名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

畑山浩昭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

畑山浩昭のプロフィール

畑山浩昭、はたやま・ひろあき。日本の教育者。「桜美林大学」学長。鹿児島県出身。桜美林大学文学部卒業、ノースカロライナ大学シャーロット校大学院修士課程修了、ノースカロライナ大学グリーンズボロー校で文学博士号を取得、マサチューセッツ工科大学スローンスクールでMBAを取得。公立高校英語教師、ノースカロライナ大学日本語教師、桜美林学園学園長補佐・国際センター長、桜美林大学教授・副学長などを経て学長に就任。

畑山浩昭の名言 一覧

知識が増えれば増えるほど、これまで制限されていた自分の可能性を広げることができるだろう。


私たちは知らないことや分からないことがあると不安になって、手も足も出なくなって立ち止まってしまう。でも、分かることが増えてくると次に進むことができる。


もちろん、何もしなければ何も起こりませんけど、やはり、今与えられたことを一所懸命やっていけば、必ず何か道は開かれていくと思うんですよ。


どんな仕事であっても、人は何かのことで人に貢献しながら生きている。だったら、学生諸君は何をもって社会に貢献していくのか。学生たちにはそれを大学生活で見つけていってほしいと思いますし、我々はそれを見つけるための場を提供したいと思っています。


大学というのは、人間が考えうるあらゆる学問を準備して、それぞれの専門家がいる。だから分からないことがあったら専門家に聞けばいい。


たとえば、自分が英語を勉強していたら、ある時、その国の文化に興味を持ったと。異文化に興味を持って調べていったら、今度はその国の政治が知りたくなった。だったら政治の勉強をすればいいわけで、そうやって学びの可能性を広げていくのが学群制の特徴ですね。


本学の学生は高校までは確かにのんびりしていたのかもしれないが、ポテンシャルは高い。だからポテンシャルに火を点ければ個々の能力は必ず花開く。そのための気づきの場を与えたい。


今まではあらかじめ設定された知識や技術を学べばそれで良かったのかもしれない。でも今は個々の知識と社会課題とを組み合わせることによって、自ら課題解決のためのソリューションを出していく時代。本学はソリューションを見つけていくための教育体系を整備してきた。


MIT(のビジネススクール)では4人ずつのチームをつくって勉強するんですけど、私のチームがサウジアラビアのオイル会社の営業マン、ファイナンスの仕事をしているスペイン人、マーケティングの仕事をしているブラジル人と一緒だったんですね。だから、それぞれの分野のスペシャリストが一人ずついたので、お互いに協力して勉強をしていくのは、とてもいい経験になりました。


本学は学部制ではなく、学群制を採用しています。学群制というのは、専攻としての必修科目はあるものの、特定の分野だけではなく、隣接した分野も広く学ぶことができるんです。私が学生の時もそうでしたが、今の学生たちを見ていると、高校生の頃になりたかったものって結構変わってきますよね。大学に入ってからも変わるし、卒業してからも変わると思うんですよ。だから、がっちりと4年間のカリキュラムを固定して勉強するのではなく、各学群の持つ専門科目の中から、自分が興味のあるものを選択して、自分の学びの形をつくっていってほしいと考えたんですね。


よく日本でも「国際大学」と称する大学が沢山ありますよね。ところが、ふたを開けてみると、日本人の学生だけを対象にし、日本人学生に英語教育を施して、留学させて国際人にするというケースが多いんですよ。本学は創立者が中国で学校をつくった時から、どんな国の人であろうと一緒に勉強しましょうという考えで来ましたので、それが桜美林流の国際教育だと考えています。もちろん、海外からの留学生も呼び込むし、日本からも留学させる。常時700~750名くらいの留学生を受け入れていて、やはり創立の背景がありますので、今は中国からの留学生が一番多いです。そういうことで、我々はあまり日本人だけのための学校にする気はなくて、日本にある国際大学として世界から人々が集まってくる学びの場にしたいのです。


畑山浩昭の経歴・略歴

畑山浩昭、はたやま・ひろあき。日本の教育者。「桜美林大学」学長。鹿児島県出身。桜美林大学文学部卒業、ノースカロライナ大学シャーロット校大学院修士課程修了、ノースカロライナ大学グリーンズボロー校で文学博士号を取得、マサチューセッツ工科大学スローンスクールでMBAを取得。公立高校英語教師、ノースカロライナ大学日本語教師、桜美林学園学園長補佐・国際センター長、桜美林大学教授・副学長などを経て学長に就任。

他の記事も読んでみる

樋口武男

社員が働きやすく、お客様を向いて働けるような至極当たり前の環境をつくらなければなりません。そしてそのような環境を生み出すのは、リーダーの責務。


小田豊(経営者)

当社が求めている人材は勤勉な人です。勤勉であれば、仕事の手を抜くことがありません。性格が明るいか、暗いかは関係ありません。


斉藤惇

複眼でものを見よ。


笹氣健治

相手の判断の先取りをやめるには、「相手がどう判断するかは相手次第で、自分ではどうすることもできない」と考えるようにしてみてください。仕事を断ったり頼んだりしても、非難されないかもしれません。それにどんなに頑張っても相手の期待に沿えなければ非難されることもあるものです。


金丸恭文

当然、チャンスを与えれば、一定の失敗と一定の成功が出てきます。でも失敗したとしても、最初なら小さな失敗で済ませることができます。そして成功すれば、次にもっと大きなチャンスを与える。そうやって、今の実力以上の仕事を任せることで、個人のスキルやノウハウがストレッチされていく。その繰り返しです。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

僕自身、これまでいろいろ新しいことに挑戦してきましたが、結果だけ見ると7割くらいのプロジェクトは、結局、お金にならなかったり、商品化できなかった。だけど、僕にとっての「成功」の定義は、次の選択肢が増えることなんです。たとえ無償でも、新しい人脈や新しいスキル、新しい可能性が生まれるなら、それはもう成功だと思っています。


長嶋由紀子

上司からは「通い続ければ、いつか話を聞いてくれる」と言われましたが、私は「それは過去の経験則であって、ほかのやり方もあるんじゃないか」と考えました。そこで、飛び込み営業お断りの会社で、人材は積極的に採用している企業をリストアップし、最新のリクルーティング事情をまとめた資料に手紙を添えて送りました。3回ほど送り、相手がもっと情報が欲しいと思いはじめることに始めて電話をかけ、追加の資料をお持ちしたいと話すと、それまで接点のなかった会社でもアポが取れました。ただ名刺を配って歩くよりも効率的だし、確実に成果があがります。


福留大士(経営者)

お客様のビジネスのことをまず考え、課題があれば必要な技術を投入して解決していきたい。


マイク・マクナマラ

足元では顧客の多様化を加速しています。EMS(電子機器の受託生産)は一部の大手メーカーに依存しがちで、1社の業績の変化に売上高が連動するリスクが高いことが課題でした。現在の実績を見ると、上位10社の顧客が売上高の46%を占めており、1社で10%を超える顧客はいません。スタートアップのような小さなビジネスを増やしていきたい。


青木仁志

企業の礎が、経営理念にあることは論をまちません。うちの会社は何のために存在するのか。なぜこのビジネスを行なっているのか。経営者が掲げる経営理念こそが、会社の存在理由であり、事業活動を行なう根本的な動機です。この経営理念と社員一人ひとりの人生の目的や使命感がうまく噛み合い、企業が目指すビジョンと個人の自己実現の方向性が一致すれば、組織は個人の成長を支援し、個人は組織の発展の原動力となって、ウィン・ウィンのサイクルが回っていく。これが私の考える「人が育つ会社」のあり方なのです。


宇佐美進典

私がサイバーエージェントの役員を務めていた時、同社と弊社の違いについて考えました。そして、サイバーエージェントは企業文化に強みがあると気付いたのです。自社をより良くするには、良い文化を醸成する必要があると感じ、人材育成や企業文化の醸成に責任を持つCCO(チーフ・カルチャー・オフィサー)という役職も設置しました。


眞保智絵(鳥海智絵)

リーダーとしてすべきことはたくさんありますが、いろいろな人に活躍してもらう仕掛け作りをして、社員一人ひとりの多様性を生かしながら、1つの方向に向かって進むことができる組織を作っていきたいですね。