名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

町村敬貴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

町村敬貴のプロフィール

町村敬貴、まちむら・ひろたか。明治生まれの農場経営者、国会議員。北海道出身。札幌農学校(のちの北海道大学)を卒業後、米国に留学し10年間現地の牧場で働き、米国の最新酪農について学ぶ。滞米中にウィスコンシン州立農科大学を卒業。その後帰国し、江別に近代的な牧場を開き、北海道酪農の振興に務めた人物。同牧場は北海道の牧場のモデルケースとなり、多くの牧場に影響を与えた。貴族院、衆議院議員も務めた人物。

町村敬貴の名言 一覧

米国人の牧夫は体格も立派で馬力もあるし、手も熊手のように大きく指も太い。もちろんそのころはトラクターや便利な農機具などはないからすべて肉体労働だ。なにくそ、負けてなるものか。私は彼らに伍して激しい労働の真っただ中に飛び込んだ。とくに外国人、いやその村の唯一の日本人だけに、むしろ辛い仕事をかってでた。
【覚書き|牧場経営を学ぶために米国の牧場で働いていた時期を振り返っての発言】


弟の金五(北海道知事)と18歳も開きがあるが、金五の方が兄に見えるらしく、しばしば間違えられる。「兄貴は好きなことばかりやってきたから歳をとらないのだ。知事ともなると、八方から攻められて、自然としわが増える」と、弟はときどきくさる。


仕事は本当につらかったが、気持ちは苦しくなく、むしろ愉快だった。俺はこういう苦労をしにわざわざ米国にやってきたのだ、という信念があったからである。
【覚書き|牧場経営を学ぶために米国の牧場で働いていた時期を振り返っての発言】


年配の経験者の話が一番役に立つ。これが私の体得した勉強法だった。主人の知識はどんらんに学び取ったかわりに、私は主人の命令なら二つ返事で一切引き受けた。最後には「自分を米国のパパと思え」と言ってくれるようになり、親子の愛情と変わらぬようになってしまった。
【覚書き|牧場経営を学ぶために米国の牧場で働いていた時期を振り返っての発言】


私は米国の牧場で働くのは金のためではない、牛の知識さえ吸収すればよい、そのためにはどんな苦労でもするという気持ちだったが、この気持ちが次第に主人に通じてきた。だから私が根ほり葉ほり聞いても、親切によく教えてくれた。
【覚書き|牧場経営を学ぶために米国の牧場で働いていた時期を振り返っての発言】


はたしてここで牧場を経営しても成功するかどうか皆目わからない。ずいぶん乱暴なことをしたものだが、私は私なりに肚が座っていた。十年間米国で学んできたものがバック・ボーンになって、自信と勇気があれば必ずできると考えていた。


泥炭地での牧場経営は、私だからできたのだと思う。私には十年間の米国での知識があり、国内だけの知識だったら必ず失敗しただろう。


土地は土とはいえない泥炭地、札幌の人たちは「あんなところで牧場ができるものかな」と危ぶんだ。しかし、私には米国でなんでもやってのけてきた自信と勇気がある。理想の土地ではないとしても、とにかく牧場つくりにとりかかった。牧場は米国式の徹底した放牧式にした。そのころでは、北海道で放牧式の経営をすることは難しかった。いろいろ苦労もあったが、牧場に牛を放したことが意外に成功、仕事はどうやら軌道に乗ってきた。


20世紀初めごろの米国の農村もまだまだ素朴でのんびりしていた。娯楽といえばたまに小学校でダンスパーティーが開かれる程度。ところがパーティーに出席しても、私は女性と交際しようとせず、若いくせにもっぱら老人の仲間に入った。老人の体験談が一番役に立つからで、老人から畜産、酪農の話を聞いて勉強した。


私はやはり若い人たちに期待したい。私の単調な履歴をあえて紹介した目的のひとつは、若い人たちに読んでもらいたい。私の人生を参考に何かを汲み取っていただきたいからだった。とくに農村の若い人たちには、農業の機械化が進むといっても、精神を置き去りにした農業は成功しないことを伝えておきたい。


札幌農学校(のちの北大農学部)に入学した私は、牧場の近所の一間を借り、朝と晩、つまり登校前と帰宅後は必ず乳搾りをした。普通の学生なら学校の近所に下宿、始業ギリギリまで寝ているものだが、私の生活は牛中心主義だった。


私は一介の牛飼いである。世間から見れば変わり者の一生かもしれない。しかし私は自分の履歴を悔いない。私は毎日、牧場で若者たちと一緒に働いているが、とにかく牛と接すると気分が爽やかになるのだ。この気分の爽やかになるというのは、昔の武芸で奥義に達したということに通ずるものがあると思う。牛に接したときの気持ちは、私の81歳の全生涯を通した結果なのである。


よい牛をつくるには、牛の好む草をたっぷり与えなければならない。そのよい草はよい土壌に育つというのが、私の「米国で学んだ心理」だ。つまり、牛、草、土の三位一体というのが酪農本来のあり方である。


町村敬貴の経歴・略歴

町村敬貴、まちむら・ひろたか。明治生まれの農場経営者、国会議員。北海道出身。札幌農学校(のちの北海道大学)を卒業後、米国に留学し10年間現地の牧場で働き、米国の最新酪農について学ぶ。滞米中にウィスコンシン州立農科大学を卒業。その後帰国し、江別に近代的な牧場を開き、北海道酪農の振興に務めた人物。同牧場は北海道の牧場のモデルケースとなり、多くの牧場に影響を与えた。貴族院、衆議院議員も務めた人物。

他の記事も読んでみる

用松靖弘

天ぷらは美味しく揚げるのが非常に難しい料理。チェーン展開するためには質を均一化する必要があるのですが、実際にはこれが非常に難しいのです。これが長い間、なかなか競合が増えなかった理由だと考えられます。


早川徳次

昭和24、5年の苦しさは私の骨身に徹した。こんなことは2度と繰り返したくない。普段からあらゆる場合に対処できるよう、石橋を叩いて渡る経営に踏み切ろうと固く誓った。【覚書き|戦後まもなくの頃、営業不振で銀行取引停止寸前まで経験した時を振り返った時の言葉。なんとか乗り切るも経営危機はつらい経験だったため、以後シャープは健全経営ひとすじで会社を切り盛りする体制が形作られた】


松下幸之助

志を立てるのに、老いも若きもない。そして志あるところ、老いも若きも道は必ず開ける。


粟津恭一郎

人から尋ねられたことが頭のなかに残って、その答えを探し続けたり、いろいろと発想を展開したりすることで、やがてその質問は内在化されます。上司から「今月の売り上げはいくらか」と質問され続けた部下は、売り上げばかりを考える部下になる。だから、部下とのコミュニケーションは、部下に「どんな質問を投げかけるか」という一点に集約できると思います。


牧野兼史

(本社が大阪なのは)関西出身ということもあるが、大阪で成功したいという思いがずっとあったから。ただ、私は当初から一人で東京で営業をしていた。事実、クライアントは東京の企業が多い。一方、エンジニアは大阪、名古屋、島根など、東京以外にもいる。


岩井克人

大学で教える者として学生に言い続けてきたことがあります。「本は2回以上、読まないと分からない」。最初読むときは、自分自身がその本に対して持っている先入観、またはその本の解説書などに書いてあることを確認するだけで終わってしまうことが多いからです。


宇佐美進典

業績がよくならないとき、ついコスト削減に走りがちです。当社でも何度かやったことがあるのですが、中でも社員に一番インパクトを与えたコスト削減策は「自動販売機の有料化」でした。実際コストは月30万円程度なんですが、「ここまでするなんて本当に会社が危ないのでは」と必要以上に社員の不安をあおってしまったんです。私としては正直「こんなことで?」と思いましたが、食べ物ってダイレクトに感じてしまいますから、モチベーションに直結したようです。


西村元延(経営者)

インドネシアには69年に現地法人を作り、71年に事業をスタートさせました。特に将来性を感じたので、技術提携ではなく、自前のヒト・モノ・カネを最初からつぎ込んだ本格進出でした。自ら市場を開拓するのは苦難が伴いましたが、振り返れば、それが市場開拓の成功要因になったと思っています。


野村克也

固定観念は悪。安直な判断ではなく、自分の目で見て、触って、自分の頭で判断することが肝要。


中山哲也

企業には社員が安心し、安定して働くことのできる職場を提供する義務があります。ですから、いくらITシステムだけ構築しても、働く人が面白いと思わなければ意味がない。


和地孝

テルモ再建にあたってやるべきことが山積みしている中で、まず着手した課題は企業風土改革でした。企業風土が悪いとどんなにいい戦略を立てても組織に浸透せず、経営改革は立ち行きません。企業風土を変えずにリストラだけして、前進させようとしても無理なんです。根本から変えなければ、テルモ再建はできないと思いました。


川上量生

ドワンゴで独立してネットゲームの世界から着メロを手がけた。大手はすでにいましたが、着メロ専業の会社はなかった。カラオケやゲームメーカーが「柱の事業を持ったうえで参入している」状況だった。専業で勝負すればイケるだろう、と踏んだんです。ようは僕は常に奇襲で裏をかく。それしかできないんですよ。