名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

白井一幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

白井一幸のプロフィール

白井一幸、しらい・かずゆき。日本のプロ野球選手(二塁手)、指導者。駒澤大学卒業後、ドラフト1位で日本ハムファイターズに入団。引退後、野球解説者、日本ハムファイターズ球団職員、二軍総合コーチ・監督、一軍ヘッドコーチ・監督代行などを務めた。

白井一幸の名言 一覧

努力を怠る人に幸運は訪れない。全力で取り組むからこそ個人の能力もチームワークも高まるし、運もやってくる。


厳しい言葉で「なぜなのか」を説明してあげるほうが、怒鳴るよりよほど選手には伝わりますし、たいていの選手は全力を尽くすようになります。


プロ野球の指導者の仕事は選手の成功をサポートすることです。選手の成長にフォーカスし、それが相手に必要であると思えば、自分がどう思われようが伝え続けなければなりません。


プロは高い技術や能力を見せるのが仕事だと思っている人が多いのですが、それだけでは十分ではありません。それに加えて、持てるものをすべて出し切るのが真のプロフェッショナルであり、プロは、勝っても負けてもファンの皆さんに感動を持って帰ってもらわなければならないのです。


チームとして満足な結果が残せないのは、選手ではなく指導者の責任。


古いものを壊して新しいものをつくり上げる時には、批判はあって当然。批判を怖がっていては何もできないし、我々にとっては何もしないことがそれまでの失敗だった。


長期にわたる仕事では、情報の共有化が欠かせない。


北海道日本ハムファイターズでは、選手の自主性を重んじる一方で、「意識すればできることをやらない選手」には厳しく指導します。すべての選手に求められるのが、「どんな時でも最後まで諦めずに全力で戦う」ことであり、それがチームにおける不変のビジョンでもあります。


チーム全員が思いを一つにし、それをパワーに変えて成功を勝ち取り、喜びを分かち合うのがチームスポーツの魅力です。それはビジネスにもあてはまると思いますし、責任を背負うことが力にもなります。さらに、チームや集団のために努力することは「個」の成長にもつながるのです。


私は、「あの人はしつこくて大嫌いだったけど、引退して指導者になったら、あの人の言っていたことがわかった」「当時は誤解していたけど、今は本当に感謝している」と、選手に言ってもらえるコーチこそよい指導者だと思います。つまり、指導者の評価は、選手がゴールしたあと振り返った時に決まるのであり、一流の指導者を目指すなら、道中の評価を気にしてはいけません。


選手が全力を出していないのに、見て見ぬふりをしているコーチがいたら、私はわざわざその選手のところに「全力で走れ」と言いに行きます。それが選手やチームの成功に必要だからであり、そのコーチがどう思うかは関係ありません。


私は、日本一になるのは、一人ひとりの「能力」が高く、「チームワーク」がよくて、「運」があるチームだと考えています。そして、これらの三つは「全力」と深くかかわっています。すなわち、一生懸命努力しなければ能力は上がらないし、仲間から支持されないのでチームワークもよくなりません。


アドバイスをしても選手が実践できないと、指導者には諦めの気持ちが生まれます。何度伝えても伝わらないと気分が悪くなるし、しつこくして嫌われるのもいやだからです。でも、私は絶対に諦めません。伝えることを途中で諦めてしまうのは、指導者自身が楽なほうに向かって仕事をしているからです。


伝えるための方法をたくさん考えることは、指導者が自分自身を高めるためでもあります。選手や部下ができるようになるために、どう伝え、どうかかわっていくのか。試行錯誤しながら、相手とのかかわり方の引き出しを増やしていくのが、指導者としての一番の醍醐味だと私は思います。


選手に対して「怒る、教える、やらせる」という指導方法を改め、「選手自身に考えさせ、やる気を出させ、自ら練習に取り組む」ようにさせれば、指導者と選手の関係はよくなっていきますし、指導者としての力量も上がっていきます。選手にしても、ミスを恐れなくなって、のびのびプレーするようになります。


弱いチームに共通して見られる指導法。

  1. 結果に対して「怒る」。
  2. 原因に対して「教える」。
  3. 上達のために猛練習を「やらせる」。

特に私が意識しているのは、指導者になっても学び続けなければならないということ。選手は、実績のあるコーチから学びたいと思うものですが、私は実績を残していてもなお学び続けている人から学びたいと思っています。


球団が収益を増やすには、やはりお金を払って観にきてくれるファンの皆さんに満足してもらうのが一番です。そして、チームが勝っても負けても満足してもらえるものがあるとしたら、それは感動や驚きしかないと思います。私が繰り返し述べてきた「全力を尽くす」ということも、それがファンの皆さんを惹きつけると考えるからです。


コーチが「怒る」のを我慢すれば、選手は萎縮せずに伸び伸びとプレーするようになる。さらに、「教える」「やらせる」ことをやめれば、選手はミスの原因を自分で考え、みずから改善しようとすることでエラーが減り、選手と指導者との信頼関係も強くなっていく。


見方を変えれば、ファイターズは長く低迷していたために、改革をしやすいチームだったともいえます。これが、毎年ある程度の成績を残しているチームだったら、大改革などできなかったでしょう。当時の我々にアドバンテージがあったとしたら、それは改革ができる土壌があったことかもしれません。


パニックから抜け出す、冷静な思考を取り戻すのは難しくありません。例えば追い込まれた打者であれば、「この場面でやるべきことは何だ?」「狙い球はどうする?」「打球方向は?」と自問を始めた瞬間に思考は動き出します。緊張はそのままに、頭を動かせばいいのです。


部下には責任を与えるべき。それは、「あなたはできる人ですから、任せましたよ」ということでもある。常に選手を信じ切れば、選手のほうも、信じてもらえるからこそ力を発揮できるし、いい結果が出る。


自分たちが鍛えて身につけた素晴らしい能力を発揮するには、いい舞台が必要であり、その舞台とはファンがたくさんいる球場です。つまり、その舞台を用意することは、自分たちが練習するのと同じくらい重要なこと。


時代が変われば、やり方、すなわち戦術や練習方法は進化するのが当たり前です。でも、チームとしてのあり方、ビジョンというものは変えるべきではありません。ファイターズのビジョン、それは「どんな時でも最後まで諦めずに全力で戦う」というものであり、「ファンに感動を与え続ける」というものです。


日本ハムファイターズの二軍監督になった私が取り組んだのは、育成方法の改革でした。ただ、育成の対象としたのは、選手というより指導者であるコーチたちです。長年一軍が低迷しているチームを強くするには、二軍の指導方法から変えるしかないと考えたのです。


勝利に貢献できるコーチの条件とは何か。それはビジネスの世界にもあてはまると思いますが、職務や役割を全うする、チームに対して忠誠心や愛情を持つ、できることに対して100%のエネルギーを注ぐ、常に自分の能力を研鑽するよう努めるといったこと。


メンタル・トレーニングの考えによれば、たとえばエラーをした時にはそのことをひとまず横に置いて気持ちを切り替え、過去に上手くプレーできた時をイメージして次のプレーに備えます。それは積み木を重ねるような作業といえるのですが、コーチの中には試合中に「なあ、白井、ベテランのお前があんな大事な場面でエラーしたら困るんだよ」と言って、せっかく積み重ねた積み木を揺さぶる人がいます。選手によっては、何気ないコーチの一言で、それまで積み上げた自信を一瞬にしてなくしてしまうこともあります。そんな指導は選手にとって明らかにマイナスであり、「選手の成功をサポートするのがコーチの本来の役割のはずだ」と、私は強く感じていました。そのため、コーチになった私は、選手に上手くプレーしてもらうにはどうすればいいのか、つきつめれば、選手の心をどう動かすか、そのためにどんな言葉をかければいいのかを考えるようになりました。


育成に関しても、ヤンキースには指導マニュアルというものがあり、非常に参考になりました。そこには打撃や守備、投げ方などについて明確に定義されていて、「グラウンドではしっかり走ること」という項目までありました。日本でそういうマニュアルをつくっている球団はおそらくないでしょう。マニュアルには、大胆な発想が生まれにくいとか、こなすことで仕事をした気になってしまうといった弊害もあります。でも、私のように選手から指導者になったばかりの人間は、指導するにあたって試行錯誤します。その点、マニュアルがあれば指導しやすいですし、育成方法に関してチームとして統一感を持たせることができます。


ニューヨーク・ヤンキースにコーチ留学したとき、私が感心したのは、チームにとって最も重要な「選手の将来性」という項目についても点数化されていたこと。しかも、球速などの項目の点数には上限があるのに対し、将来性は各スカウトの権限で何点をつけてもいいのです。そして、スカウトがつけた評価や情報は手持ちのパソコンを使ってニューヨークに送られて管理されるため、一瞬かつ長期的に共有できます。ヤンキースのような仕組みがあれば、選手の将来性に対する評価が目に見えるかたちで残りますし、スカウトに対する評価も明確になるので、スカウトの仕事にも責任感が生まれます。


選手からの評価を気にしていると、手を抜いているのを見逃したり、かばったりしてしまいます。あるいは、選手や部下が、「それはあなたの持論でしょう」と言うかもしれません。でも、それが持論ではなく、百年経っても通用する考え方なら、自信を持って伝え続けるべきです。指導者にできることは限られています。最終的に決めるのは選手であり、部下自身です。ですから、相手にどう思われようが、誠心誠意かかわり続けることが大切なのです


指導者として自らに課しているルールがあります。「選手に必要かどうか」「指導者としてできることは何か」「できることはやり続ける」「最後に決める権利は選手にある」「でも諦めずにかかわり続ける」。これを続けると「白井さんはしつこいな」と私を煙たがっていた選手が、「あの人は、相手の機嫌や年齢に関係なく、ダメなものはダメと言う人だ」と認識を少しずつ変えるようになります。さらにそれを続けると、「白井さんらしいな」と指導者の個性として定着します。ここまでいけばしめたもので、私が選手に近づいた時点で、「いや、もうわかってます。やりますから」という言葉が返ってきます。つまり、言い続けた者の勝ちです。


選手の中には、やらなければならないことはわかっているのに、きっかけがないためにできない者もいます。よくないことをしている自覚があるのにやめられない、という経験は皆さんにもあるのではないでしょうか。そんな時、指導者は背中を押してあげるだけでいいと私は考えています。たとえば、「お前ができないのは俺の指導が至らないからだ。俺は指導者として失格だ」と声をかける。過激な言葉ですが、半ば事実でもあります。これで相手が「そこまで言ってくれるならやろうか」と思ってくれればいいわけで、きっかけさえあれば、その選手は変われるのです。


ヘッドコーチを受けると決めた以上は、監督に忠誠を尽くさなければなりません。その忠誠とは、忌憚のない意見を具申し続けることです。そして、監督の決めたことは、たとえ自分の考えと違ったとしても100%遂行する。そうしたことを自分の中でルールとして決めました。そうでないと、一軍のヘッドコーチという難しい仕事は務まりません。


私は緊張が悪いとは思いません。むしろ、緊張している選手は高く評価します。萎縮や緊張をすると、誰でも慎重になります。なぜそうなるかというと、なにがなんでも成功したいからであり、自分が失敗することでまわりの人たちに迷惑をかけたくないと思うからです。つまり、緊張は高い成功意欲と強い責任感の裏返しであり、そのため私は選手には「おおいに緊張しよう」と言います。


確かに正しい方法や技術を選手に伝えるのは、指導者として非常に重要なのですが、相手はプロ野球選手です。すでに知っていることを繰り返し教えたところで、聞く耳を持ちません。わかっているのにできない選手には、どこに問題があるのかを自分で考えさせ、解決のためのヒントを投げかけることが重要なのであり、それこそがメンタル・コーチングです。


守備でエラーをした選手を「バカヤロー!」と怒る。これにはたいてい「今度エラーしたら承知しないぞ」という恫喝がセットでつくのですが、選手を萎縮させ、さらなるミスを呼びます。また、エラーした原因を教えると、選手は自分で考えることをしなくなり、根本的な解決になりません。さらに、猛練習をやらせると、選手のモチベーションは下がり、サボりがちになります。


監督の意見が間違っていると思うのに、黙ってそれに従うのは忠誠とはいえない。自分が正しいと思う意見を忌憚なく具申することこそが真の忠誠なのです。ただし、それを受け入れるかどうかは監督の仕事であり、たとえ自分の意見とは正反対のことを監督に指示されたとしても、それを受け入れて100%の力でやりきらないといけません。


二軍監督として、コーチの役割について考えたことは、私自身にとっても貴重な経験でした。チームの勝利に貢献できるコーチとは、一体どんなコーチなのかを常に考えるようになったからです。それは、一軍コーチである今も同じで、もしも自分が監督だったらどんなコーチが一番必要かと考えた時に、「それは自分だ」と言えるようなコーチでいることを常に意識しています。


それまでの長い低迷期の間、指導者や選手たちが頑張っていなかったかといえば、そんなことはありません。十分頑張っていたはずです。にもかかわらず低迷が続いているということは、頑張り方が間違っているのだと私は考えた。指導方法のどこが間違っていたのか。それは、それまでの監督やコーチが選手に対し「怒る」「教える」「やらせる」という指導をしていたこと。


常識や既成概念にとらわれずチャレンジしていく姿勢が必要です。たとえ成功していても、現状に満足していると、やはり尻すぼみになっていきます。野球の指導でいえば、今はこれがベストのやり方だと思って指導していても、もっといい指導方法はないかと常に模索していく。選手が自分自身で一生懸命トレーニングをするのと同様に、指導者も自らの能力開発に投資して、個々の能力を上げていくことが大切です。そうすれば、どの監督からも、どのチームからも欲しがられるはずですし、その能力は球界を離れたところでも必要とされるように思います。


プロ野球の繁栄を考える時、大切だと思うのは、プロ野球選手という職業が魅力のあるものでなければならないということ。プロ野球選手という職業を、子供たちが将来就きたいと憧れる対象にするためには何が必要なのか。現役選手やチームの価値を高めることももちろん大切ですが、現役を引退した元選手たちのセカンドキャリアを支える仕組みをつくることだと思うのです。これは、私が元選手として、現役選手のために欠かせないと痛感していることです。


一軍に上がることを諦めてしまって、自分の目標や役割が見出せない。そんな相手に、「目標を持て」と言って無理に目標を設定させても、熱心に練習に取り組むようになるかどうかはわかりません。私なら、「白井さんはいつも元気だよな」「毎日楽しくて仕方ないんだな」と思わせるように行動します。「元気を出せよ」と励ますより、「あの人、すごく元気だな」と感じさせるほうが、相手は前向きになれるからです。それができたなら、次は一緒に身近な目標を立て、それが達成できたら少しずつ目標のレベルを上げていきます。そうすることで、選手には自信が芽生えてきますし、成功体験を味わうことで自ら目標を立てられるようになるはずです。


若い部下や後輩と接していて、「彼らの考え方が理解できない」とか、「どう接すればいいのかわからない」と戸惑っている方がいるかもしれません。でも、私は若い世代の考え方を細かく分析する必要はないし、彼らの考え方を変える必要もないと思います。たとえば、朝の挨拶をしない若手社員がいて、接しているこちらの気分が悪くなるとします。私は、強制して心のこもっていない挨拶をさせても何の意味もないと思いますが、それでも挨拶を重視するなら、上司から部下に「おはよう! 今日はどうだ?」と挨拶をすればいいのです。それを聞いて部下は、「この人、朝から鬱陶しいなあ」と思うかもしれません。それでもかまわず「おはよう!」と言い続ければいいと私は思います。人間は、自分の決めたことにしかエネルギーを注げませんし、相手はコントロールできません。コントロールできないことを一生懸命コントロールしようとするから気分が悪くなるし、ストレスが溜まるのです。


私は、指導者にとって「道中」の評価は関係ないと考えています。道中とは、すなわち「今」のことです。たとえば、全力で走っていない選手に対し、あるコーチが「白井はああ言うけれど、しんどい日や気持ちの乗らない時もあるよな。だから、『はい、はい』と返事しておけばいいよ。俺はお前のことをちゃんとわかっているから」と言ったら、道中ではいいコーチかもしれません。ところが、その選手の成績がふるわずに解雇されたらどうでしょう。全力で走っていないのにかばってくれたコーチがいいコーチだと考える人などいないはずです。


「やろうとは思っているのですが」と言い訳をする選手の場合、問題は複雑です。たとえば、「プロは結果にコミットしないといけない」「『やろうとは思っているのにできない』という発言はプロにふさわしくない」と言い聞かせても選手の態度が変わらないとしたら、それは指導者や上司の伝え方が悪いからであり、言葉が選手に響いていないのです。そんな時には、「しっかりしろ」と鼓舞したり、「やるべきことをやろう」と励ましたり、「お前が全力で走ることが、チームにとってどれだけプラスに働くだろうか?」と考えさせたりと、伝え方を変えてみます。その選手が走ることに価値があることを伝えるのです。


一人の選手が全力疾走を怠ったのが原因で、チームが負けたとします。全力で走るという、意識すればできることをやろうとしない人間はプロとは呼べないし、組織の一員でもありません。でも、そんな選手に、「なぜ全力で走らないんだ!」「走らない奴はクビだ!」と怒鳴ったところで、相手の心には響きません。私なら選手にこう問いかけます。「お前はチームメイトに対して責任が取れるのか? 取れないだろう?」「チームメイトの後ろには家族がいて、みんな家族ために全力を尽くして努力しているんだ。お前は、その家族に対して責任を取れるのか?」「責任がとれないことをするのは、自らチームのチームの一員じゃないと言っているようなものだ。お前にみんなと同じユニフォームを着る資格があるのか?」「本当にこのチームでプレーしたいのか? したいなら、何をする必要があるんだ?」と。


全力とは「身体を動かすことに対する全力」のほかに、次の3つがある。まず、「準備の全力」。ウォーミングアップなど、万全の状態で試合に臨めているか。次に「頭の全力」。状況判断も全力ですべきで、それには練習で常に実戦を想定することが欠かせません。そして「心の全力」。「失敗したらどうしよう」と思いながら試合に臨むのも全力ではなく、「絶対に打つ!」という意気込みを持って臨んではじめて全力を尽くしているといえます。4つすべての全力を出した時にこそ全力と言える。


子供に親が「失敗してもいいから、思い切ってやれ」とか、上司が部下に「責任は取ってやるから、思い切ってやれ」と言う。これらは響きのいい言葉で、みな良かれと思って使っていますが、大きな間違いだと私は思います。では、一流の指導者はどうするかというと、「最初に任せて、最後に責任を取る」のです。人は責任を与えられるから頑張れる。責任は大きなエネルギーになり、大きな成果をあげます。成功の原動力になるものを、最初から奪ってしまってはいけません。


選手に「思い切りやってこい」と言って励ますのは、指導者の役割の一つです。それ自体は選手のやる気を高める意味でいいことなのですが、その際「失敗してもいいから」と言うのは逆効果です。それでは選手の能力が伸びない、というのが私の指導者としての実感です。「失敗してもいい」というのは、失敗を前提にしている時点でまずありえません。誰もが勝つために、成功するために練習しているのですから、「お前なら絶対にできるから、思い切りやってこい」と、背中を押してあげるのが本当の励ましです。


選手の立場で考えるのは、選手の成功をサポートするのが本来の役割である指導者にとって当たり前のことなのですが、日本のスポーツ界では、そうでない人が圧倒的に多いのが現状です。選手が失敗するのは指導法が間違っているからであり、いわば指導者の責任です。自分のミスなのに選手を責めるのはおかしな話で、自分主体で考えている証拠です。本来なら、「つらい思いをさせて悪かった。私の指導が至らなかった」「お前のためになれなかった。申し訳ない」と、指導者のほうが謝るべきです。選手のミスは自分の責任であるという心構えは、指導者として常に持つべきであり、指導のベースになるものだと私は思います。


プロ野球の指導者の中には、自分の成功談を語り、選手にも同じようにやれと指導する人がいます。それは、名選手が指導者になるケースが多いためでもあるのですが、これも正しい指導法とはいえません。なぜなら、選手は、やり方は理解しているけれど、それができないがゆえに悩んでいるからです。成功談というのは、自分主体の発想であり、選手の立場に立っていません。それを聞いた選手は、「自分はあなたとは違う」「自分にはできない」と思うだけです。ただ、成功談そのものが悪いわけではなく、それを活かすには失敗談も一緒に伝えることが大切なのです。


コーチにすれば、選手に質問すると、「この人は、そんなことも知らないのに指導者をやっているのか?」と思われるのではないかという不安があるかもしれません。だからついつい答えを教えたくなるのですが、そうではなく、質問を繰り返すことで選手に考えさせ、自分で答えを出させることが重要なのです。この時大事なのは、上手に聞いてあげることです。


事前練習で選手の自主的な意識が高まる工夫をしました。当時ヘッドコーチだった私は、「1球目のゴロをミスしたら、その日の守備練習はさせない」というルールをつくったのです。それは、練習のための練習ではなく、本番のための練習をさせるためでした。このルールでは、ミスをした選手はノックを受けられないため、練習するには、自分でフェンスにボールを投げてゴロを捕球したり、打撃練習している選手の打球を追いかけたりするしかありません。この一見ペナルティにも思えるルールは、自分で工夫して練習する分、高い意識と集中力を生むという効果があったのです。


「俺も一歩目によく出遅れたよ」「そうか、かかとだったか」などと、相手の答えに共感や信頼を表すことで、質問が活きてきます。そうやって選手が自分で答えを見つけると、信頼関係が生まれる。すると、次に何かあった時には、指導者から質問をする前に選手のほうから「ちょっといいですか」「僕はこう思うのですが、コーチはどう思いますか?」と投げかけてきます。これだと選手が求めてきたことに答えを返すことになり、ティーチングも効率よくできるのです。そして、ここまでくれば、当然、選手は自分の頭で考え、自主的に練習するようになります。


ヒルマン監督時代に始めた「小学校で給食を食べる」というファンサービスは今でも続いていて、試合のない休日に実施していますが、当初は試合のある日の練習前にも行なっていました。これが日本人の監督であれば、「試合前にそんな疲れるようなことは選手にやらせないでほしい」と言うのが普通でしょう。ところがヒルマン監督はみずから率先して小学校に出かけていきました。私の現役時代には、「ファンにサインを書く暇があるならバットでも振っておけ」という指導者がほとんどでした。でも、ヒルマン氏は、ファンあってのプロ野球であり、ファンにサインを書くのはすべてのプロ野球選手にとって役割の一つだと考えていました。選手たちも、子供たちが本当に喜んでくれて、逆に自分たちが励ましや力をもらえるというので、ファンサービスに対して次第に理解を示すようになりました。


北海道への移転以降、ファイターズでは「ファンサービス・ファースト」と銘打って、実にいろいろなファンサービスを実施しています。最初に行なったのが、選手たちが小学校に行って子供たちと一緒に給食を食べるというものでした。そうすることで、子供たちにとってプロ野球や選手はとても身近な存在になります。選手と給食を食べた子供たちは家に帰れば両親にその話をするはずですし、両親は同僚や知り合いにその話をするでしょう。1クラスに子供が40人いれば、そこから波及してものすごい数の人々がファイターズに興味を持ち、身近な存在に感じてくれます。これはファンを増やす意味では非常に大きかったと思います。


ファイターズのコーチ陣は、「結果」に対しては非常に寛容である一方で、「意識」すればできることをやらないと非常に厳しく指導します。例えば「打ったら一塁まで全力で走る」。これを常に選手全員が実行していると、相手チームの選手たちに「ゴロを待って捕ってはいけない」「送球がちょっとでもそれたらセーフになる」とプレッシャーをかけられるようになります。そこで相手が暴投すれば、一気に流れが自チームに来ます。ところが、全力疾走しないとどうなるか。相手が暴投したのにアウトになれば、本来ならこちらに来るはずの流れを、倍にして相手に返してしまうことになります。全力疾走というのはそれほど大事なのです。これは会社の職場でも同じで、リーダーや上司は、意識すればできることをやらない部下には厳しく指導するべきです。


中間管理職にはある種の「覚悟」が要ります。皆さんの中には、「こんなことを言ったら上司の反感を買うのではないか」あるいは「部下に嫌われるんじゃないか」などと、他人の心証が気になる人がいるかもしれません。でも、皮肉なことに、嫌われないように立ち回るほど嫌われてしまうものです。大事なのは、たとえ嫌われても、上司にとって最善の意見、あるいは会社にとって最も大事なことを伝えることです。自分ではなく、会社や組織に焦点をあてれば、相手の心証など気にならなくなるはずです。


選手が犯したミスに対して怒るコーチは、「厳しいコーチ」として評価されます。なぜミスをしたのかを教えると、「理論的なコーチ」という定評がつきます。そして、ミスしないように練習をやらせると、「仕事熱心で情熱的なコーチ」と、やはり高い評価を受けます。でも、これらは指導者の三悪だと私は思っていました。なぜか。ミスをした時、誰が一番ショックかといえば、選手本人です。普通の人間であれば反省もするし、打開策を講じようとするでしょう。そんな選手の心情を無視して怒り、わかりきっている原因を教え、「こうしろ」とやらせる。すると、選手は萎縮し、自分の頭で考えることをしなくなり、義務感から練習することでエネルギーレベルが下がります。つまり、そういうコーチは指導者らしくみえて、実は指導者がやるべきことをやっていないのです。


今シーズン、大谷翔平がMLB挑戦という夢を叶えるためにいよいよ海を渡ります。私が言うまでもなく、彼はピッチャーとしてもバッターとしても超一流ですが、ピッチャーとしてだけ、あるいはバッターとしてだけでプレーしていたら、今ほど注目は浴びなかったでしょう。二刀流だから、これほど話題を呼んでいるのは確かですし、さらに言えば、二刀流の大谷翔平は、ファイターズや栗山英樹監督でなければ絶対に誕生していなかったと思います。彼の二刀流については、ファンの皆さんは喜んでくれるものの、球界関係者の中には批判する方も少なくありません。それは、二刀流がこれまでタブーとされてきたからです。ですが、どんどん新しいことに挑戦していくのがファイターズというチームの特長ですし、これからはプロ野球全体にも、時代の変化に伴って、常識や既成概念にとらわれずチャレンジしていく姿勢が求められると思います。


白井一幸の経歴・略歴

白井一幸、しらい・かずゆき。日本のプロ野球選手(二塁手)、指導者。駒澤大学卒業後、ドラフト1位で日本ハムファイターズに入団。引退後、野球解説者、日本ハムファイターズ球団職員、二軍総合コーチ・監督、一軍ヘッドコーチ・監督代行などを務めた。