名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

田臥勇太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田臥勇太のプロフィール

田臥勇太、たぶせ・ゆうた。日本のプロバスケットボール選手。神奈川県出身。小学2年でバスケットボールを開始。バスケットボールの名門・秋田県立能代工業高等学校に入学。1年からレギュラーになり、3年連続で高校総体、国体、全日本高校選抜を制し、史上初の9冠を達成。ナイキ・フープサミット(全米ジュニア選抜、世界ジュニア選抜)に日本人初の出場を果たした。ブリガムヤング大学ハワイ校に留学。その後、日米のプロバスケットボールチームで活躍した。

田臥勇太の名言 一覧

オンリーワンになりたいという気持ちはあった。誰も通っていない道だったので、やってみなきゃ損だと。


誰もやっていなかったことだったので、「成功も失敗もない」って思えたんです。まず経験してみようと。
【覚え書き|アメリカ行きを決断したときを振り返って】


僕は頭の中で常に試合をしていますよ、普段も。いいのか悪いのか分からないんですけど、僕は頭の中でいつもバスケをしているので。


厳しい環境で揉まれない限り、ハングリーな魂なんて身につかない。


僕は小さいのでそれを生かしたプレーがあるんですよ。大きな選手の間をくぐって下に入り込んだり。


落ち込んだときも「しょうがないや」ってけっこう開き直っちゃうタイプなんです。


大学で怪我をしたときも挫折とは思わなかったし、デンマークやフェニックスでカットされたときも、これも経験かなという考えだから、挫折だと感じることはないです。そのとき一生懸命やった結果がそうなったので仕方ない。


正解を作るというのは意識をしている。今回、日本に帰ってきたことも、自分で決めたうえでのことなので、そこに責任を持つ、持たないは自分の問題。決めた以上は、正解を作るために努力するのみ。


バスケットでは負けたくないなと思い始めたのは小学校の時。親も協力してくれたんですよ。「勉強しろ」なんて一言も言われなかった。その代わり、やる以上はバスケットを一生懸命やれと。


小さい頃から自分の中では、絶対にプロのバスケット選手になるって決めていた。好きなことを仕事にできるなんて、こんなに幸せなことはないと子供ながらに感じていたので。だから高校を選べると分かった時は絶対に一番強いところに行きたいと。


あえて何かを伝えるとすれば、チャレンジすべきということ。最終的には本人がやりたいか、やりたくないかの話になってくる。だから少しでも興味があるんだったら自分の知らない世界に飛び込んでもらいたい。


「若い選手は」ってなるべく思わないようにしているんです。自分がもっとやっていかなきゃいけないという感覚を持っているので。本当は「言わなきゃいけない年齢」になっているかもしれないんですけど。


アメリカの選手というのは、下から上がってきても、コートに立った瞬間、「オレも同じレベルの選手なんだ」という強いメンタリティーを持っているし、そういう選手だけが生き残っていく。


アスリートの課題ってどう自分をコントロールできるかなんですよ。若いときってそのペースかなかなかつかめない、だけどねそこで立ち止まったらダメなんです。とにかく動かないと。


いかに頭の中に、体に染みつかせるかというのはすごく大事なこと。プレーで言うと、やっぱりその状況、状況で判断力や決断力というのが大切になってくるんです。でも、常に「こうすれば、こういうふうになるんじゃないか」ということを意識していれば瞬時にポンと一歩踏み出せるというのはあるかもしれない。


もし違う道を選んでいたらという空想には限界がある。たとえば「日本に帰らずにアメリカに残っていたら……」なんて想像しても、そこでのプレーが思い浮かばないというか。そうしたら、これはもったいないな、意味がないなと思うんですよね。だから、決めた後の自分のやり方次第だと思うんですよ。


アメリカに渡ったとき、初めは、選手の見た目だけでびびってました。みんなデカいし、自信に溢れていたし……。「オレ、ここでやっていいのかな」って。でも、いざコートに入ると、自分のほうが動きが速かったりして、スティールとか、なにかしらできちゃっているんですよ。ちょこまか動き回っていると、相手も嫌がるし、そういうことを肌で感じていくうち、サイズが気にならなくなっていきました。


「オレはできるんだ」「いや、もうダメかもしれない」という自信と不安のせめぎ合いというか、それこそアップダウンを繰り返すジェットコースターに乗っているようなもんでした。そこにスリルと楽しみを感じていられるうちはプロなんだと。いかに不安を自信が上回れるのか、毎日が自分との戦いでした。


日本に帰ってきたときに、「圧倒的なスタッツ(成績)を目指しています」と言ったのは、そう簡単に数字を残せるほど甘いとは思っていなかったですけど、そこを目標にしなければいけないと思ったから。そうやって口に出せば、対戦するチームも「ふざけんな」という感じで、ゲームもエキサイティングになりますし。互いのレベルアップにもつながるので。


田臥勇太の経歴・略歴

田臥勇太、たぶせ・ゆうた。日本のプロバスケットボール選手。神奈川県出身。小学2年でバスケットボールを開始。バスケットボールの名門・秋田県立能代工業高等学校に入学。1年からレギュラーになり、3年連続で高校総体、国体、全日本高校選抜を制し、史上初の9冠を達成。ナイキ・フープサミット(全米ジュニア選抜、世界ジュニア選抜)に日本人初の出場を果たした。ブリガムヤング大学ハワイ校に留学。その後、日米のプロバスケットボールチームで活躍した。

他の記事も読んでみる

ファイティング原田

全然、相手のパンチ力が違ったね。それだけじゃなく身長から体格まで違った。背が高いからパンチが届かないんだ。でも、そんなに人間変わらないと思って闘うしかない。
【覚書き:フライ級からバンタム級に移ったときの発言。その後、世界フライ級に続きバンタム級でも世界チャンピオンを獲得した。】


倉重英樹

引退する時期は、本来なら自分で決めた方がいいのです。多くの人は会社から通告される「定年を迎える日」によって、引退を機械的に迫られます。これがよくないのです。最近、定年退職を控えた人のカウンセリングが流行っているといいます。「定年=引退」と決めている人ほど、その後の人生を上手くマネジメントできず、精神的に不安定になってしまうそうです。そうならないためにも、組織を離れる時期は自分で決める、定年で離れるにしても、その後のプランをしっかり描いておくことです。


和田由貴

「節約だ」と思いながら行なうと気が滅入りがちですが、癖にしてしまえば、いちいち意識することもないので、ストレスも溜まらないでしょう。


内田和成

大量の仕事をさばいて成果をあげるには、仕事の目的を確認して、その目的を成し遂げるために必要な仕事だけに絞ってやっていくことが重要です。


マハトマ・ガンジー

これまでどおり自分以外の働きに期待し続け、誰かが動けば問題は解決すると考えている限り、私たちは自分たちの目的を達成してその成果を手にすることはできない。


堀江貴文

目の前のビジネスをきちんと成立させる。それがサステイナブル(持続可能)に夢を追う秘訣。


御手洗冨士夫

横並びの年功序列は良くないが、長期雇用で安心して仕事に打ち込めれば、その道にプロになれるし、生活設計も安定します。


増田宗昭

ユニクロのヒートテックは安いから売れているわけではありません。ヒートテックはいままでにはなかった機能を付け加えたから売れたのです。顧客価値を考えた商品といえます。一方で、企業価値の向上だと株主ばかりを見て、顧客のことをあまり来なかった企業はお客さんから選ばれません。


遠山正道

自分で考えて、どんどんと行動することが大切。実際に行動に移してみると、やはりそこには責任がついて回るし、成果を上げたくなるから、やることが山積みになります。無意識に対応していることも含めて、そうやって自然と鍛えられて自分に自信もついてくる。


佐藤東里

経営者は会社全体に明るさをもたらすことが必要です。難題が山積していても、どこか良い点に光を当てて、やる気を出させるように心がけています。


守安功

与えられた仕事じゃなくて、自分が考えたサービスでビジネスをつくっていくところが面白いのです。新しいサービスを立ち上げて、それが多くの人に使われて事業の規模が大きくなるという経験は、すごくチャレンジングで魅力的ですから。


財部誠一

商品の優れたデザインは、たんに「絵を描く」ことだけで完成するものではない。素材そのものの開発から始めて、商品をいかにつくり上げていくかという級密な検討や作業が必要になる。もちろん機能も大切な要素だが、商品の美観、見栄えという面も、実は高い技術力によって支えられているという事実を、日本企業は再認識しなければならない。