自分の利他性の認知につながる仕組みがあるかどうかが、応援を加速させる上で重要な要素となってくる。応援してくれる人に「大っぴらに感謝する」というのも、応援されたい人にとって不可欠な習慣だと言えるだろう。


大西洋

私は「お金を使ってもいいし、失敗してもいいから新しいことをやってくれ」と常々言っているのですが、それでもなかなか手を挙げる人がいないのが現状です。そこで、経営戦略本部の中にマーケット開発室という部署を作りました。きちんと予算もつけるから、とにかく新しいことをやってくれと。


新田信行

メガバンクや地方銀行は株式会社である以上、負うことのできる公共性や社会性に限度があります。逆に僕らは非営利法人だからこそ、組合員が地域のためにいいと思うあらゆることをお手伝いできます。


泉谷直木

実行して恥をかいたり、冷や汗をかいたりする経験が必要。頭で勉強して、体で覚えることが大切。


斎藤敏一

よく、「仕事がつまらない」と不満を言う人がいます。残念ながら、そのような人は、仕事を面白く動かす行動力がないように見えます。仕事はただ漫然と行なうのではなく、自分で工夫しながら行なうものです。ときに周囲の人や状況を利用し、自分に合う方法を模索するべきです。言われたことだけやるのではなく、自分から楽しみを見出すべきです。私は仕事をしながら、もっと面白い仕事を見つけ出したのですから。


鑄方貞了(鋳方貞了)

リーダーシップが発揮されるには、「この人の言うことなら間違いない」「この人についていこう」と部下に思わせるようでなければなりません。それには、幅広い見識と仕事の力量が必要になります。


山石昌孝

世界のタイヤ市場は年率3~4%で拡大しています。しかし同時に中国メーカーなどの新規参入も盛んで、低価格を武器にシェアを広げています。新興国以外でも資金力のある大手は直営のタイヤ専門店などの販売網を整備して攻勢をかけています。国内3位、世界で8位の当社が、同じ戦い方をしても消耗戦に陥るだけです。次の100年に勝ち残るには、徹底的に「技術」を磨き、価格競争力や資金力ではなく、「技術力」で勝負することが不可欠です。


植木理恵

個性豊かに人員配置された組織では、メンタル疾患が少なくなる。性格において多様性を重視することは生産性を上げることになる。


都築明寿香

両親からは「教育と経営は両輪であって、母体となる経営がしっかりしていないと、教育という花は開かない」と常々言われていました。ボランティアで私学経営はできません。教育理念にしても、しっかり経営ができてこそ実現できるのです。


茂木健一郎

小学生の頃、早くできた人から先生に提出する計算問題のテストがありました。1番に済ませようと必死に問題を解いた結果、高い持続力を生み出す原動力になりました。


田口佳史

江戸期は、『四書五経』を人間教育の基本としていました。その結果、未曾有の国難である幕末時代に、あれだけ多士済々のリーダーを輩出できたのは、『四書五経』に基づいた教育があったからです。教育を見つめ直す時に、外国の例を持ち出すのではなく、ほんの150年ほど前に大成功した教育システムがあったではありませんか。それをベースにして現代に応用していくことを考えるべきではないか。