名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

畠山惠(塾経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

畠山惠(塾経営者)のプロフィール

畠山惠、はたけやま・めぐみ。日本の経営者、保育士。英語塾「SPEAKIDS」代表。東京都出身。語学留学を経て「SPEAKIDS」を設立。また、保育士としても活動した。

畠山惠(塾経営者)の名言 一覧

とにかくDo! まずやってみる。動けば道が見えてくるし、合わないなら次に行けばいい。考えているだけだと、選択肢が無限にあるように錯覚しちゃいますから。


私の人生も行き当たりばったりなようで(笑)、一応考えているんです。保育士は安定した仕事だけど、肉体的にはきついので60歳になっても続けられるとは思えない。でも英語講師は体が動かなくなってもできる。体を動かす仕事と頭を使う仕事、この2つは意識して選び取りました。


私が現場にいなくても回るシステムを、と考えて海外在住者向けのネットサービスを構想中です。保育士と英語塾とネット事業。いずれはこの3本柱で収入源を安定させていきたいですね。


実家の一室を改造して子供向け英会話塾を立ち上げました。ところが始めてみたら日中が暇なんです。小中学生向けレッスンは夕方以降が基本なので。じゃあ余った時間で生活基盤を安定させようと、保育園に勤め始めました。正社員で採用されましたが朝8時~15時の時短勤務を希望して、日中は保育園、夕方から塾で教える毎日です。「ダブルワークって疲れない?」ってよく聞かれますけど疲れませんよ。やりたくてやっていることなので楽しいだけ。


畠山惠(塾経営者)の経歴・略歴

畠山惠、はたけやま・めぐみ。日本の経営者、保育士。英語塾「SPEAKIDS」代表。東京都出身。語学留学を経て「SPEAKIDS」を設立。また、保育士としても活動した。

他の記事も読んでみる

財部誠一

よくいわれる精度などの細部に対するこだわりだけでなく、商品トータルとしての「圧倒的な完成度」に対するこだわりが、多くの日本メーカーに欠けてはいないだろうか。


石黒不二代

国ごとに違いがあるのは当然なのでおかしなことはないでしょうが、日本人は日本のやり方が常識だと思い込み過ぎている感があります。世界の考え方を知り、自分の考え方はマジョリティではないことに気づかねばなりません。


小林一三

事業成功の神髄は、と問われたならば、何事も軽率に着手しないことと答えます。着手するまでに十分考え、いわゆるバカの念押しをやってみることが大切です。そのかわり着手したら猛然として進むことは当然です。


大河原愛子

母が私たちによく言っていたのは「お金やモノを失くすことは仕方ない。ただ、学んだことは知識となり、誰にも取られたりしません」という言葉でした。これを聞いて、私自身も本を読んだり、勉強して学んだことは自分の糧になるんだという信念を持ちました。


ダン・ケネディー

最も有能で高給取りの広告マンは、実にきちんとした人たちで、膨大なデータを集めて検討し、じっくり考えて結論を導き出していた。いまでは、私もこのやり方の良さがよくわかっている。「新しい」「オリジナル」なアイデアは敬遠する。どうせ魚を釣るなら、いけすの中に居る魚を釣りたい。それも小さないけすで、水を張ってない方がいい。大きい魚に越したことはないし、できれば機関銃を使って仕留めたい。


伊藤博(経営者)

理念を大事にしていますが、判断尺度は正しさです。セコムにとっての正しさではなくて、社会にとっての正しさ、公正であるかどうかです。


佐藤優

先延ばしをする性向には、合理的な判断力の欠如がある。どうもいまの世のなか、全体的にその合理性が危うくなってきているように感じる。


松岡修造

自分自身のことをよくわかっているつもりでも、知らないことが意外に多い。「人と接するのが苦手」とか、「デスクワークは好きなんだけれど営業には向いていない」とか、性格や仕事の向き不向きを自分で決めつけていたり、人から言われてそう思い込んでいることが少なくありません。でも、はたして本当にそうなのでしょうか。


小山昇

組織というものは縦方向には情報が流れます。でも、横にはなかなか流れません。情報を横展開するためにやっているのが、パクリ改善シート(社内外の成功事例を実行して業務改善ができたら掲示板に貼りだす報告書)であり、課長による改善評価です。評価がAかBかCかなんて、本当は大事じゃないんです。


井上貴功

金融系のシステムは24時間、365日止まってはいけないということが最大の条件です。こうした「ミッションクリティカル」なシステム開発を長年にわたって手掛けてきたことが、当社のシステム開発の品質と信頼性の高さを証明しています。


石井知祥

昔から「いい言葉」に出会うと、それを頭に残し、判断に迷ったときや苦しくなったときには、それを当てはめるようにしてきました。


棚橋弘至

SNSでこれでもかとプロモーションをしてもまだ伝わらない。情報の伝わりにくさを痛感しています。でも止まったら俺たちの負けですから。