名言DB

9419 人 / 110788 名言

畑正憲(ムツゴロウ)の名言

twitter Facebook はてブ

畑正憲(ムツゴロウ)のプロフィール

畑正憲、はた・まさのり。ムツゴロウさんの愛称で知られる日本の動物研究家。小説やエッセイを数多く執筆し、多くの作品を残す。また、世界中を旅し、ナチュラリストとして動物たちと触れ合った。日本エッセイストクラブ賞、菊池寛賞を受賞している。

畑正憲(ムツゴロウ)の名言 一覧

つまらない規制をするから歪みが出てくるのだと思う。


無理のしすぎは禁物ですが、細かいことを気にしすぎるべきではない。人間の気力や生きる力というものを馬鹿にしてはいけない。


好奇心や学ぶ力はまったく変わっていません。たとえば私は60代になってから、新たにポルトガル語の勉強を始めました。この一月にもアマゾンに一人で行ってきたくらいです。


ロケから戻ると締め切りが待っているので、常に緊張した状態が続いていました。緊張感は人の免疫力を高めるようで、この50年、一度も風邪すら引いたことがありません。


最近は「ひとつの正義」といいますか、自分の考えを一方的に押しつけようという人が目立つように思います。その正義を自分の中にしまっておくならいいのですが、「俺が信じていることをあいつはやっていない、だからおかしい」と考える人が増えていますよね。私はそれを「民主主義の害毒」と呼んでいます。


私は飛行機や車の中ではどうしても文章が書けないもので、飛行機の待ち時間や現地での空き時間が貴重な執筆のチャンスでした。空港の片隅で原稿用紙を広げたり、人里離れた明かりのない村では、懐中電灯をガムテープでつるして原稿を書いたり。


いつも平静でいることの大切さはある意味、動物たちに教わったとも言えます。生き物と接していると、ゾウに振り回されて骨にひびが入ったり、ライオンに咬まれたり、いろいろあるわけです。でも、そんなときほど平気な顔をして、「おお、咬んだか。よしよし」と頭をなでる。弱みを見せれば、その瞬間に攻撃してくるからです。


一目惚れの段階を過ぎ、恋愛といわれるようになったら、維持するための不断の努力が必要である。絶えず肥料をほどこさない愛は枯れてしまう。恋は一粒の種子。気まぐれと偶然が、黒い土の上に置いた種子であろう。それを育てる太陽や風や雨は、ごくささいなつまらぬ行動である。互いにかわすささやきや、指の触れ合いや、視線の交差。生きていてほんのちょっとぶつかり合うだけで、続いてさえいるなら、いつかは大樹になる。


盲腸の手術をしたときのこと、隣のベッドに高校生がいたのですが、彼がすぐに痛いだの、のどが渇いただのと言っていたので、私は「何を甘えているんだ。俺なんて今手術してきたばかりだけど、もう跳ぶことすらできるぞ」なんて説教しりて、実際にジャンプしてみせたのです。あとで傷口が痛んで大変でしたが……(笑)。それから30年ほど経ったある日のこと、なんとそのときの高校生から突然電話がかかってきたのです。「あのときの教訓が身に染みて、今ではおかげさまで会社の部長にまでなれました」と。私の生き方が少しでもいい影響を与えられたのかと思うと、嬉しかったですね。


先日、アブダビ行きの飛行機に乗ったときのことです。隣に座った乗客が、ノートパソコンの画面を見ながらしきりと手を動かしている。画面がチラッと眼に入ったのですが、どうやら手術の様子を収録した映像のようでした。その人はおそらく外科医で、10時間以上のフライト中ずっと、手術のシミュレーションをしていたのです。圧倒されましたね。こうした向上心があれば、人間はいくつになっても成長し続けることができるのではないでしょうか。


責任感から休むわけにはいかない、ということもありました。アフリカロケに行った矢先にウシに激突され、ろっ骨を折ってしまったことがあるのですが、ここでロケをやめてしまったらスタッフ全員に迷惑をかけ、金銭的な損失も膨大になってしまう。痛くてもごまかすしかないと、自分でテーピングをして1か月のロケをやり切りました。日本に帰ってしばらくして、どうも呼吸をするとき変な音がするなと病院に行ったら、ろっ骨が変な方向に曲がってくっついてしまっていました。あるいは、アマゾンロケに行く直前に馬に足の小指を踏まれてしまい、小指が親指と同じくらいまで腫れ上がってしまったこともあります。3サイズくらい大きな靴を用意して、なんとか足を入れて、ロケに出かけました。


畑正憲(ムツゴロウ)の経歴・略歴

畑正憲、はた・まさのり。ムツゴロウさんの愛称で知られる日本の動物研究家。小説やエッセイを数多く執筆し、多くの作品を残す。また、世界中を旅し、ナチュラリストとして動物たちと触れ合った。日本エッセイストクラブ賞、菊池寛賞を受賞している。

他の記事も読んでみる

兒玉圭司

卓球の試合中も、ラリーの間は極限まで集中しますが、いったんラリーが終わってボールを拾いに行く間は、体の力を抜いてリラックスさせます。仕事も同様で、前の仕事の緊張を引きずったまま次の仕事に移っても、なかなか集中できません。でも、いったんリラックスする時間を挟み、それから次の仕事に取りかかれば、ものすごい集中力を発揮できます。


ジェイ・エイブラハム

私はビジネススクールどころか、そもそも高等教育を受けていません。基本的に私は、定期的に決まったサラリーをもらうという仕事をしてきませんでした。だれもそういう仕事を私にくれなかったのです。おのずと私の仕事のスタイルは当初から成果報酬という形が主となったのです。企業家が私を信頼して販売を依頼する。実績が上がれば、そのうちの何パーセントをもらうという形です。ありがたいことに、成果報酬の仕事をしていますとひとつの会社に縛られず、工夫次第で数社と掛け持ちで仕事ができました。ずっとひとつの業界にいては、今のような仕事にはなっていなかったでしょう。


ティム・コラー

指摘しておきたいのは投資のコストにもっと注意を払うことだ。ファンド(投資信託)のマネジャーや投資アドバイザーに支払っている報酬の額にもっと敏感になった方がいい。購入した投信が市場平均を上回る運用成績を上げたとしても、リターンの多くが高い報酬の支払いに消えてしまっては元も子もない。


茂木友三郎

民間と政府の両方が、それぞれの立場で最善を尽くすことで、日本経済のさらなる成長につながる。


土田晃之

僕は「飲み会に行かない」を貫きましたが、「徹底して行く」というのもアリです。行ったり行かなかったり、中途半端にブレるのが一番評価が悪い。


久野康成

起業するにあたり、重要なことは確信です。自分が成功するという確信を持った経営者に迷いは生じません。行動したくて居ても立ってもいられない状態になるものです。起業家に迷いは不要です。迷っている時点で、起業家としては時期尚早と言えるかもしれません。


小池百合子

トップが率先して範を示すことは、組織を動かすための絶対条件。自ら範を示しつつ、改革を確実に前へ進める。


宮田拓弥

日本のCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)は、シリコンバレーに来ても日本人がいるところばかりにいってしまう。しかし、トップクラスの起業家には、なかなかそこで出会うことはできません。本当に優秀な起業家と出会いたければ、日本人がいないところにいかないと駄目。


松田憲幸

メールの返事にしても、夜中の3時に来たメールに3時1分に返信したら、相手は驚くはずです。事業についても同様で、お客様が予想している以上の速さで新商品を出せば、世の中に驚きを与えることができる。いい意味で、サプライズを与えることができるのが、スピードの効用だと思います。


楠本修二郎

経営する上では、組織をパズル型ではなく筋子型にしていこうと思っています。筋子は形がバラバラですが、同じDNAを持ったイクラはいます。そしてイクラは一粒一粒がとても美味しい。そういう筋子のよっな組織を目指しています。