名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

田鍋健の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田鍋健のプロフィール

田鍋健、たなべ・まさる。日本の経営者。積水ハウス社長・会長。東京帝国大学卒業後、日本窒素肥料入社。その後、積水化学へ移り取締役、さらに積水ハウスで取締役を経て社長・会長に就任。経営危機に陥っていた同社を合理化で再建。業界トップ企業に育て上げた。

田鍋健の名言 一覧

業務上の組織は必要だが、それに属していても、人間としては上も下もないはずだ。したがってなるべく権限を部下に移譲し、若い社員にも大事な仕事を任せる。【覚書き:積水ハウスの成長の秘訣を問われての発言】


田鍋健の経歴・略歴

田鍋健、たなべ・まさる。日本の経営者。積水ハウス社長・会長。東京帝国大学卒業後、日本窒素肥料入社。その後、積水化学へ移り取締役、さらに積水ハウスで取締役を経て社長・会長に就任。経営危機に陥っていた同社を合理化で再建。業界トップ企業に育て上げた。

他の記事も読んでみる

吉田敬(お笑い芸人)

やっぱり地方から東京へ来た若手は黙ります。最初はひな壇でも一番後ろで、MCの人からも一番遠いところ。言うたら、そんなところに座っている人間はおらんでも番組は進んでいくんですよね。でもそこで、ばーっと前に出る。


大山健太郎

知識を詰め込むと物知り顔で「それはうまくいかない」といったマイナスの発想をしてしまいがちです。だからこそ、教育は何事にも「できる」まで挑戦し続ける子供を育てることに重きを置くべきなのです。実際、今の教育では、工学部や医学部といった専門性の高い学部の卒業生を除き、大学で学んだ知識は実業ではほとんど生かされていないでしょう。


法華津孝太

企業である以上利潤は上げなければならないが、まず社会的、国家的に見てこの事業に携わることが少しでも役に立つかどうかという価値判断の上に立つこと。私はこれをいまも経営理念にしている。


つんく♂

たとえば、妻は子供向け教育番組の中で音楽に癒されるとか、戦隊ものの番組に出てくる若手イケメン俳優に注目していることを知る。そうした情報から子供向け番組が、じつは「子供とお母さん」の両方をターゲットにしていることに気づけるようになれば素晴らしい。


渡部昭彦

終身雇用は残してもいいと思っていますが、年功制の待遇は改めなければいけません。年功制が人事制度と人材の流動性との間にゆがみを生んでいます。年功制では中高年層で賃金が高いので中途は採りにくいし、ポストも年功で昇格するので、実力のある若手は上がっていけないといった負の面が目立ちます。これを、個人の付加価値に合わせた報酬に変えれば、人材の流動性が高まります。成果を評価したり、組織に横串を刺したりすることです。若手も伸びることができますし、転職組も自分の価値に見合った報酬で新天地が求められる。高齢社員も能力次第で70歳まで働けるようになるでしょう。


坪田信貴

各々の職ごとに圧倒的にエッジの効いた人、成績表でいえば今評価されているオール5ではなく、1ばかりだが1つだけ10、みたいな人がAIに代替されない人じゃないかと思う。


高橋淳(経営者)

肉がおいしいだけではまだ足りません。お客様の満足につながる要素のひとつにすぎません。店内の居心地にもこだわり、内装にもコストをかけました。お客様にゆっくりくつろいでいただけるよう、テーブルごとに壁や仕切りを設けて個室感覚を演出するようにしました。


西川晃一郎

最初からできないことを前提にせず、どうしたらできるかを考えて欲しい。不可能と困難は違うのだ。


西室泰三

かつての小泉純一郎政権時代の郵政民営化フィーバーの後、民営化を進める法律もできたのに、実際には具体的な進展はありませんでした。社長になった時には、今後もこのペースでやっていて、本当に上場できるのかという危機意識を持ったほどです。その後、一緒に仕事をしてみて、皆よく頑張っていることは分かりましたが、一方でもっとアクセルを踏んでいこうと思いました。上場を半年前倒しすることにしたのは国民へのアピールと同時に、社内の引き締めのためでもあります。


ジャック・シェーファー(心理学者)

世界のどこでも、いかなる年代のどのような地位の人に対しても、100%通用する「黄金の法則」があります。それは相手をいい気分にさせること。そうすれば相手はあなたを好きになり、助けてくれます。


新谷学

広報担当は常に社外を向いていることが大事。風通しの悪い企業では上層部の顔色ばかりうかがう傾向が強い。


小室淑恵

いま日本では長時間労働が当たり前ですが、朝から晩まで会社にいる人だけが集まって、企画会議で新製品を考えようとしても、みんな引出しが空っぽだからアウトプットのしようがありません。でもそれが慣例化しています。労働生産性で日本が先進国中の最下位に甘んじているのは、その辺に原因があるのではないでしょうか。