名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

田澤由利の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田澤由利のプロフィール

田澤由利、たざわ・ゆり。日本の起業家、テレワーカー。奈良県出身。上智大学外国語学部イスパニア語学科卒業後、シャープに入社。6年勤務したのち、結婚出産を機に同社を退社。子育ての傍ら自宅でパソコン関連の執筆活動を行い、11冊のパソコン解説本を出版する。その後、ホームページ制作とネット調査のワイズスタッフを設立。また、テレワーカー(SOHOや雇用型在宅勤務などの仕事に従事する人々)を支援するテレワークマネジメントも設立した。

田澤由利の名言 一覧

大きな池に小さな石を投げ込む程度のことだとわかっています。でも、それがきっかけで何かが変わるかもしれません。それを信じて頑張るのです。


仕事がなく、時間を持て余すことのつらさを身にしみて体験しました。だから、どんなに忙しくても、暇よりはましだって考えられるようになりました。
【覚書き|シャープに女性総合職本格採用一号生として入社したものの、会社の受け入れ体制が整っておらず、仕事がなかった当時を振り返っての発言】


ビジネスの宣伝効果を考えると、目立ってナンボです。でも、社長になって一旗揚げる人生を思い描いていたわけじゃありません。いまの自分など想像もしませんでした。
【覚書き|国や自治体の各種経営賞やマスコミに取り上げられることが増えたことについてのコメント】


注目されているいまこそ、テレワークの認知度を高め、環境整備を進めるチャンス。講演やアポのお話は、可能な限り受けています。いま踏んばらなくてどうする。そんな感じです。


田澤由利の経歴・略歴

田澤由利、たざわ・ゆり。日本の起業家、テレワーカー。奈良県出身。上智大学外国語学部イスパニア語学科卒業後、シャープに入社。6年勤務したのち、結婚出産を機に同社を退社。子育ての傍ら自宅でパソコン関連の執筆活動を行い、11冊のパソコン解説本を出版する。その後、ホームページ制作とネット調査のワイズスタッフを設立。また、テレワーカー(SOHOや雇用型在宅勤務などの仕事に従事する人々)を支援するテレワークマネジメントも設立した。

他の記事も読んでみる

熊谷正寿

(経営危機のとき)その日のスケジュールの一番上に「弱気にならない、諦めない」という言葉をおよそ2年間、毎日、写経のように書き続けていました。本当に会社が潰れそうになりましたから。


久保利英明

良い社風と悪い社風があって、悪い遺伝子を払拭したところは会社を再建できるし、払拭できないところは会社がダメになっていく。


渡辺光一郎(渡邉光一郎)

よく「危機の時こそ現場主義」と言います。現場に行って、社員や顧客と対話して起きている問題を把握するというものです。ですが、私はむしろそれは危険な面もあると思っています。現場に行ってただ話し合うだけでは、底流で何が起きているのか、少し先までにらんで顧客のために今、本当にやるべきことは何なのかということは、見えてこないのではないでしょうか。


アリストテレス

もしどんな学問もその仕事を立派に果たすのに正しい方法を心がけているとすれば、もし優秀な職人たちが美徳という道を重んじているとすれば、それは中庸を目指しているということにほかならない。


高宮敏郎(髙宮敏郎)

個別指導がブームになっていて、私どもも個別指導の部門はありますが、集団授業にはこだわっていきたいという想いがあります。集団授業の中で生徒同士が切磋琢磨し、お互いに刺激を受けるのはとても大事なこと。


西尾末広

この道が正しいと思ったら、勇気をもって、常にはっきり直言する。これが私の流儀である。


伊藤正裕(起業家)

いまの自分の実力が100だとすれば、つねに120に挑戦し続けることが大切です。するとそのうち、120だったことが、自分にとっての120になります。そうしたらさらに、120に挑戦する。それを続ければいいわけです。


能村光太郎

灼熱の中東から極寒のカナダまで、世界中いろいろなところで仕事を行っていますが、その度に壁にぶつかることが何度もあります。そんな時、この言葉、「日新、日日新(ひにあらた、ひびあらたに)」を見て自分を奮い立たせることがあります。


宮田昇始

結局、一度目と二度目の事業アイデアは、「人、世の中の課題」から始まっていなかったんです。一度目と二度目は、「こんなのがあったら便利だろうな」という自分の妄想、机上の空論に向かって、「早く新しいサービスを作りたい」という焦りで突っ走ってしまった。そんな考えだから、当然のように失敗しました。


ボビー・バレンタイン

人は「楽しく仕事をする」ことを続けていくうちに、いつの間にか「仕事を楽しむ」ようになります。


はあちゅう(伊藤春香)

私は催眠術の資格を持っているのですが、教わった先生に「人間は思い込みの生き物です」と言われたことがあります。「手のひらをぎゅっと握ってください。中に石が入っているから、開けないでしょう?」と言われたら、そう思い込むことによって、開けなくなってしまう。実際は石なんて入っていないのに。それと同じことで、人の悩みのすべては思い込みという名の催眠術にかかっているようなものではないでしょうか。


横山清

田舎には夢がないという子供には、田舎にいても都会にいても、夢は自分でつくるものであって、夢のある場所があるわけではないと話すしかないと思います。