名言DB

9490 人 / 112001 名言

畑正憲(ムツゴロウ)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

畑正憲(ムツゴロウ)のプロフィール

畑正憲、はた・まさのり。ムツゴロウさんの愛称で知られる日本の動物研究家。小説やエッセイを数多く執筆し、多くの作品を残す。また、世界中を旅し、ナチュラリストとして動物たちと触れ合った。日本エッセイストクラブ賞、菊池寛賞を受賞している。

畑正憲(ムツゴロウ)の名言 一覧

つまらない規制をするから歪みが出てくるのだと思う。


無理のしすぎは禁物ですが、細かいことを気にしすぎるべきではない。人間の気力や生きる力というものを馬鹿にしてはいけない。


好奇心や学ぶ力はまったく変わっていません。たとえば私は60代になってから、新たにポルトガル語の勉強を始めました。この一月にもアマゾンに一人で行ってきたくらいです。


ロケから戻ると締め切りが待っているので、常に緊張した状態が続いていました。緊張感は人の免疫力を高めるようで、この50年、一度も風邪すら引いたことがありません。


最近は「ひとつの正義」といいますか、自分の考えを一方的に押しつけようという人が目立つように思います。その正義を自分の中にしまっておくならいいのですが、「俺が信じていることをあいつはやっていない、だからおかしい」と考える人が増えていますよね。私はそれを「民主主義の害毒」と呼んでいます。


私は飛行機や車の中ではどうしても文章が書けないもので、飛行機の待ち時間や現地での空き時間が貴重な執筆のチャンスでした。空港の片隅で原稿用紙を広げたり、人里離れた明かりのない村では、懐中電灯をガムテープでつるして原稿を書いたり。


いつも平静でいることの大切さはある意味、動物たちに教わったとも言えます。生き物と接していると、ゾウに振り回されて骨にひびが入ったり、ライオンに咬まれたり、いろいろあるわけです。でも、そんなときほど平気な顔をして、「おお、咬んだか。よしよし」と頭をなでる。弱みを見せれば、その瞬間に攻撃してくるからです。


一目惚れの段階を過ぎ、恋愛といわれるようになったら、維持するための不断の努力が必要である。絶えず肥料をほどこさない愛は枯れてしまう。恋は一粒の種子。気まぐれと偶然が、黒い土の上に置いた種子であろう。それを育てる太陽や風や雨は、ごくささいなつまらぬ行動である。互いにかわすささやきや、指の触れ合いや、視線の交差。生きていてほんのちょっとぶつかり合うだけで、続いてさえいるなら、いつかは大樹になる。


盲腸の手術をしたときのこと、隣のベッドに高校生がいたのですが、彼がすぐに痛いだの、のどが渇いただのと言っていたので、私は「何を甘えているんだ。俺なんて今手術してきたばかりだけど、もう跳ぶことすらできるぞ」なんて説教しりて、実際にジャンプしてみせたのです。あとで傷口が痛んで大変でしたが……(笑)。それから30年ほど経ったある日のこと、なんとそのときの高校生から突然電話がかかってきたのです。「あのときの教訓が身に染みて、今ではおかげさまで会社の部長にまでなれました」と。私の生き方が少しでもいい影響を与えられたのかと思うと、嬉しかったですね。


先日、アブダビ行きの飛行機に乗ったときのことです。隣に座った乗客が、ノートパソコンの画面を見ながらしきりと手を動かしている。画面がチラッと眼に入ったのですが、どうやら手術の様子を収録した映像のようでした。その人はおそらく外科医で、10時間以上のフライト中ずっと、手術のシミュレーションをしていたのです。圧倒されましたね。こうした向上心があれば、人間はいくつになっても成長し続けることができるのではないでしょうか。


責任感から休むわけにはいかない、ということもありました。アフリカロケに行った矢先にウシに激突され、ろっ骨を折ってしまったことがあるのですが、ここでロケをやめてしまったらスタッフ全員に迷惑をかけ、金銭的な損失も膨大になってしまう。痛くてもごまかすしかないと、自分でテーピングをして1か月のロケをやり切りました。日本に帰ってしばらくして、どうも呼吸をするとき変な音がするなと病院に行ったら、ろっ骨が変な方向に曲がってくっついてしまっていました。あるいは、アマゾンロケに行く直前に馬に足の小指を踏まれてしまい、小指が親指と同じくらいまで腫れ上がってしまったこともあります。3サイズくらい大きな靴を用意して、なんとか足を入れて、ロケに出かけました。


畑正憲(ムツゴロウ)の経歴・略歴

畑正憲、はた・まさのり。ムツゴロウさんの愛称で知られる日本の動物研究家。小説やエッセイを数多く執筆し、多くの作品を残す。また、世界中を旅し、ナチュラリストとして動物たちと触れ合った。日本エッセイストクラブ賞、菊池寛賞を受賞している。

他の記事も読んでみる

枡野俊明

「一日なさざれぱ、一日食らわず」。これが労働に対する禅の捉え方です。なすべきことを行わなければ、食事をしてはいけない。唐の時代に活躍した百丈懐海(ひゃくじょうえかい)という禅僧が、労働も坐禅と同じく修行の一つだと位置づけました。


牛島信

あまりに報酬が高いと、そこに私心が生まれやすくなる。


佐藤仙務

とくに現在のビジネス社会はスピードが求められていることを肌で感じています。速さというものを十分意識して、とにかく素早く対応して、迅速にビジネスを進め、お客様の満足度を高められるように努めています。


井上靖

人間というものは、自分が恩恵を受けたたくさんのことを、それを思い出そうとしないと思い出せないものである。


伊藤信吾

僕は、あくまでクリエイターです。自分の作り出したものを世の中に問いたいから起業した。経営者がクリエイターでなくなったらそこで終わりだと思う。トップの僕が社内でも一番創造的なアイデアを持ち続けていたい。


芦田昭充

挫折知らずで来た世代は、過去にチャレンジへ一歩踏み出した先輩たちの経験に耳を傾けることも大切です。それが新たな行動に結びついていくと考えています。


井深大

私はこれまでいろいろなモノをこしらえて商売にしてきたが、たいてい軍とか役所とか放送局のもので与えられた仕様書によってつくったモノばかりだった。それで何か大衆に直結した商品をかねがねやってみたいと思っていた。大衆は製品の厳しい審判官であり、正しい評価をするものだと信じていたので、大衆商品は一番やりがいがあるような気がしていた。
【覚書き|テープレコーダー開発に取り組んだ当時を振り返っての発言】


高岡本州

エアウィーヴは数百回も試作を繰り返した末に完成した、画期的な商品。品質には絶対の自信がありました。しかし、初年度の売り上げは百数十万円。大赤字でした。商品に自信があったばかりに、「放っておいても売れる」と高をくくっていたのです。


横田雅俊

指示によって動機づけはできません。動機は、本人が自分と対話を重ねて、頭を悩ませ続けた末にようやく生まれてきます。「こうすれば面白くなる」と上司が力説するのは逆効果で、むしろ強制感につながります。


上西京一郎

私どもはキャスト(従業員)が財産ですから。彼らに感謝の気持ちを表したいということで、いつも1月の終わりにキャストを呼び、マネジメント層がパークを運営しておもてなしをする。そこでまたマネジメント層とフロントライン(現場の最前線)の方の信頼感も醸成されるのです。


山下智弘(経営者)

採用時に見るのは「謙虚さ」「感謝の気持ち」「明るいバカ」の3つがあるかどうか。この3つを持っている人は、一言で言うと気持ちが良い。過去の経験談を聞けば、それはだいたい分かります。


佐藤天彦

名人戦で羽生(善治)先生に挑戦するとき、「勝ちたい」とはやる気持ちをできる限りおさえて、一将棋ファンとして「大舞台で憧れの人と指せる」というやり甲斐にフォーカスしていった。