田村重信の名言

田村重信のプロフィール

田村重信、たむら・しげのぶ。日本の著述家。新潟県出身。拓殖大学政経学部卒業後、宏池会(大平正芳事務所)を経て自由民主党本部に勤務。政調会長室長、事務副部長、政務調査会調査役、政務調査会首席専門員、政務調査会審議役などを務めた。そのほか、日本論語研究会代表幹事を務めた。

田村重信の名言 一覧

ちゃんと分析して、リアルに考えていく必要がある。学者はいつも、本当にもう、妄想の世界に生きている。


学ぶって、やっぱり人の話を間くってこと。それから本を読むこと。


論語っていうのは行動学。そこで言っていること、考えたことはやらないと意味がないと。


心というか、目に見えないところが大事。


アル・カポネなんか、ものすごく金儲けして色々したけど、最期はね、周りはいつもボディガード雇って、いつやられるかでしょ? 最期は結局脱税の問題で、ぼろぼろになって死んでいったわけでしょ? だから、そんなもんだよ。良いことをやっていけばいい。楽しいよ。


死んだあとどうなるかとか、死んだあとのことはあるから、そのために、徳を積んでいったほうがいい。死んだあとはないと思えば、今さえ良ければいいってことで、とんでもないことをやるのだけど。そういうの(死んだあとのこと)を考えると、良いことだよ。


大平(正芳・総理)さんなんかを遠くで見ても、やっぱり勉強していたよね。一橋大学卒でしたが、よく本を読んだりして勉強された。だから、哲学者の哲人宰相と言われるようになったでしょ。年をとってから良い顔になったよね? 顔に出てくるよね。だんだんと。歴代の総理ですごく男前で良い顔だったけど、今ひどい顔になった人もいる。顔に出るのだよ。


国民のレベルに応じたのがリーダーになる。熱狂したら鳩山になるわけ。菅直人になるわけだよ。それは別に、鳩山由紀夫が悪いわけでも菅直人が悪いわけでもない、国民のレベルがそうなの。だから、それは今はもう、当時、民主党に投票した人っていうのは、本当に間違っていたって。逆にネット右翼に近くなっているけど。だから、そんなもんだよ。


湾岸戦争のときに金だけいっぱい出していて、ちっとも評価されないわけだよ。それはそうだよ。みんなが協力して嫌な仕事をしているのに、町内会長が来て、金をやるから、あと終わったら酒でも飲んでよ、じゃあねって言ったら、軽蔑されるだろ?


田村重信の経歴・略歴

田村重信、たむら・しげのぶ。日本の著述家。新潟県出身。拓殖大学政経学部卒業後、宏池会(大平正芳事務所)を経て自由民主党本部に勤務。政調会長室長、事務副部長、政務調査会調査役、政務調査会首席専門員、政務調査会審議役などを務めた。そのほか、日本論語研究会代表幹事を務めた。

他の記事も読んでみる

山本恵一(快眠アドバイザー)

「覚醒モード」へ気持ちを切り替えるには、まずカーテンを開けて日光を浴びましょう。寝室がいつまでも暗い冬場は照明をバッとつけるのも効果的です。寝具周りも、この時点で整えること。布団をたたんで収納する、ベッドならカバーを整える、パジャマを丁寧にたたむ。こうして区切りをつけると、気持ちがシャキッとします。また、その夜帰ってきたときに快適な寝室環境で眠れるのもメリットです。


山本正已

お互いに強みを持ったところが一緒になって強者連合を作っていく。そして、お互いの弱い部分を補っていく。そういう強者連合をこれからも作っていきたい。


永守重信

バッドニュースが上がってこないのはトップの問題。製造過程で不正が行われたり、品質管理がずさんであったりすることはメーカーにとって死活問題のはず。そんな重要なことが上に伝わらないのは、経営者が現場に足を運ばず、実態を把握していないからだ。


安河内亮

会社を設立して実践的なビジネススキルを養成する約80の研修講座を行ってきました。しかし、人財育成、組織構築のコンサルティングをする中で、社員のスキルだけでなくリーダーシップマインドやイノベーティブマインドの強化こそが、学んだスキルを組織内で発揮する上で重要な要素だということを実感しました。


柳井正

一直線に成功ということはほとんどありえないと思う。成功の陰には必ず失敗がある。


安渕聖司

自分がこの仕事をする・しないことで、自分の前工程と後工程、さらにお客様にどんな影響があるのか。それを考えれば、おのずと「これは早めにやっておかなければならない」といったことが見えてくるものです。


永井浩二(経営者)

「いままでの3倍の汗をかけ」と言っています。数字のための営業ではなく、お客様のための営業をしてほしい。結果はいままでと同じで構わないが、そのために3倍の努力をしてほしい。そう指示しています。


松原泰道

工夫があることで知恵が湧き、世界が広がる。


麻生哲朗

机の前でCMのシナリオを考えることはありません。自宅のソファや車の中など、場所はまちまちです。手は動かさず、頭の中で考え続ける。できたと思う瞬間まで、左右の脳を何度も行ったり来たりするイメージです。


長友佑都

無我夢中でサッカーにのめり込むことも大切だが、熱くなりすぎることで周りが見えなくなることもある。


村上龍

昔の話をするときは楽しいが、現実に戻ると楽しくない、というのはたぶん「老化」。そうなったら「すでに自分には老化がはじまっている」という意識を持つことがまず大切かも知れない。


和久井康明

思いやりがあり、衆知を結集できる人材なしには企業は成長できない。


栗原幹雄

迷うよりも、やると決めた後に「どうすればうまくいくか」を考えるのが、私の流儀。


樋口星覚(樋口星太郎)

心だけを安定させようとしてもできません。まず体を整えることから始めましょう。体が整うと息が整ってくる。息が整うと心が整ってくる。これを禅では「調身・調息・調心」と言います。体、息、心の順で整い、心は最後なのです。


吉山勇樹

部下に優秀なところばかりみせられれば、嫉妬や反発を覚えるのが人間というものです。むしろ「俺がサポートしてやらなくちゃダメだな」と思わせ、上司にフォロワーシッブを発揮させて自分の味方につけてしまうのも、部下として上手な立ち回り方です。


ページの先頭へ