名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

町田公志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

町田公志のプロフィール

町田公志、まちだ・ただし。日本の経営者。「SGホールディングス」社長。宮城県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、リクルート、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)取締役・常務・社長、SGリアルティ社長、SGホールディングス取締役などを経て社長。

町田公志の名言 一覧

株価は、企業のバリュー(価値)がフェア(公正)に評価された結果ですよね。そのフェアバリューが高まれば周囲からも魅力のある会社だと認識され、優秀な人材を引き付けることができます。そして将来、いつか大事なタイミングが訪れた時に、そのバリューを使えるようになりたいと思っています。


社会の公器として評価を受けるために、我々は真摯に事業活動に取り組んでいかなければなりません。「誰が」ではなく、私も含め全社一丸となって、全てのステークホルダーにとってフェアな会社になっていきたい。


我々は上場した際の目論見書で、営業利益率は業界の中では高い方だと説明しています。ただ、全産業の中では決して高くはありません。妥当な水準がどこにあるのか、努力して探していきたいと思います。


我々はおごってはいませんし、至らないところがたくさんあることもよく分かっています。時間通りに届かないというお叱りも受けますし、荷物の破損もないわけではありません。だからこそ、我々はお客様に評価していただけるサービスを維持し、作っていこうと努力しています。その結果が、運賃に反映されていくのではないでしょうか。


私はリクルート傘下にあった不動産会社コスモスイニシアの社長をしていました。私はそこで、不動産の価値が世の中の流れ次第でふっと上がってすとんと落ちるということを経験し、価値をフェアに認識することの大切さが身にしみています。そのため、フェアバリューがいろいろなところで活用される社会になってほしいというのが私の信条です。


まずは従業員にきちんと利益の配分ができて、株主の皆様にも満足していただける配当を出せる利益水準にしたい。どこが適正水準なのかというのは非常に難しい議論です。競争の中で運賃が高すぎれば恐らく選ばれなくなって、私どもは苦しむことになるでしょう。一方、(安い運賃で)従業員を泣かせながら商売をするわけにも、株主に迷惑をかけるわけにもいきません。適正運賃はマーケットの中で自然に決まってくると思います。


(SGホールディングスは)新たな資金需要があるから上場したのではありません。上場は当社にとって重要なステップだと考えています。我々は、アジアを代表する総合物流企業グループになることを目指しています。社会のインフラを担うという自覚を強く持ちながら成長していくためにも、社会の中での自分たちの立ち位置をしっかりと見ていける会社になりたいと思っています。そのために、株式を上場させ、株価を通じて毎日のように通知表を頂くことが大切なのです。


町田公志の経歴・略歴

町田公志、まちだ・ただし。日本の経営者。「SGホールディングス」社長。宮城県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、リクルート、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)取締役・常務・社長、SGリアルティ社長、SGホールディングス取締役などを経て社長。

他の記事も読んでみる

大塚寿

何をやれば相手が喜んでくれるかは、お客様によってまったく違います。相手のことをよく知っておかなくてはいけません。


梅原勝彦

苦労知らずの社員にこのままあとを任せたら、間違いなく会社はジリ貧、下手をしたらつぶしてしまう。そこで、創業のころのように、ユーザーを一軒ずつ開拓して利益を出す意識を植えつけてから辞めようと考えたのです。


伊藤謙介

厳しく言うけど褒めるときは褒める、というのが大切で、ガミガミ言わないけど褒めもしない、というのでは、リーダーは務まりません。


エピクテトス

快楽に抵抗する人は賢者。快楽の奴隷になるのは愚者。


生月誠

状況の好転がすぐには望めない中でも、心の平穏を保ち、少しでもラクな気持ちですごせる術はあるのです。悩んでいるときは、身体が硬く、緊張状態にあり、不眠や食欲不振などの症状を引き起こします。心の悩みを解消するのではなく、まずは、身体の緊張を解きほぐし、「リラックス」することがもっとも重要なのです。


鳥越淳司

全体の売上構成比を考えれば、数%しかないG(ガンダム)とうふシリーズで失敗してもたかが知れています。実際、様々なコストを考えると、同シリーズのみでは赤字だったりします。けれども、世の中で話題になったことで、相模屋の認知度は一気に高まりました。これにより、他の商品の売り上げが引き上げられています。期待は全くしていませんでしたが、結果として、全体の売り上げアップにも貢献しています。


野村克也

俺は「恥の意識」を「プロ意識」と同義だと思っている。当たり前のことができない野球選手は、恥ずかしいことに他ならない。しかし、そんな時に「恥ずかしい」と思えることもまた、大事なプロの条件。例えば試合でミスをした時。心底、恥ずかしいと思った人間は、次の策を練るもんだからだ。


高殿円

今の世の中って、受動的であることが悪みたいに言われるでしょう。ほんとにそうかな、って思うんです。「こうやってください」と言われ、それを120%にして返すことって、すごく大事な仕事だと思うんです。


塚越寛

会社を強くするものは何か、経営者としてずっと考えてきました。出た答えは、「社員のやる気を引き出すこと」でした。やる気を引き出すことさえできれば会社は強くなります。


可児武夫

日米の文化の違いは大きいですね。とくに顕著なのは、リスクに対する考え方です。日本ではリスクを取らずに現状に満足する風潮があります。銀行界では、護送船団行政の枠組みの中でみんなが仲良くしていれば大丈夫という時代が長く続きました。


吉田たかよし

どんなに自信がない人でも、一生懸命に考えれば、長所の1つや2つは見つかるものです。普段は気にも留めない自分の長所をしっかりと意識することで、心をポジティブな状態に変えられる。


デービッド・アーカー

説得力、専門知識、大局観など、CMO(最高マーケティング責任者)に求められる資質は非常にたくさんあります。人柄も重要です。組織の風通しを良くすべく、社内に敵をつくらないようにしなければならないし、好き嫌いで人を異動させたりするなどご法度です。新時代のCMOに求められる役割は、マーケティングの専門チームを率いる企業の変革の担い手です。