名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

田﨑史郎(田崎史郎)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田﨑史郎(田崎史郎)のプロフィール

田﨑史郎、たざき・しろう。日本のジャーナリスト、政治評論家。福井県出身。中央大学法学部法律学科卒業後、時事通信社に入社。政治部記者、政治部部長、整理部部長、編集局次長、解説委員長などを務めた。また、テレビのコメンテーターとしても活躍。

田﨑史郎(田崎史郎)の名言 一覧

どんなときもね、まじめにやってれば誰かがきっと見ていてくれて、拾ってくれるもんですよ。


40代半ばまでなら、たとえ失敗しても復活するチャンスは十分にあると思いますよ。人生、熱中できることさえ見つけられれば、何とかなるもんです。


取材のアポ取りも出演依頼を受けるのも1人でやっています。やはり自分で直に獲った情報じゃないと、見る人、聞く人には伝わりませんよ。これからも自分の足で取材します。


僕の性格上、ある瞬間「これは自分しかできない!」と思うと、見境がなくなるというか、目の前の壁が見えなくなっちゃうんですよ。


(会社で冷や飯を食わされて)以来、捨てられるのではなく、こちらが会社を捨ててやるという感覚になり、モノを書くことに専念するようになったんです。それまでは完璧な会社人間だったけど、会社以外に情熱を燃やせるものがないと、自分が潰れるなと。それが44歳のときです。


相手に食い込むために、心がけたのは、とにかく誘われたら、絶対に断らないこと。それがゴルフだろうと、なんであろうと。「今夜、空いてるか?」と言われたら、すぐに「はい!」と言ってついて行く。女房に「その日は約束してたのに……」と言われるのは、もうしょっちゅうでしたよ。


政治記者として一番難しいのは、やはり「どうやって相手に食い込むか」です。そのために、ほかの記者とは同じ場所で仕事をしないことを心がけました。たとえば懇談会では、政治家一人に対して十数人の記者がいるわけでしょう。それじゃ意味がなく、いかに一対一、一対二、三人ぐらいの形で話せるかが大事です。


テレビ出演は、やっぱり最初はうまくいかなかったんですよ。しゃべり出すと、1分半くらいずっとしゃべっちゃう(笑)。半年ぐらい経ってからは、新聞の見出しをつくるように、最初に大事なことをパッと言い、その中身を30秒くらいで話すというのが、やっと身についてきました。


いまは会社じゃなくて、国会記者会館に拠点を移しました。取材現場の近くに席を置きたいですからね。


(『小沢一郎との訣別』を書いたときに)一番厳しい対応だったのが会社です。懲戒免職の次に重い罰の「2週間の出勤停止処分」。復帰後も、まったく仕事のない時期が3年ぐらいあって、その後は整理部に移って8年ほど冷や飯を食らいましたよ。でもいい勉強になりました。組織というのは、過去にどれだけ実績があっても、一つのミスでバサッと切るもんなんだと。


テレビに出始めて少し経った頃、当時総理大臣だった福田(康夫)さんと民主党の代表だった小沢(一郎)さんとの間に大連立構想が持ち上がった。そのとき、突然「報道ステーション」から電話がかかってきて「出演してくれませんか」と。理由は、当時政治コメンテーターだった朝日新聞の人がたまたまアメリカに行っていたからなんです(笑)。だから、ちょっとした偶然が重なりあっていまの自分がある。


政治記者として幸運だったのは、最大派閥の田中派の担当になったことです。1982年当時は、田中角栄さんの最後の絶頂期でね。当時の政治の取材は、田中派の動きが一番の重要なポイントだっただけに、どの新聞社も一番できるであろうと思われるエース記者を張り付けていました。しかし田中派は、一番食い込みにくい派閥でもあったんです。どうすれば食い込めるのか? 僕はまず、田中さんの側に仕える早坂茂三秘書の信頼を得ようと思ったんです。でも、はじめて話しかけたときは「ネクタイがゆるんでいる」と言われ、二度目もまともに相手にされず、三度目からですか、ようやく会話が成り立つようになったのは。以来、どんなに取っつきにくい相手でも、取材しなければならない相手なら、「最低3回はアタックしよう」と決めたんです。


浦和支局時代、衆参同時選挙のときに、ほかにやることもなかったし、全候補者に会って話を聞いてまわってね。選挙情勢を事細かくメモにして、本社の政治部選挙班に上げたら、「なかなか見所のあるヤツが浦和支局にいる」と目をとめてくれた人がいた。それで、政治部が拾ってくれて本社に戻ることになったんです。正直言って、自分に務まるのか、不安でした。だって政治記者っていうと、国会議員とも友達のように付き合うような人たちだったし、態度もデカかったですからね。はじめは萎縮しました。いつしか自分もそうなっていましたが(笑)。


田﨑史郎(田崎史郎)の経歴・略歴

田﨑史郎、たざき・しろう。日本のジャーナリスト、政治評論家。福井県出身。中央大学法学部法律学科卒業後、時事通信社に入社。政治部記者、政治部部長、整理部部長、編集局次長、解説委員長などを務めた。また、テレビのコメンテーターとしても活躍。

他の記事も読んでみる

泉谷直木

ある日、会社の廊下でばったり会った樋口(廣太郎)会長に「悩みはあるか」と聞かれました。「ありません」と元気に答えると「仕事をしてない証拠だ」と怒鳴られました。次に会ったときもまた「悩みはあるか」と聞かれたので、思いつくままにいくつかの悩みを打ち明けました。すると今度は「重要な順に答えろ」。樋口さんはいつもそんな調子で社員を鍛えていました。


樋口武男

私はオーナーではないため、オーナー、つまり創業者のDNAをそのまま継承することを常に考えて経営をしてきました。


加藤好洋

企業経営にとって最も重要なことは社員の意識改革。その足掛かりとなるのはトップが社員を信じること。


徳岡邦夫

長く継続しているものは、やはりそれだけの価値があります。なぜなら世の中から必要とされていないものは、いずれ淘汰される運命にあるからです。


三枝匡

「考え抜く」ということがキーワードです。よく考えない人は、非常に中途半端な準備でスタートし、中途半端に資金を使い、中途半端に勝負するので、当然結果が出ない。


小幡績

「実践力」は、現場以外では身につかないものです。ロジカルシンキングといった思考法などは、学校ではなく、仕事を通じて学ぶべきだと思います。


池谷裕二

すぐに学習の成果が出ないからといって、次のステップに進むのも厳禁です。記憶の半分は、覚えてから4時間以内に消えてしまいます。そこに追加して新しいことを覚えようとすると、記憶の干渉という現象が起こり、前の記憶はさらに忘れやすくなり、新しいことも記憶しづらくなります。焦って次に進むより、まずは復習です。


小池百合子

田中角栄さんはかつて、5分刻みで面会をこなしたといいます。結果、外に人の行列ができて、それを見た人は「忙しいのに自分に会ってくれるんだ」と、角栄さんに感謝したそうです。それを可能にするには、「一番のポイント」から話し始めると効率がいいと聞いたことがあります。もちろん失礼のないように対応しますが、角栄さんのような時間の使い方は参考になると思います。


貞末良雄

どんな人にでも、必ず優れた点があります。まずはそれを一生懸命に探すこと。そしてその美点を、「こういうところが素晴らしい」と言葉で相手に伝えることが大切です。自分が相手を認めれば、相手も自分を認めてくれるようになります。そうして自分が一番苦手な人を好きになることができれば、この世から敵がいなくなります。


原田隆史

何かを始めたとき、三日坊主を防ぐには「敗者復活OK」という思考を持つといいでしょう。挫折してしまう人は、一度の失敗で「やっぱり自分は駄目だ」と考えます。だから、継続を諦めてしまう。でも実は、一度も挫折せずに続けている人なんてほとんどいないんです。続けられる人は何が違うかといえば、「また始めればいいや」と、もう一度始めるんです。そうして敗者復活を繰り返すうちに習慣になって、継続できるようになるのです。


大西洋

我々のリスクは、売り上げや利益に占める百貨店事業のシェアが極めて高いことです。このまま放置すればさらにリスクが増すはずです。百貨店以外の事業も成長させないと将来の多様化に付いていけない。


岡野雅行(岡野工業)

誰にもできない技術とノウハウがあれば、自分を安く売ることもないじゃないか。たとえば衛星通信地上局システムに用いる導波管を手掛けたのは、30年以上も前で、導波管なんて一般に知られていなかったけれど、俺は誰にもできないことをやるのが好きなんだ。どこかでやっているものはやりたくない。