名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

田淵節也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田淵節也のプロフィール

田淵節也、たぶち・せつや。日本の経営者。野村證券会長。岡山県出身。京都大学法学部卒業後、野村證券に入社。主に営業畑を歩み、同社を大きく成長させた。そのほか、経団連副会長などを務めた。

田淵節也の名言 一覧

実力会長がいる会社にはロクな会社はない。まして、代表取締役相談役や名誉会長なんて言う屋上屋を重ねた体制は問題外。


田淵節也の経歴・略歴

田淵節也、たぶち・せつや。日本の経営者。野村證券会長。岡山県出身。京都大学法学部卒業後、野村證券に入社。主に営業畑を歩み、同社を大きく成長させた。そのほか、経団連副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

堀江貴文

お金は、信用の表示形態というか、信用が顕在化したものだと思います。だからお金より信用のほうがずっと大事です。好きなことをやっていれば、自然に信用につながるじゃないですか。それで悪く思われるのだとしたら、中途半端だからでしょう。口先だけで、行動が伴ってないとかね。


松井忠三

いざ仕事がうまくいかなくなった時、すぐに本当の問題を突き止めるのは簡単なことではないのも確かです。問題を解決しようとしても、自分1人ではいいアイデアが浮かんでこない場合もあります。問題を素早く見つけられるかどうかは、個人の才能よりも、日頃の習慣がカギになります。


村上太一

私は昔から人に喜ばれることに自分の幸せを感じるタイプで、それができる職業に就きたいと考えていました。たまたま両祖父が経営者で、経営者が選択肢のひとつになりました。身近に政治家がいたら、そっちを目指していたかもしれません。


吉田修一(小説家)

この時代に生きて、この時代に小説を書けば、現代性はおのずと出てくるものだと思うので、そこを意識的にっていう気持ちはあまりないです。ただ、固有名詞の扱い方には気をつけていますね。たとえば『パーク・ライフ』でスターバックスという固有名詞を出したんですが、当時はまだ珍しかったこともあり、スターバックスが倒産したら意味が分からなくなるんじゃないかと言われました。僕はまったくそう思わなくて。たとえば梶井基次郎の『檸檬』という小説で、主人公が「丸善に檸檬を置く」じゃないですか。いまの丸善って、昔とは全然形が違いますよね。でも、この主人公にとっては、檸檬を置く場所は丸善しかないんですよ。その時代を生きてきた彼にとってその場所、その言葉は、他に置き換えようがないんです。自分も固有名詞を使うときは、そういう自覚を持って使っています。そうした言葉の選択が、現代性に結果的に繋がっていくのかもしれない。


大野龍隆

私は幸い、田口(弘)、三枝(匡)という類まれな経営者2人と働くことができたので、それぞれの時代の良しあしを経験しています。だから、ミスミの「第3創業期」は、2人の時代の良いとこ取りをする「組み合わせ型」にしていきたい。


ジェニー・ダロック

日本企業の場合、伝統があるがゆえに変わりにくい面があるかもしれません。しかし組織を正しい方向に導き、作り変えていける人が、優れたリーダーです。経営者は常にイノベーティブでいる責任があるのです。


田崎ひろみ

バイリンガルなだけでは海外でオペレーションはできません。英語はできても、意識が日本を向いているので、現地になかなかなじめない。バイカルチャーな人は、異文化に対する理解度が高いので、オペレーションの質に2倍、3倍の差が出てきます。海外で成功するためには、まず欠かせない人材です。


松本晃(経営者)

散歩をよくしていますね。週末は3時間ほどかけて歩いています。最初の1時間半は決まったルートを歩いて、残りの時間でコンビニエンスストアを6店、スーパーを4店回って、カルビーとその競合商品をチェックしています。いわゆる定点観測です。コンビニは商品の入れ替えサイクルが早い。先週あった商品が今週は置いていないというのは当たり前。売り場から撤去されたということです。どうしてその商品が売れなかったのかを考えるようにしています。


野中郁次郎

戦争とは、敵対する軍同士の知識創造力の戦いでもある。


ジェローム・シュシャン

弓道をするようになってから、仕事で思い通りにいかないことを周りのせいにして不平不満を持つことがなくなった。弓道も、仕事も、自分との戦い。思うようにいかなければ、それはチャレンジなのだと捉えられるようになった。


村山滋

世の中には、解決できない不具合はない。つらいことはありましたが、開発時の不具合と同じで、最終的には何とかなると思っていました。


徳重徹

本を読むだけでなく、自分も実際にチャレンジすること。仕事で失敗したり、大変な思いをしたりしなければ、良い言葉であってもその意味を本当には理解できない。