名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

田邊耕二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田邊耕二のプロフィール

田邊耕二、たなべ・こうじ。日本の経営者。自動車部品メーカー「ユーシン」社長。日野自動車を経てユーシンに入社。取締役、専務などを経て社長に就任。

田邊耕二の名言 一覧

これからはシェアが小さいところはますます生き残れなくなってくる。だから、今後も規模を拡大し、利益を上げ続けられる人に社長になってほしい。


田邊耕二の経歴・略歴

田邊耕二、たなべ・こうじ。日本の経営者。自動車部品メーカー「ユーシン」社長。日野自動車を経てユーシンに入社。取締役、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

黒田武志

我々は「ビジネスを通じて偉大な作品をつくる」という企業理念を掲げています。ここでいう作品とは、宅配便を使ったリサイクルの仕組みのことを指しています。私が歳をとって企業家人生を振り返るときに、「いい作品をつくった」と人々に言ってもらえるような仕組みが完成すれば、それに勝る喜びはありません。


池上彰

日々のニュースを見ていると、大きく扱われるトピックもあれば、小さいものもありますよね。でも、小さいからと言って重要ではないのかというと、そうとは限らないのです。新聞の一面に出ているニュースでも、そのときたまたま他に大きいニュースがなかったからそれを取り上げているだけかもしれない。逆に、大きなニュースがたくさんあったために、本来なら大きい扱いになるはずのニュースが小さく扱われている、ということもあります。つまり、その日のニュースを一度見るだけでは、それが長期的に見て大きなニュースかどうか、判断できないのです。最低でも一週間は寝かせてみて、時間が経ったあとで見返してみると、「これは大したことがなかった」「このニュースは重要だ」という判断が初めてできるのです。


大坂靖彦

成功した人には夢実現のサイクルがあります。(1)夢と目標をビジュアル化する、(2)それを確信する、(3)持続させる、(4)夢を支えてくれた人たちに感謝する。特に2番目の「確信する」というステップは大事です。夢を信じ切るのは難しいのです。


森川亮

落ちこぼれを育成するにあたって大事なことは、「何をやらなければいけないのか」を明確にして、「それができなかった場合に、どうしたらできるようになるのか」を考えさせて、きちんと実行させることです。やることの内容は、できるだけ明確な方がいい。内容以上に、レベルの設定が重要です。「あなたは、このレベルまでいかなければダメだ」と目標を設定する。そして、「このレベルまで上がるために何をしなければいけないかを具体的に考えて、実行してください」と。


前野ウルド浩太郎

現地ではトラブルの連続。砂漠でサソリに刺されたことも。それでもへこたれなかったのは、「物事はうまくいかない」と考えているから。私は大学も大学院も落ちている。「うまくいかない」が当たり前なんです。だから、トラブルが起きても、イライラせず、すぐに解決方法を考えるマインドが身につき、くさらずにやってこれたと思います。


秋元久雄

僕は平成建設は、自動車業界で言えばトヨタではなくポルシェにしたいと思っている。つまり、お客さんのターゲットを絞るということ。


林野宏

市場を甘く見てはいけないが、萎縮してもいけない。小さなイノベーションでいいんです。それを工夫して作り出して、実行に移すことが大事。


大谷亮平

日本での仕事をひとつひとつ頑張るのはもちろん、韓国のように自分にとって外国とは思えないような場所を、増やしていけたらいいなと思っています。


吉田修一(小説家)

そのときに書けるもの、書きたいものを一個一個やっていったら、結果的に「何をやってる人なんだ、この人?」みたいになっちゃってたっていう(笑)。出版社としては作家の名前で本を売るって気持ちがあるのかもしれないけど、僕としては一作一作、別の人が書いたと思われてもいいんですよ。


江崎利一

私は工場を死に場所と考えている。現在の用地を買収するときも、農民に襲われるほどの命がけの交渉を行ってきた。ほかにも生命の危機にさらされたことは、これまで3度もある。命が惜しいとは思わぬ。今度建ててやられたら、もう一度建てる。力の続く限り何度でも建てるつもりでいる。だから今の場所に工場を再建し、決死の覚悟で操業を続けたい。
【覚書き|太平洋戦争当時、工場を爆撃で破壊された直後、「他の場所に移るように」と軍から命令されたときの発言】


ジェフリー・フェファー

日本には「出る杭は打たれる」という言葉があると聞いたが、では本田宗一郎はどうか。生前の本田は、決して礼儀正しく誰にでも優しい人物ではなかった。ホンダを世界的自動車ブランドにすることのみに集中し、それを達成した。ソニーの盛田昭夫も同じだ。『「NO」と言える日本』という極めて刺激的で反米的ともいえる本を出してベストセラーにしながら、一方では時代を先取りして子供を米国に留学させ、自身も非常に目立つタイプだった。この二人を見ただけでも、日本においてさえ目立たない壁の花でいることは決して良策ではないことがよくわかる。


山内溥

新機軸を打ち出さなければ、ゲームそのものがマンネリ化して飽きられる。また、”重厚長大”型のソフトは、内容が複雑で、制作に時間も人手も費用もかかる。数十億円をつぎ込み、百万本を販売するヒット作となっても、なお赤字という場合もある。それではビジネスとして成り立たない。”軽薄短小”でも完成度の高い面白いゲームはできる。