名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

田村恵子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田村恵子のプロフィール

田村恵子、たむら・けいこ。日本のがん看護専門看護師。和歌山県出身。聖路加看護大学大学院前期博士課程修了、大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了。淀川キリスト教病院勤務。ホスピス主任看護婦長を務めた。現場でがん患者、家族の看護に精力的に取り組んでいる。著書に『余命18日をどう生きるか』ほか。

田村恵子の名言 一覧

ある日、ポックリと死にたいと言う人がよくいますけれど、これは死を見たくないということの裏返しですよね。でも、やはり、生き抜いて、生き切るためにこそ、死について考える時間が必要なのではないか。ホスピスにいると、よくそんなことを思うんです。


生きた結果にあるものが「死」でしょう。死があるからこそいまが輝くという真実も、私はホスピスの現場でたくさん見て来ました。日本人は、そうした真実にあまりにも向きあわないできているのではないでしょうか。


時代錯誤もはなはだしいと言われるかもしれませんが、でも、寝ても覚めても患者さんのことを考えて、受け持ちの患者さんが亡くなられたら、夜中であろうとまず駆けつける、そういう中でしか仕事の本質について消化できないこと、看護師として前に進めないことが、私自身は多かったんです。


最近の若い看護師は、やりたいという気持ちは強いけれど、知識が乏しくてトレンドに振りまわされる傾向があります。しかし、日野原重明先生が指摘されたように、看護というのはサイエンスとアートの融合であって、やはりまずはサイエンスの部分を学んでもらわなければはじまらないところがあるわけです。


いまの教育は褒めて育てるのが主流ですけど、そればかりでは人間は育たないでしょう。


ホスピスでは、人間の知恵では及びもつかないことがたくさん起こります。そういった問題については「これは人間の領分ではなくて神様の領分なのだから」と保留しておいて、気持ちを引きずらないようにと心がけていますね。


常に緊張を強いられる仕事のため、生活には意識してメリハリをつけるようにしています。私はどこでも眠れる体質で、疲労をためこまずに済んでいますが、精神のコンディションを整えることも大事ですからね。


私たちの仕事は、答えは患者さんやご家族の数だけ存在しているというタイプのものです。だから、うまくいくことばかりでもないんです。どうしても答えが見つからないなんてこともよくあります。そういう時には、わからないことはわからないこととして、疑問を加工しないで持ち続けるようにしています。時間が経ってから取り出してみると、不意に答えが見つかることもありますので。


生き抜くというプロセスの中にそれぞれの方の死があるため、私たちがケアしているのはそれぞれの人生そのものと思っています。ここには、問いも答えも無限にあるので、やはり、やりがいも誇りもある仕事に就かせてもらっているなと思っていますね。


田村恵子の経歴・略歴

田村恵子、たむら・けいこ。日本のがん看護専門看護師。和歌山県出身。聖路加看護大学大学院前期博士課程修了、大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了。淀川キリスト教病院勤務。ホスピス主任看護婦長を務めた。現場でがん患者、家族の看護に精力的に取り組んでいる。著書に『余命18日をどう生きるか』ほか。

他の記事も読んでみる

土井英司

「一般読者は愚かにも新刊を読みたがり、良書を手にしたがらない」。これは僕の大好きなショウペンハウエルの『読書について』の一節ですが、まさに同感です。新刊と書いてあるだけで興味を惹かれてしまう人が多いのですが、それでは必要としている一冊には、なかなか出会えないでしょう。とくに、自分の得意分野以外の本に挑戦するときは、新刊よりも長く読まれている本がいいと思います。たとえば、奥付を見て10年以上に渡って売れ続けている本なら、間違いなく良書といえます。


名越康文

「どうせ自分は……」が口癖の人は要注意。愚痴をこぼすとエネルギーを無駄に使うため、たとえ体調が万全でもエネルギーが早々に尽きるのです。


林野宏

私がクレディセゾン(旧西武クレジット)に転籍した当時、社内は下を向いている社員ばかりでした。無理もありません。前身の緑屋は経営危機に陥り、セゾングループに入った後も再建がスムーズに進んでおらず、連戦連敗でした。こうした社内の空気を変えるために、私は「日本一のカード会社になる」というビジョンを掲げました。社員が下を向いてしまうのは夢や希望がないからで、顔を上に向かせるためには視線を向ける対象が必要だったからです。この目標を、月10万枚のカード発行という数字で示しました。1年で120万枚。当時、業界トップだったJCBのカード有効会員数は約700万人。JCBが現状維持なら計算上は6年で抜けます。一見、無謀ですが、具体的な数字に落とし込めば、決して手が届かないものではないとわかります。


栗原信裕

私は11年間、人事の仕事をし、サントリーフーズ社良時代は社員の意識改革に力を入れました。社員はブランドを育てるという意識が弱く、とにかく売上高を増やそうとしていました。私は営業担当者にグループの生産やマーケティング部門と一体になって、ブランドを育てようと言い続けました。特定保健用食品「特茶」のような高価格の商品は、初動が良くても、その後失速することが多いです。それでもヒット商品に育てることができたのは、意識改革の成果でもあります。


マイケル・ウィリアムソン(ホテル経営者)

予定をあまり詰め込みすぎると、自ら直接現場を見る時間がなくなり、すべてが机上論に終始することになってしまいます。そこで、スケジュールに必ず「フリータイムを設ける」ことを常に心がけています。


ヨハネ・パウロ・2世

暴力と武器が人間の問題を解決することは決してない。


乘京正弘(乗京正弘)

やはり腹を割って話さないと現場の円滑な進行はできない。


木村沙織

自分の直感を信じられるようになった要因の一つは母の言葉です。幼い頃から私が何かで成功すると、母はいつも「あなたはラッキーガールだから」と言ってくれました。特に意味はなかったと思います(笑)。でも言われ続けると、私はラッキーガールだから大丈夫と思えてくるんです。


汐見千佳

朝に友人や会社の人間と公園や皇居の周りを一緒にランニングしながら、近況のアップデートや仕事の相談をします。時には出社前にスイミングもします。ビジネス以外で人と会うのも、仕事が長引くなど日中や夜に比べ突発的なことが起きにくい早朝にしています。


相澤賢二

社員が辞めるときは引き止めません。明日どうぞと。そのあと戻ってきた社員が21人います。社員の一割が出戻り。彼らは倍働きます。一回全員が辞めてもらえばって思うくらい(笑)。社長も出戻りです。辞めるのは家出のようなものだから、戻ってきたら迎えてやらないといけない。


太田雄貴

ロンドン五輪では日本史上初となる(フルーレ団体)銀メダルを獲得。本当にみんなで頑張ったと思います。とくに残り1秒までもつれた準決勝のドイツ戦は、自分でもしびれる展開でしたね。あそこまでいくと、ただ勝ちたいとガムシャラに1点を取りに行くだけです。フェイントかけて、作戦立ててなんて無理。完全に気持ちでとった泥臭い得点だったんです。


内田勝巳

社会正義に合わせて、情念を整理できれば、上場を奨める。しかし、そうでなく上場をマネーゲーム的に考える人の上場は手伝えない。