名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

町田公志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

町田公志のプロフィール

町田公志、まちだ・ただし。日本の経営者。「SGホールディングス」社長。宮城県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、リクルート、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)取締役・常務・社長、SGリアルティ社長、SGホールディングス取締役などを経て社長。

町田公志の名言 一覧

株価は、企業のバリュー(価値)がフェア(公正)に評価された結果ですよね。そのフェアバリューが高まれば周囲からも魅力のある会社だと認識され、優秀な人材を引き付けることができます。そして将来、いつか大事なタイミングが訪れた時に、そのバリューを使えるようになりたいと思っています。


社会の公器として評価を受けるために、我々は真摯に事業活動に取り組んでいかなければなりません。「誰が」ではなく、私も含め全社一丸となって、全てのステークホルダーにとってフェアな会社になっていきたい。


我々は上場した際の目論見書で、営業利益率は業界の中では高い方だと説明しています。ただ、全産業の中では決して高くはありません。妥当な水準がどこにあるのか、努力して探していきたいと思います。


我々はおごってはいませんし、至らないところがたくさんあることもよく分かっています。時間通りに届かないというお叱りも受けますし、荷物の破損もないわけではありません。だからこそ、我々はお客様に評価していただけるサービスを維持し、作っていこうと努力しています。その結果が、運賃に反映されていくのではないでしょうか。


私はリクルート傘下にあった不動産会社コスモスイニシアの社長をしていました。私はそこで、不動産の価値が世の中の流れ次第でふっと上がってすとんと落ちるということを経験し、価値をフェアに認識することの大切さが身にしみています。そのため、フェアバリューがいろいろなところで活用される社会になってほしいというのが私の信条です。


まずは従業員にきちんと利益の配分ができて、株主の皆様にも満足していただける配当を出せる利益水準にしたい。どこが適正水準なのかというのは非常に難しい議論です。競争の中で運賃が高すぎれば恐らく選ばれなくなって、私どもは苦しむことになるでしょう。一方、(安い運賃で)従業員を泣かせながら商売をするわけにも、株主に迷惑をかけるわけにもいきません。適正運賃はマーケットの中で自然に決まってくると思います。


(SGホールディングスは)新たな資金需要があるから上場したのではありません。上場は当社にとって重要なステップだと考えています。我々は、アジアを代表する総合物流企業グループになることを目指しています。社会のインフラを担うという自覚を強く持ちながら成長していくためにも、社会の中での自分たちの立ち位置をしっかりと見ていける会社になりたいと思っています。そのために、株式を上場させ、株価を通じて毎日のように通知表を頂くことが大切なのです。


町田公志の経歴・略歴

町田公志、まちだ・ただし。日本の経営者。「SGホールディングス」社長。宮城県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、リクルート、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)取締役・常務・社長、SGリアルティ社長、SGホールディングス取締役などを経て社長。

他の記事も読んでみる

分林保弘

中小企業の経営者の悩みは日頃から接点のある会計事務所に持ち込まれることが多い。そこで会計事務所をネットワーク化。後継者問題はM&Aによる解決が可能だとクライアントに提案してもらい、日本M&Aセンターを紹介する仕組みをつくりあげました。今ではこのネットワークは地方銀行や信用金庫にも広がっていますし、当社の最大の武器となっています。


有馬頼底

精神を安定させ、何事もなく静かに日々を過ごす秘訣は掃除です。掃除は、物をきれいにするという意味があります。確かにそれはそうなんだけど、本当の掃除とは、自分の心を清め、平静に務めることです。掃除から始めてみませんか。


本間宗久

米段々下げ、上方相場替わること無く、諸国並びに最上払い物沢山の風聞、人気も揃い弱く、何程下がるも知れ難く、我が考えも弱かるべしと思う節、 心を転じ買いに入るべきなり、この思い切り、海中へ飛び入る心持ち、はなはだ成りにくきものなれども、其の節疑いの気を生ぜず買うべし、極めて利運なり。 下げと見込む時、思い入れの通り下がるものなれば心易きものなれども、人気下がると片寄る時、かえって上げるもの故、考えに及ばざるなり。上げも同断、す なわち海中に飛び込む心待ち、極意なり。


久住昌之

「入ってみて嫌な店だったな」というのはあるかもしれないけど、そんなときは嫌な店に入っちゃった自分自身が面白い。どれもおいしくなかったら、その中でも何がおいしいんだろうとか、どうやったらおいしく食べられるのかとか考えます。ただ、店に入る前にすごく考えるから、どの店も大体良いんですよ。


中原伸之

日本工営の社外取締役になったいまも、経営改革などについて積極的に発言しています。社外取締役がお飾りになってしまっては、何の意味もありません。


法華津寛

月1回は米国、月2回は国内出張をしていましたから、その間の練習や馬の面倒は馬術トレーナーの経験がある、信頼できる方にお願いしました。家族や会社の部下も含め、人の助けがなければ、仕事と競技の両立は無理だったでしょう。


野口吉昭

「いつか海外に行くから英会話をマスターしたい」といった漠然とした目的・目標のままでは最適な勉強法は見えないし、途中で目的を見失って挫折します。「2年後にMBA留学するために、半年後のTOEFLEで900点を取りたい」というように目的を明確にしてこそ、なにをどれだけ勉強すればいいのかが導かれ、途中で迷っても目的に立ち返って、再び目標に向かって前進できます。


森伸介(経営者)

当社では、社員一人ひとりの個性やアイデアを大切にしています。「頭で描いたものを言葉に、言葉にしたものを字に、字に書いたものを形に」ということを社員に伝え、より良い製品づくりのためのアイデア創出を促しています。


風間八宏

40代になって思うのは、「40代って楽しいな」ということ。これまで一緒に頑張ってきた仲間が決定権をもつポジションに就くようになったので、「これをやりたいな」と思うと、実現することが増えたんです。ビジネスの世界でも、30代のとき、目の前の仕事に必死に取り組んだ人には、きっと楽しい40代が待っているんじゃないでしょうか。


大西洋

私は社長になったいまでも、店舗を見回る際に思わず、接客に夢中になってしまうことがあります。百貨店の仕事の面白さは、なんといっても目の前のお客様に喜んでいただけることに尽きます。どんなに疲れていても、店頭に立つと元気が出てくる。この気持ちは、業界に入ってから今日まで、変わらずに持ち続けてきました。


中嶌武夫

ナカリングループの理念は、三者鼎立(ていりつ)の原則です。お客様と会社と社員が三者等しく共に、どこにもかたよらず、本当に喜び満足を感じるようにすることこそが商売なのです。


岩田松雄

飛び込んで打球をキャッチして、ユニフォームを泥だらけにしている野球選手はたしかに頑張っているように見えますし、ファインプレーだと称賛を受けることもあるでしょう。一方、本当にうまい選手は最初から打球がきそうな位置に守備位置を取っている。そして簡単に捕球してヒョイと送球する。これはファインプレーには見えません。つまり、本当にできる選手にはファインプレーはないのです。