白潟敏朗の名言

白潟敏朗のプロフィール

白潟敏朗、しらがた・としろう。日本の経営者、コンサルタント。トーマツ・イノベーション社長。神奈川出身。埼玉大学経済学部経営学科卒業後、監査法人のトーマツグループに入社。同社で300社を超える企業に対しコンサルティングを行う。主なコンサルティング分野は売上増加、コストダウン、組織活性化、経営管理など。主な著書に『上司のすごいしかけ』『売上アップのすごいしかけ』『デキる上司』『上司はひと言』『仕事の「5力」』『やる気を引き出すシンプルなしかけ』『できる上司は「なんで?」を言わない』『たった一つのシンプルな仕掛けで、会社が変わる!』ほか。

白潟敏朗の名言 一覧

お客さんは、売り手が気づかない意外なところを評価することもある。


お客さんに「どなたか紹介してください」と頼むことも忘れずに。人は本当に良い商品なら人に勧めたくなるものですからね。


業界のカタいアタマじゃなく、お客様の視点からの発想があれば、支持されるチャーミングポイントをアピールできる。


褒めるときは言葉も大切ですが、心から褒めているという思いが相手に伝わることが必須です。


叱ると怒るは違います。感情的になって怒鳴れば、部下は悲観的や反抗的になってしまいます。


部下の言葉に対しては、話を遮らず、最後まで聞いて否定しないことが基本です。誰でも否定されれば心が折れてしまいます。否定は最も部下からの信頼と敬意を失う言葉です。


「人は言葉に反応する」と言われています。ですから上司は、日ごろ使う言葉にこだわってみましょう。上司の口癖は、マネジメントにおいて重要な役割を果たします。


部下のモチベーションを上げるには、「この仕事、やってみたい」と思わせることも大事なポイントです。「やりたい仕事」は興味を持って取り組むので、どんどん面白くなります。生産性も上がります。


いまの20代は、成果主義と雇用マーケットの厳しさの影響から、とても短期思考で、すぐに成果が出ないと途中でやる気が落ちてしまう傾向にあります。


「バカヤロー!」などと、怒鳴ることが習慣になっている上司は、怒ったままでもいいですから、「ちょっと座れ」「ちょっと来い」という言葉を意識的に使ってみてください。医学的に「6秒たてば冷静になれる」ことが証明されています。この2つの言葉を発すると、部下は椅子に座ったり、あなたのところへ歩み寄ったりするでしょう。そのことで、部下と話をするまでに6秒の時間を確保すれば怒らず、叱ることができます。


褒めることが苦手な人は「ありがとう」と、感謝することから始めてもよいでしょう。シャイで「ありがとう」が言いにくいなら、メールや付箋、カードや手紙を使う方法でも構いません。次第に「ありがとう」が習慣になってくるはずです。そうしたら、「いつも」をプラスして「いつも、ありがとう」と言ってみてください。部下は「常に自分のことを見てくれている」と感じ、より一層「次も頑張ろう」と思うでしょう。


「この仕事は、私にとって何のメリットがあるんですか?」と部下に詰め寄られて、ムッとした経験を持つ上司もいるのではないでしょうか?このような部下のやる気をアップさせるには、仕事の面白さを実感させるのが非常に有効です。


最近部下をどのように褒めてよいかわからない上司も多いようです。たしかに、部下の心に最も響く褒め言葉を選択するのは難しいものです。褒め言葉に悩んだときには、いろいろな言葉をかけてみて、部下が最も喜んだ言葉を手帳にメモしておくことをお勧めします。


部下が間違った発言をしたときには、「その心は?」という言葉を使ってみてください。「その心は?」と聞かれた部下は、自分の考えを話すでしょう。なぜその結論になったのかという過程がわかれば、部下もいろいろと考えたうえでの言葉だったとわかります。部下も、その経緯を話すことで、間違っている部分に気づくきっかけになるでしょう。


部下が間違ったときは、私が推奨している言葉が「○○さん、それはブーだよ」です。「ブー」から多くの人は「クイズ番組で不正解のときに鳴る音」を連想するのではないでしょうか?そこには否定されても「新しい、明るい」といった要素があります。「違う」と言うのとではダメージの大きさがまったく違うでしょう。


あなたのひと言で部下のやる気がアップすれば、上司として喜ばしいはず。また、やる気がアップして結果を出した部下は、上司に感謝するでしょう。すると、部下も上司もハッピーになります。


提案したいのが「仕事って面白いぞ飲み会」を開くことです。失敗談でも自慢話でもいいので、自分の経験から「仕事は面白い」という情報を与えることで、部下の視野が広がり「もう少し頑張ろう」という意欲を引き出せるでしょう。


「売れない」悩みを解消するなら、まず社内に「コキャスタ」を流行らせることから始めましょう。コキャスタとは「顧客からスタートする」の略語です。


300社の売上げを伸ばした売れる仕掛け3点セット。

  1. 自社の商品に対するお客さんの再びの声を集める。
  2. 自社の商品を選んだ理由を聞く。
  3. 他のお客さんの紹介を頼む。

これを実践すると、自社の商品のチャーミングポイント(ウリ)がハッキリわかる。既存のお客さんとのパイプが強くなり、新規顧客も増える。


白潟敏朗の経歴・略歴

白潟敏朗、しらがた・としろう。日本の経営者、コンサルタント。トーマツ・イノベーション社長。神奈川出身。埼玉大学経済学部経営学科卒業後、監査法人のトーマツグループに入社。同社で300社を超える企業に対しコンサルティングを行う。主なコンサルティング分野は売上増加、コストダウン、組織活性化、経営管理など。主な著書に『上司のすごいしかけ』『売上アップのすごいしかけ』『デキる上司』『上司はひと言』『仕事の「5力」』『やる気を引き出すシンプルなしかけ』『できる上司は「なんで?」を言わない』『たった一つのシンプルな仕掛けで、会社が変わる!』ほか。

他の記事も読んでみる

佐藤義雄

昔は講習を受けさせてすぐに現場に出し、現場で仕事を覚えさせるというやり方をとっていましたが、離職する人が多かった。これでは既契約者を守ることはできないし、きっちりしたアフターサービスもできません。そこで、四半期採用に切り替え、みっちり三か月間教育したうえで現場に出すように変えたのです。現場の管理職からは、営業職員を三か月も現場に出さないのでは戦力ダウンだという反対意見が多かったのですが、あえてそこに踏み込みました。本格的に手ごたえが出てくるのはこれからだと思いますが、少なくとも定着率は飛躍的に向上しています。


岡本太郎

今日の社会では進歩だとか福祉だとかいって、誰もがその状況に甘んじてしまっている。システムの中で、安全に生活することばかり考え、危険に本当に体当たりして生きがいを貫こうとすることは稀である。自分を大事にしようとするから、逆に生きがいを失ってしまうのだ。


御木徳近

私が大物なれというのは、立身出世をせよというのではない。金儲けをせよというのではない。人生を爽快に、有意義に生き抜くには、豊かな人間力を身につける必要があるので、その意味で、すべからく人は大物になれというのである。


イチロー(鈴木一朗)

家の中の空間がどれくらい気持ちよいかというのは、グラウンドに反映されるんです。


ヴィットーリオ・アルフィエーリ

人間誰しも過ちを犯すものだが、犯罪に対して感じられる悔恨は、悪人と有徳者を区別する。


樋口武男

自分たちの親、両親を大事にしないで大成した人間はいない。それは企業でも一緒。企業の親は創業者。ゼロから企業を興し、苦労を重ねて今日の礎を築いた創業者を軽んじ、ちょっと業績を伸ばして天狗になり、俺が俺がという人間が出てきた途端、会社はおかしくなっていく。


鎌田和彦

ビジョンは理念は、仕事にとって大切な要素ですが、四六時中呪文のように頭の中で唱えていたら、肝心の仕事が疎かになってしまいます。だから普段はむしろ忘れていた方がいいんです。定期的に読み返して、現在の立ち位置を確認すればいいのです。


益本康男

いまの時代は、じっくり時間をかけて人材を育成するより、優秀な人材をいかに短期間で集められるかで勝敗が決まります。いま、弊社の人材のパワーを100とすれば、グローバル展開で100を目いっぱい使っている状態です。120の手持ちがあり、100を使っている状態ではありません。120にするには時間かない。だから、足りない20を買ってくるのです。


夢枕獏

なんとなく字を書いていたら一冊になりましたということはない。本を書こうと思い、言葉を埋めていった人だけが完結させることができる。


小泉光臣

弊社はベルギーのグリソンという会社を買収しました。これは、グリソンが持っている手巻きたばこ、つまりあらかじめ巻かれたシガレットタイプではなく、自分の手で巻く、値頃感のある商材を手に入れることが目的です。これによって景気が悪い時のダウントレーディング(顧客が下の価格帯商品に移る現象)の受け皿として、ポーフォリオの拡充ができました。


宮本彰

必要ないと言う人が10人中9人いても、1人が欲しいと言えば何の問題もない。


小坂敬

単一民族単一国家のわたしたち日本人からすると不思議に思えますが、米国人はルーツにこだわるというよりも、その場その場で対処する傾向があると思います。人間関係においても同様で、新しい環境でも、すぐに居場所を確保する感じです。ルーツというよりも、共有できるものがあるかどうか、人として合うかどうかを判断するので、一番大事なのは価値観なのだと思います。


中井戸信英

SCSKの会長兼CEO時代、残業半減などの働き方改革に取り組んだ。その際、残業をしてもしなくても残業代を払うことにした。労働時間は減るが、人件費は変わらない。一時的に利益が減ることを覚悟した。だが結果は、残業代を払い続けても利益は増えた。従業員の意識が高まり、残業をカバーするくらい生産性が上がったからだ。社員にとっても時間当たりでみれば賃上げできたことになる。


亀山郁夫

40代から教養力を高めるにはどうするか。私は「気にかけていながら遠ざけてきたもの」に挑む小さな冒険をお勧めします。「気にかけながら遠ざけてきたもの」への取り組みは、何でも構わないと思います。これまで聞いたことのないジャンルの音楽を聴く、見たいと思いながら見逃してきた名作映画を見る、憧れの楽器を手にする、自分史を書いてみる、等々です。


桜井章一

知識やデータよりも自分の感性を信じること。感性が研ぎ澄まされるのが、気分の良い時なんだ。「何かイヤだな」「おかしいな」と違和感を覚えたら、その場を離れて、気分の良い方向へ行くといい。実際、私はそうやって災難を免れたことが何度もある。


ページの先頭へ