名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

田村重信の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田村重信のプロフィール

田村重信、たむら・しげのぶ。日本の著述家。新潟県出身。拓殖大学政経学部卒業後、宏池会(大平正芳事務所)を経て自由民主党本部に勤務。政調会長室長、事務副部長、政務調査会調査役、政務調査会首席専門員、政務調査会審議役などを務めた。そのほか、日本論語研究会代表幹事を務めた。

田村重信の名言 一覧

ちゃんと分析して、リアルに考えていく必要がある。学者はいつも、本当にもう、妄想の世界に生きている。


学ぶって、やっぱり人の話を間くってこと。それから本を読むこと。


論語っていうのは行動学。そこで言っていること、考えたことはやらないと意味がないと。


心というか、目に見えないところが大事。


アル・カポネなんか、ものすごく金儲けして色々したけど、最期はね、周りはいつもボディガード雇って、いつやられるかでしょ? 最期は結局脱税の問題で、ぼろぼろになって死んでいったわけでしょ? だから、そんなもんだよ。良いことをやっていけばいい。楽しいよ。


死んだあとどうなるかとか、死んだあとのことはあるから、そのために、徳を積んでいったほうがいい。死んだあとはないと思えば、今さえ良ければいいってことで、とんでもないことをやるのだけど。そういうの(死んだあとのこと)を考えると、良いことだよ。


大平(正芳・総理)さんなんかを遠くで見ても、やっぱり勉強していたよね。一橋大学卒でしたが、よく本を読んだりして勉強された。だから、哲学者の哲人宰相と言われるようになったでしょ。年をとってから良い顔になったよね? 顔に出てくるよね。だんだんと。歴代の総理ですごく男前で良い顔だったけど、今ひどい顔になった人もいる。顔に出るのだよ。


国民のレベルに応じたのがリーダーになる。熱狂したら鳩山になるわけ。菅直人になるわけだよ。それは別に、鳩山由紀夫が悪いわけでも菅直人が悪いわけでもない、国民のレベルがそうなの。だから、それは今はもう、当時、民主党に投票した人っていうのは、本当に間違っていたって。逆にネット右翼に近くなっているけど。だから、そんなもんだよ。


湾岸戦争のときに金だけいっぱい出していて、ちっとも評価されないわけだよ。それはそうだよ。みんなが協力して嫌な仕事をしているのに、町内会長が来て、金をやるから、あと終わったら酒でも飲んでよ、じゃあねって言ったら、軽蔑されるだろ?


田村重信の経歴・略歴

田村重信、たむら・しげのぶ。日本の著述家。新潟県出身。拓殖大学政経学部卒業後、宏池会(大平正芳事務所)を経て自由民主党本部に勤務。政調会長室長、事務副部長、政務調査会調査役、政務調査会首席専門員、政務調査会審議役などを務めた。そのほか、日本論語研究会代表幹事を務めた。

他の記事も読んでみる

森崎博之

この公演はこれまでの道のりの集大成でもある。


小川孔輔

セット販売と追加提案では、お客の反応が違います。最初から割引料金が明示されていると、人は論理的に損得を計算して判断を下します。一方、突然の提案は冷静な判断を鈍らせ、衝動買いを促しやすい。対面販売で追加注文をする人が多いのは、こんな理由です。客単価を維持するには、「もう一品いかが?」の戦略で顧客を導く必要があります。


芦田昭充

バランスを取ることは大切です。たとえば人材の配置ひとつとっても、管理部門には慎重派を配置し、営業部門には積極派を配置し、なおかつ両者の間で十分議論させて、バランスをとることを心がけています。


和地孝

甘えを許さないからこそ、360度評価の結果が3期間連続して悪かった人は、降格させました。1年で20~30人は降格したと思います。ただし、相撲にたとえれば、幕下に落ちたあと、もう一度がんばって大関に返り咲いた人も数多くいる、明るくオープンな制度にしました。


水野雄介

オックスフォード大学に日本の中高生14人を連れて行き、1週間キャンプをしたり講義を受けたりしました。目的は、早いうちにダイバーシティを経験して課題発見能力を身に付けてもらうことと、イノベーション思考に触れてもらうこと。将来的には、世界中のいろんな場所で学べるグローバルコミュニティを作りたいと思います。


佐藤誠(SFPダイニング)

難しいのは魚介類の鮮度管理です。注文を受けた食材を冷蔵庫から出していたのでは、せっかくのライブ感が台無しです。鮮度の良い魚介類をお客様に提供するために、設備や管理、運用方法を常にブラッシュアップしています。


浦沢直樹

一流の人と自分を比較し、焦りを感じる人も多いでしょう。そんなときは、彼らの新人時代を追体験してみることをおすすめします。たとえば、僕がやったのは黒澤明監督の全作品を一作目からたどること。デビュー作の『姿三四郎』は荒けずりだけど面白い若手監督が出てきたなと思い、二作目の『一番美しく』は戦争中で戦意高揚色が強い中、しっかりメッセージを入れているなとか、五作目の『わが青春に悔なし』は若くして彼の代表作になるかもとか……。彼らも試行錯誤しながら成長していったことを知れば、一流の人にも臆する気持ちがなくなります。


本田健

ネガティブな感情は、その存在を認めて、自分のエネルギーに変えた方がいい。


滝茂夫

真面目にコツコツ物を作り、地域に雇用とお金を落とすことを地味にやってきたので、完全に浸透しています。大げさにCSRを喧伝するのではなく、真面目に粛々とやっていくことが大切。


神野元基

僕の実家から網走刑務所まで車で15分です。網走は本当に田舎でした。都会は人の個性を生かすことができるといいますか、異端な人でも、人口が多いので仲間に出会えます。でも田舎だと、ちょっと変わっているだけで浮いてしまう。僕も小学生のときは宇宙人と呼ばれていました。


ジョン・ジェイ(アートディレクター)

目まぐるしく変わる世界の中で、好奇心を保つことって、すごく大事だと思うんですよ。


渡辺利夫

本学に来る学生は必ずしもエリートではない、いわゆる普通の若者です。社会にはエリートも必要ですが、まずはきちんと自分の責任を果たし、行動できる人間になってほしい。今はそういう人材育成が必要です。