畑正憲(ムツゴロウ)の名言

畑正憲(ムツゴロウ)のプロフィール

畑正憲、はた・まさのり。ムツゴロウさんの愛称で知られる日本の動物研究家。小説やエッセイを数多く執筆し、多くの作品を残す。また、世界中を旅し、ナチュラリストとして動物たちと触れ合った。日本エッセイストクラブ賞、菊池寛賞を受賞している。

畑正憲(ムツゴロウ)の名言 一覧

つまらない規制をするから歪みが出てくるのだと思う。


無理のしすぎは禁物ですが、細かいことを気にしすぎるべきではない。人間の気力や生きる力というものを馬鹿にしてはいけない。


好奇心や学ぶ力はまったく変わっていません。たとえば私は60代になってから、新たにポルトガル語の勉強を始めました。この一月にもアマゾンに一人で行ってきたくらいです。


ロケから戻ると締め切りが待っているので、常に緊張した状態が続いていました。緊張感は人の免疫力を高めるようで、この50年、一度も風邪すら引いたことがありません。


最近は「ひとつの正義」といいますか、自分の考えを一方的に押しつけようという人が目立つように思います。その正義を自分の中にしまっておくならいいのですが、「俺が信じていることをあいつはやっていない、だからおかしい」と考える人が増えていますよね。私はそれを「民主主義の害毒」と呼んでいます。


私は飛行機や車の中ではどうしても文章が書けないもので、飛行機の待ち時間や現地での空き時間が貴重な執筆のチャンスでした。空港の片隅で原稿用紙を広げたり、人里離れた明かりのない村では、懐中電灯をガムテープでつるして原稿を書いたり。


いつも平静でいることの大切さはある意味、動物たちに教わったとも言えます。生き物と接していると、ゾウに振り回されて骨にひびが入ったり、ライオンに咬まれたり、いろいろあるわけです。でも、そんなときほど平気な顔をして、「おお、咬んだか。よしよし」と頭をなでる。弱みを見せれば、その瞬間に攻撃してくるからです。


一目惚れの段階を過ぎ、恋愛といわれるようになったら、維持するための不断の努力が必要である。絶えず肥料をほどこさない愛は枯れてしまう。恋は一粒の種子。気まぐれと偶然が、黒い土の上に置いた種子であろう。それを育てる太陽や風や雨は、ごくささいなつまらぬ行動である。互いにかわすささやきや、指の触れ合いや、視線の交差。生きていてほんのちょっとぶつかり合うだけで、続いてさえいるなら、いつかは大樹になる。


盲腸の手術をしたときのこと、隣のベッドに高校生がいたのですが、彼がすぐに痛いだの、のどが渇いただのと言っていたので、私は「何を甘えているんだ。俺なんて今手術してきたばかりだけど、もう跳ぶことすらできるぞ」なんて説教しりて、実際にジャンプしてみせたのです。あとで傷口が痛んで大変でしたが……(笑)。それから30年ほど経ったある日のこと、なんとそのときの高校生から突然電話がかかってきたのです。「あのときの教訓が身に染みて、今ではおかげさまで会社の部長にまでなれました」と。私の生き方が少しでもいい影響を与えられたのかと思うと、嬉しかったですね。


先日、アブダビ行きの飛行機に乗ったときのことです。隣に座った乗客が、ノートパソコンの画面を見ながらしきりと手を動かしている。画面がチラッと眼に入ったのですが、どうやら手術の様子を収録した映像のようでした。その人はおそらく外科医で、10時間以上のフライト中ずっと、手術のシミュレーションをしていたのです。圧倒されましたね。こうした向上心があれば、人間はいくつになっても成長し続けることができるのではないでしょうか。


責任感から休むわけにはいかない、ということもありました。アフリカロケに行った矢先にウシに激突され、ろっ骨を折ってしまったことがあるのですが、ここでロケをやめてしまったらスタッフ全員に迷惑をかけ、金銭的な損失も膨大になってしまう。痛くてもごまかすしかないと、自分でテーピングをして1か月のロケをやり切りました。日本に帰ってしばらくして、どうも呼吸をするとき変な音がするなと病院に行ったら、ろっ骨が変な方向に曲がってくっついてしまっていました。あるいは、アマゾンロケに行く直前に馬に足の小指を踏まれてしまい、小指が親指と同じくらいまで腫れ上がってしまったこともあります。3サイズくらい大きな靴を用意して、なんとか足を入れて、ロケに出かけました。


畑正憲(ムツゴロウ)の経歴・略歴

畑正憲、はた・まさのり。ムツゴロウさんの愛称で知られる日本の動物研究家。小説やエッセイを数多く執筆し、多くの作品を残す。また、世界中を旅し、ナチュラリストとして動物たちと触れ合った。日本エッセイストクラブ賞、菊池寛賞を受賞している。

他の記事も読んでみる

佐藤綾子(心理学者)

非言語表現は、言葉の持つ力を覆すほどの効果がある。


島田雅彦

斜に構えて愛情や評価を伝え合うコミュニケーションも、いまは通じにくい。そんなにナイーブでよく小説なんて書けるな、という人がいますね。作家として真面目なのはいいけれども、可愛がったつもりで発したメッセージを正反対に受け止められることもありましたから。


ゲーテ

お前の本当の腹底から出たものでなければ、人を心から動かすことは断じてできない。


嶋津良智

一般的にコミュニケーションは時間よりも回数が重要だと言われています。たとえば60分1回、膝をつきあわせて話し合うより、10分の軽い面談を6回やったほうが関係は深くなります。上司は、毎日少しずつでいいから部下と直接顔を合わせて会話をする機会をつくるべき。継続していけば、そのうち部下も本音を漏らすようになるでしょう。


山本一成

人間は何かを目にしたとき、そこに意味を感じて物語として理解しようとする。しかし人工知能は「物語」に縛られません。これまでの常識から外れていようと、相手の意図が見えなくても、ゴールに向かい冷徹なまでに突き進む。だから人間を超えられるんです。


林野宏

消費者は見ていますよ。どこが真剣に消費者のことを考えていて、どこが真似しているだけなのかを。


大久保幸夫

がむしゃらに働けばいい二十代と遠い、三十代は道を定め、安定して仕事をしていくことが必要になります。そこで大切なのが、「上手に手を抜く」こと。このときに20代のがむしゃらに働いた経験が生きてきます。すべてに全力ではなく、任せられるところは人に任せ、余裕があるのなら、無理せず一日休むなど、周りからはそれとわからないように手を抜いて調整する力は、20代に力を出しきった経験があってこそ生まれるもの。そしてこの力は次第に高度な仕事が増える半面、体力的には衰えがみえる30代には欠かせないものです。それによって、高すぎず低すぎず、自分のモチベーションを一定の高さにキープし続けることができるのです。


マックス・ヴェーバー

政治の本質は権力である。政治、すなわち手段としての権力と強制力に関係する人間は、悪魔の力と契約を結ぶものである。


パスカル

優しい言葉をかけるのには、お金も時間も要りません。にもかかわらず、優しい言葉は多くのことをなし得ます。


長谷川閑史

企業がどんな人材を求めているかを理解してほしいのです。これからの日本企業は海外で稼がないといけない。だから英語なんて当然必要なんです。
【覚書き|学生たちを前に語った言葉】


アレックス・ゴルスキー

新しい分野の基礎研究を外部と共同で進めれば、複数の視点から洞察するため、ユニークなアイデアが出てくる確率が高くなる。そのアイデアをすくい上げて、今度は我々の開発チームが実際の医薬品へと仕立てていく。そこにオープンイノベーションの大きな可能性を感じています。


オグ・マンディーノ

もしあなたの求めているものが、仕事ではなく、豊かに時を過ごすための余暇であるなら、勇気を奮い起こして行動しなさい。行動すればするほどもっと行動できるようになり、忙しくなればなるほどますます多くの余暇を楽しめるようになる。


大山健太郎

毎年、私は新入社員にこんな話をします。「学校ではできなくても知っていればいい成績をもらえたでしょうが、社会人では、できるか、できないか、が大事になります。できない限りは評価されません」と。


竹中半兵衛

要害がいかように堅固であっても、人の心が一つでなければものの用をなさない。
【覚書き|要害=堅固な城塞。】


青木定雄(兪奉植)

私が10台の車と24人の運転手でタクシー会社を始めた1960年ごろは、タクシーの運転手のマナーが悪く、お客様の方が低姿勢だったくらいでした。何とかサービスの質を上げなければならない。それにはまず挨拶をきちんとさせなければならないと考え、私は毎朝一番に出社してガレージを回り、社員一人一人に「おはよう」と声をかけました。最初は誰も返答してくれませんでした。ようやく言葉を返してくれるようになったときは、ずいぶん月日が経っていました。


ページの先頭へ