名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

疋田文明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

疋田文明のプロフィール

疋田文明、ひきた・ふみあき。日本の経営ジャーナリスト、経営コンサルタント。奈良県出身。日本交通公社(のちのJTB)、新しい経営者の会、竹村健一未来経営研究会事務局長などを経て独立。元気塾、実践経営塾を主催。著書に『快社人間のすすめ』『自分で仕事を創りなさい』。

疋田文明の名言 一覧

いい時に満足してしまっては、企業としては衰退していく。


伸びている経営者は、皆さん聞き上手。


地方は疲弊しているといいますが、優良企業はたくさんある。


考えを行動に移せるかどうかが重要。行動に移せないアイデアは思い付きにすぎない。


一人だけの優れた経営者よりも、うまくチームワークを組んで組織が優れる方が会社は伸びる。


こうでなければ駄目、というセオリー通りにやっているところは、地方ではほとんどが潰れています。最初から自分で考えてオリジナリティーを持っているところが勝ち組になっている。


疋田文明の経歴・略歴

疋田文明、ひきた・ふみあき。日本の経営ジャーナリスト、経営コンサルタント。奈良県出身。日本交通公社(のちのJTB)、新しい経営者の会、竹村健一未来経営研究会事務局長などを経て独立。元気塾、実践経営塾を主催。著書に『快社人間のすすめ』『自分で仕事を創りなさい』。

他の記事も読んでみる

望月実

何よりも経営者の話が一番面白い。それを聞くことができれば、数字もさらに面白くなります。大手IT企業などは経営者が登場する決算説明会の映像を自社ホームページで流しています。自社の数字について解説をするし、他社の話題が飛び出すこともある。


藤田晋

事がうまく進まなくても、一発逆転狙いの奇策は打たない方がいい。奇策にすがる気持ちは分かりますが、一か八かの博打はたいてい失敗する。


石井淳蔵

リサーチ専門部門がないと、やるべきリサーチをやらずにパスしてしまう。コンセプト、パッケージ、試作品、広告コピーなどなど、新商品が導入されるまでに多くのリサーチが行われるが、時間がない費用がないという理由でいくつかのリサーチをなしですますことが起こる。


小島希世子

えと菜園が目指すところは一つ。農業によってみんなが幸せになることです。


佐々木常夫

仕事に限らず、およそ人が生きていく上で大切なことは、難しいことではなく、「人に会ったら挨拶する」「みんなと仲良く遊ぶ」「嘘をつかない」「間違ったことをしたら勇気を持って謝る」といったごく単純な原理原則です。


小山昇

何かの問題について、今日決断を下して対策をするのか、それとも一週間じっくり考えたうえで決断し、対策を打つべきか。正解は、今日です。一週間程度で頭が急に良くなることはないのだから、今日決めようが一週間後に決めようが、答えは同じ。答えが同じなら、少しでも早く取りかかって早く結果を出したほうがいい。


中村隆介

ある方から、ブランドを商標ごと売ったという話を聞き、そういう方法があることを知りました。ブランドを、経験が浅い我々が一から生み出すのは難しい。それなら出来上がったものを買うのもありだと考えたのです。いいブランドがあったら買いたいと周囲に話していたところ、すぐに話がきました。これがステーキとハンバーグの「ステーキハウス 鉄板牧場」で、3店舗まとめて買いました。


ムーギー・キム(金武貴)

自分自身、バイアウトファンドで勤務していた時代、企業価値を高めるための最も重要な仕事は、まずは経営陣を替え、適切な経営者を引っ張ってくることにあった。また、我が身を省みると、チームのパフォーマンスが低かった時、誰かを責める前に、「そもそも自分が悪いのでは?」という自問が役に立ったことは、一度や二度ではない。


神田有宏

私の経営のテーマは規模をどれだけアドバンテージに変えられるか。そのための最大の武器は顧客データです。


松岡修造

僕は初対面の子供でも平気で叱っているイメージがあるかもしれませんが、それは誤解です。相手のことをよく知らないうちから叱ることは絶対にありません。たとえばボーッとして話を聞いていないような子が、実はちゃんと聞いていたり、ご機嫌を取ろうとちゃんと聞いたフリをして実は聞いていない子もいる。相手をちゃんと知ったうえで、叱る・叱らないの判断をしています。


高田明(ジャパネットたかた)

誰を採用するかも大事ですが、どう育てるかも重要です。


安中千絵

毎食あらゆる食材を網羅するのは、忙しいビジネスマンにとっては非現実的です。また、家での食事は奥様任せで手出しできない、という人もいると思います。そこでお勧めしたいのが、「ちょい足し」と「ちょい引き」。たとえばランチが牛丼なら、ご飯は小盛にして、コンビニで野菜スティックや果物、ヨーグルトなどを買って「ちょい足し」する。足すべきなのは野菜や果物など。一方、引くのは、30~40代がとり過ぎの傾向にある炭水化物などです。