田鍋健の名言

田鍋健のプロフィール

田鍋健、たなべ・まさる。日本の経営者。積水ハウス社長・会長。東京帝国大学卒業後、日本窒素肥料入社。その後、積水化学へ移り取締役、さらに積水ハウスで取締役を経て社長・会長に就任。経営危機に陥っていた同社を合理化で再建。業界トップ企業に育て上げた。

田鍋健の名言 一覧

業務上の組織は必要だが、それに属していても、人間としては上も下もないはずだ。したがってなるべく権限を部下に移譲し、若い社員にも大事な仕事を任せる。【覚書き:積水ハウスの成長の秘訣を問われての発言】


田鍋健の経歴・略歴

田鍋健、たなべ・まさる。日本の経営者。積水ハウス社長・会長。東京帝国大学卒業後、日本窒素肥料入社。その後、積水化学へ移り取締役、さらに積水ハウスで取締役を経て社長・会長に就任。経営危機に陥っていた同社を合理化で再建。業界トップ企業に育て上げた。

他の記事も読んでみる

猪瀬直樹

会社は、難しい仕事ほど優秀な人材の力を頼ります。ダメな社員は最初からアテにしません。だから、避けられないお鉢が回ってきたときは、ビジネスマンとしての真価が問われていると思ったほうがいい。


井上高志

社内にはクレームやトラブル情報といった悪い話は「速攻でもってこい」と伝えてあります。その際、最も重要なのはファクト、事実です。とくにクレームを受けたという場合には、何が事実なのかをきちんと冷静に報告することを求めます。その件について部下がどう考えるか、つまり主観については、事実の報告を受けたあとに話し合っています。


J・S・ミル

自分の胸に「いま、幸せか?」とたずねたら、途端に幸福ではなくなってしまう。


菊原智明

私の場合は、優秀な上司ではなく、落ちこぼれでも、ちゃんと「話を聞いてくれる人」である先輩がキーパーソンでした。自分にとって誰がキーパーソンなのか。周囲を見渡せば、きっと新たなビジネスのステージに導いてくれる人が見つかるはずです。


林真理子

「林真理子はもうおしまいだ」と、これまで何度となく言われてきました。でも、ちゃんと乗り越えてきた。「こんなことくらいで」と思うようにしています。世の中の大抵のことで、解決できないことはないと思います。


上田渉

時間を30分、1時間という大きな固まりで捉えると中だるみする。15分は仕事の区切りに適している。


岸見一郎

何がセクハラに当たるのか、いまだに多くの男性は無頓着。たとえ悪気はないとしても、「君はいつ結婚するの?」なんていったら即アウトです。「そんなつもりじゃなかった」が通用しないのがセクハラの厄介なところだと心得ましょう。


朝倉祐介

同級生の多くは大学受験を考えておらず、東大を目指す生徒は私一人。進路指導を受けられる環境ではなく、すべて自分で調べる必要がありました。まずはインターネットの掲示板などを見て、東大レベルの参考書がどんなものか、どれだけの勉強量が必要なのかを調べました。そのうえで、科目の「選択と集中」を行いました。すべての科目を独学で東大レベルにするのは困難です。限られた時間で最大の効果を発揮するにはどうすればいいか。私の場合は理系科目が苦手だったため、東大の入試は後期日程一本に絞りました。当時、文科一類の後期試験は、国語や公民、英語などの文系科目だけで、数学や理科は受験せずに済んだからです。そのうえで1年間の学習スケジュールを組みました。どのテキストをいつまでに終わらせるべきか、というロードマップを作ったのです。そして毎日の達成度を折れ線グラフに記入していきました。最終的にすべて計画通りに学習が進みました。


藤原和博

転職しようが、ほかの業界に移ろうが、あるいはNPO(非営利組織)や行政機関で働こうが、キャリアを複線化しようとするときに試されるのは、自分がどのような「武器」を持っているかでしょう。


木村尚敬

有事の際には連絡手段にも気を配りたい。平時においてはメールベースのコミュニケーションが便利だが、いざというときにはスピードが遅すぎるし、迫力も出ない。また、際どいことを頼まなくてはいけない場面もあるが、メールでは証拠が残ってしまうため、婉曲な伝え方になって真意が伝わらないこともある。スピーディに、かつこちらの思いを的確に伝えるには、メールよりメッセンジャー、さらにメッセンジャーより携帯電話のほうがいい。これは対部下だけでなく、対上司でも同じだ。ビジネスシーンで電話が使われる機会は減ってきたが、有事にはむしろ威力を発揮するのだ。


田中健介(経営者)

私は得意なものをさらに磨いて無敵なものにすることが生きがいなのです。戦々恐々とするのは好きではない。また運不運が左右する麻雀などの賭け事も好きではありません。


小泉光臣

すべての事象を0か1かで見る、寛容さを否定するような社会って、本当に成熟した大人の社会なのかなって、常に疑問を持っています。


ウォルト・ディズニー

いい作品を作ろうとするのなら、自分のスタッフを訓練する必要がある。


中田誠司

法人を担当している時、お客様にご提案をするためのアポイントを取り、訪問する前に意識していたのは、いろいろな「ストーリー」を考えてお客様にご提案、お話をするということです。そこが唯一、他社との差別化になると思っていました。紙にお客様にどういうストーリーで、何を話すかということを常にメモして、簡単なストーリー構築をしていました。


米田功

試合のとき緊張と興奮で鉄棒を握る手が震えることがあります。でもそんな時ジタバタせず、目の前の一つ一つを淡々とこなすことに専念する。


ページの先頭へ