名言DB

9419 人 / 110788 名言

田鍋健の名言

twitter Facebook はてブ

田鍋健のプロフィール

田鍋健、たなべ・まさる。日本の経営者。積水ハウス社長・会長。東京帝国大学卒業後、日本窒素肥料入社。その後、積水化学へ移り取締役、さらに積水ハウスで取締役を経て社長・会長に就任。経営危機に陥っていた同社を合理化で再建。業界トップ企業に育て上げた。

田鍋健の名言 一覧

業務上の組織は必要だが、それに属していても、人間としては上も下もないはずだ。したがってなるべく権限を部下に移譲し、若い社員にも大事な仕事を任せる。【覚書き:積水ハウスの成長の秘訣を問われての発言】


田鍋健の経歴・略歴

田鍋健、たなべ・まさる。日本の経営者。積水ハウス社長・会長。東京帝国大学卒業後、日本窒素肥料入社。その後、積水化学へ移り取締役、さらに積水ハウスで取締役を経て社長・会長に就任。経営危機に陥っていた同社を合理化で再建。業界トップ企業に育て上げた。

他の記事も読んでみる

堤幸彦

つらいAD時代を乗り切れたのは、僕の場合は音楽でした。学生時代にロックバンドを組んでいたのですが、当時、サザンオールスターズやツイスト、ゴダイゴといった同世代のミュージシャンの活躍は、とても励みになりました。ジャンルは違うけれど、彼らの活躍を見るにつけ、「俺にも希望があるかもしれない」とずっと思っていました。


泉谷直木

いままでと同じやり方では対抗できない。新しいやり方をする必要がある。


坂本孝

世の中のトレンドはどうなっているのか、どこが狙い目なのか。ビジネスチャンスを察知するアンテナを張るべき場所は、やはり人と情報が集まる東京でしょう。自分は時代の流れと同じスピードで走っているのか。あるいは時代の少し先を見据えることができているのか。変化する時代を先取りし、誰も気づいていないスキマにビジネスチャンスを見つけるには、時代の半歩先を走る必要があります。このとき、東京から離れて地方に拠点を置いていることが、ハンディになることがあります。地方での緩やかな時間の流れに慣れてしまうと、東京でのスピードについていけなくなってしまうのです。


三木谷浩史

歴史を振り返ってみれば過去にいくらでもヒントはあるのに、先入観や固定観念に左右されてなかなかそこからは学べないのが人間というもののようだ。けれど、その盲点がビジネスをする人間にとってはチャンスでもあるわけだ。誰も気がついていないからこそ、アイデアの源泉になり得る。


木川眞

調達から製造・加工、保管、梱包、販売、輸送・配達、情報システム、決済まで。宅急便単体の競争ではなく、事業の川上から川下までの困りごとを解決するためにグループが一丸となって物流改革を提案する。これは他社にはできない大きな差別要素です。


やくみつる

自分を変えるタイミングは、閉塞感を感じたときだと思いますね。私は40歳のときでした。30代の仕事漬けの生活に見切りをつけたんです。いま振り返ると、当時の自分はゾッとするぐらい描いてました。40誌、紙の媒体に連載を持って、月産のネタの数が200以上……。とにかくキツい。この生活パターンを変えようと思ったんです。


宮本武蔵

太刀を執るということは、何としても敵を切るということなのである。受けようと思い、張ろう、当たろう、粘ろう、触ろうと思うから、切ることができないのである。何事も切るための切っ掛けと考えることが肝要である。よくよく吟味しなければならない。


石井茂(経営者)

ソニーという会社は収益の変動が大きい面があるので、比較的安定している金融業という座布団があるのはいいことです。ポートフォリオ経営の一部でしょう。


野村克則

自分がおごってもらった分は、若い子に返す。お金は上手に使ってこそ、自分にも返ってくる。


瀧靖之

脳には記憶全体をコントロールする「海馬」という部分がある。海馬の体積が大きいほど記憶にかかわる脳力が高く、脳力を発達させる能力も高くなる。この海馬の神経細胞を新しく生んでくれるのが有酸素運動。また、最近は「瞑想」でも海馬が増えることが確認されている。