名言DB

9425 人 / 110833 名言

田村恵子の名言

twitter Facebook はてブ

田村恵子のプロフィール

田村恵子、たむら・けいこ。日本のがん看護専門看護師。和歌山県出身。聖路加看護大学大学院前期博士課程修了、大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了。淀川キリスト教病院勤務。ホスピス主任看護婦長を務めた。現場でがん患者、家族の看護に精力的に取り組んでいる。著書に『余命18日をどう生きるか』ほか。

田村恵子の名言 一覧

ある日、ポックリと死にたいと言う人がよくいますけれど、これは死を見たくないということの裏返しですよね。でも、やはり、生き抜いて、生き切るためにこそ、死について考える時間が必要なのではないか。ホスピスにいると、よくそんなことを思うんです。


生きた結果にあるものが「死」でしょう。死があるからこそいまが輝くという真実も、私はホスピスの現場でたくさん見て来ました。日本人は、そうした真実にあまりにも向きあわないできているのではないでしょうか。


時代錯誤もはなはだしいと言われるかもしれませんが、でも、寝ても覚めても患者さんのことを考えて、受け持ちの患者さんが亡くなられたら、夜中であろうとまず駆けつける、そういう中でしか仕事の本質について消化できないこと、看護師として前に進めないことが、私自身は多かったんです。


最近の若い看護師は、やりたいという気持ちは強いけれど、知識が乏しくてトレンドに振りまわされる傾向があります。しかし、日野原重明先生が指摘されたように、看護というのはサイエンスとアートの融合であって、やはりまずはサイエンスの部分を学んでもらわなければはじまらないところがあるわけです。


いまの教育は褒めて育てるのが主流ですけど、そればかりでは人間は育たないでしょう。


ホスピスでは、人間の知恵では及びもつかないことがたくさん起こります。そういった問題については「これは人間の領分ではなくて神様の領分なのだから」と保留しておいて、気持ちを引きずらないようにと心がけていますね。


常に緊張を強いられる仕事のため、生活には意識してメリハリをつけるようにしています。私はどこでも眠れる体質で、疲労をためこまずに済んでいますが、精神のコンディションを整えることも大事ですからね。


私たちの仕事は、答えは患者さんやご家族の数だけ存在しているというタイプのものです。だから、うまくいくことばかりでもないんです。どうしても答えが見つからないなんてこともよくあります。そういう時には、わからないことはわからないこととして、疑問を加工しないで持ち続けるようにしています。時間が経ってから取り出してみると、不意に答えが見つかることもありますので。


生き抜くというプロセスの中にそれぞれの方の死があるため、私たちがケアしているのはそれぞれの人生そのものと思っています。ここには、問いも答えも無限にあるので、やはり、やりがいも誇りもある仕事に就かせてもらっているなと思っていますね。


田村恵子の経歴・略歴

田村恵子、たむら・けいこ。日本のがん看護専門看護師。和歌山県出身。聖路加看護大学大学院前期博士課程修了、大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了。淀川キリスト教病院勤務。ホスピス主任看護婦長を務めた。現場でがん患者、家族の看護に精力的に取り組んでいる。著書に『余命18日をどう生きるか』ほか。

他の記事も読んでみる

山極寿一(山極壽一)

私は、京都の街そのものを大学のキャンパスとする「京都・大学キャンパス構想」を掲げています大学の中だけで座学で学ぶのではなく、もっと市内に出て様々な人たちと付き合い、自分を知ること。そして世界を知ること。京都は、日本の一都市ではなく、世界に通じている都市です。だから、そこに住む人々を通じて世界を知ることができるんです。


坂根正弘

「諦めること」を明確にしないと、集中できない。私は「世界の1位、2位になれない事業や商品は全部やめる」と宣言しました。実際、現在の売上高に占める「1~2位商品」の割合は、全体の9割近くに上ります。


サイモン・クーパー(経営者)

クレド(信条)は、単にゲームのプランでしかありません。実行に移すという段階が非常に重要なのです。ですからクレドを宣言して終わりではありません。従業員一人一人がどうクレドを実行していくかが重要です。


佐川隼人

「たまごリピート」は世の中にない製品で、しかもニーズがあったので、よく売れていきました。ストックビジネスなので、損益分岐点を越えると黒字が積み上がっていき、小さな成功を実感したときがありました。そんなとき「事業を売りませんか」という話がありました。事業を売れば、一生のんびり暮らせるかもしれない。売ってリタイアするか、自身で拡大させるか、考え抜いた結果、チャレンジしないのは男として、経営者として死に等しいという結論に至りました。そして、徹底的に事業を成長させ、ECで日本一の企業になろうと決めました。


吉越浩一郎

会社の理念とは、生きた経営の「イズム(主義)」でなければいけない。いまの日本経済には、こうした「イズム」が感じられない。いきいきとした生命力が失われており、日本全体が年老いて枯れているかのようだ。


三鍋伊佐雄

地元企業との連携を密にというのは30年以上前からの基本的な考えです。現在、設計・施工で協調している企業は約1万社、仲介業務の協調店舗も1万店以上あります。


田中良和(GREE)

完璧なプランニングのもとに人生設計をして、40歳になって失敗に気づいても15歳からやり直すというわけにはいきません。でも毎年、自分の可能性を少しずつ試しながら生きてきた人なら、失敗しても常にその直前まで戻ればいいだけだから、いくらでもやり直しがきくじゃないですか。


武田國男

リーダーがいないからというのは、逃げ口上でしかありません。いないんだから一人一人が自分でまず何ができるかを考えるべきです。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

実は私は遅読家なんですね。小学校時代から、ものわかりが遅い。ただ、一旦わかるとわかるのです。一度理解すると簡単には忘れないし、自分の考えを自分の言葉で話せるようになります。だから、自分より先にわかる人がいてもそんなに気にしなくていいと思っていました。そうした中で、私が学生時代に強く関心を持った学問は、哲学と数学でした。昔から、いかに真理に近づけるかに関心があるのです。


松本晃(経営者)

社員が求めていることを理解すことも大事。経営者の要望と社員の要望のマッチングがあって、初めて人は動く。これは部長や課長と部下との間でも、相手にする人数は違うけれども、原理原則は変わらない。