名言DB

9425 人 / 110833 名言

疋田文明の名言

twitter Facebook はてブ

疋田文明のプロフィール

疋田文明、ひきた・ふみあき。日本の経営ジャーナリスト、経営コンサルタント。奈良県出身。日本交通公社(のちのJTB)、新しい経営者の会、竹村健一未来経営研究会事務局長などを経て独立。元気塾、実践経営塾を主催。著書に『快社人間のすすめ』『自分で仕事を創りなさい』。

疋田文明の名言 一覧

いい時に満足してしまっては、企業としては衰退していく。


伸びている経営者は、皆さん聞き上手。


地方は疲弊しているといいますが、優良企業はたくさんある。


考えを行動に移せるかどうかが重要。行動に移せないアイデアは思い付きにすぎない。


一人だけの優れた経営者よりも、うまくチームワークを組んで組織が優れる方が会社は伸びる。


こうでなければ駄目、というセオリー通りにやっているところは、地方ではほとんどが潰れています。最初から自分で考えてオリジナリティーを持っているところが勝ち組になっている。


疋田文明の経歴・略歴

疋田文明、ひきた・ふみあき。日本の経営ジャーナリスト、経営コンサルタント。奈良県出身。日本交通公社(のちのJTB)、新しい経営者の会、竹村健一未来経営研究会事務局長などを経て独立。元気塾、実践経営塾を主催。著書に『快社人間のすすめ』『自分で仕事を創りなさい』。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

ジャパネットの社長を退いて、もうすぐ3年。会社も大きく変わりましたよ。100年続く会社にしていこうとしたら、創業の精神だけでは、思い切った改革はできないでしょうから。不易流行の、不易――変えてはいけない「人の幸せに貢献する」という会社のミッション、使命さえ変えなければ、流行――時代に合わせてどんどん変えていけばいい。


宮城治男

あえて私にとっての成功とは何かといえば、若者によって新しい成功のあり方が次々と生みだされていくような仕組みづくりに貢献できることではないかと思っています。


小林一三

儲かる事業ではなく、大衆の喜ぶ事業を。


藤田晋

優秀なビジネスパーソンほど、「すべて自分の責任」と覚悟を決めて働いている人が多いと思います。そんな人が信頼され、大きな仕事を任され、結果を残していくのではないでしょうか。


谷原章介

人からは、よく多才だと見られがちですが、そんなことはまったくないんですよ。一見、幅広く見えるキャリアも、いただいたオファーを懸命に取り組んできた結果なんです。


石原進

我々の使命の一つは地域起こしだと思うんです。我々鉄道事業者は地域の方と一緒になって地域を元気にするために頑張っていかなければならない。


辻野晃一郎

よいストレスとは、新しいことに挑戦したり、困難な仕事を成し遂げようとするときのストレスです。不安やプレッシャーを感じることはあっても、何かを生み出したり、前進するためには必要なストレスです。これを乗り越えることで、人は成長していきます。


岡野雅行(サッカー選手)

最近、ガイナーレが負けた日に鳥取の居酒屋で飲んでいると、チームの悪口を言っている人が結構いるんですね。負けて怒る人がいるというのは、期待されてきている証拠。いい方向に向かっていると思います。


中島武

ブームあるいは、トレンドを作るのは非常に難しい。作ろうと思って作れるものではないのです。あくまでも作った結果にすぎません。


遠藤功

話し方というと、「伝える」という言葉がよく使われますが、私は「伝える」意識は捨てるべきだと思います。「伝える」意識が強い人は、相手の都合を考えないで、一方的に自分の言いたいことを押しつけがちだからです。相手の心が開けば、押しつけなくても、自分のいいたいことは自然と「伝わる」もの。まずは「伝わる」状況をつくり出すことを考えたほうがいいと思います。