田村亮子の名言

田村亮子のプロフィール

田村亮子、たむら・りょうこ。日本の柔道家。小学校2年で柔道を始め、15歳で福岡国際選手権優勝。その後、多くの勝利を勝ち取り、バルセロナ五輪、アトランタ五輪で銀メダルを獲得

田村亮子の名言 一覧

不安もプレッシャーもありますが、それをはねのけられるのは納得できる練習しかないんです。


銀メダルは負けてもらうメダルだから、学ぶことは大きい。なんで負けたのか、その悔しい思いが欠けている部分にあるんですね。
【覚書き:金メダル確実と思われたアトランタ五輪決勝戦で負けてしまったときの発言】


田村亮子の経歴・略歴

田村亮子、たむら・りょうこ。日本の柔道家。小学校2年で柔道を始め、15歳で福岡国際選手権優勝。その後、多くの勝利を勝ち取り、バルセロナ五輪、アトランタ五輪で銀メダルを獲得

他の記事も読んでみる

宮内義彦

日本は「霞が関」だけでなく、大企業も含めて官僚的組織になってしまっています。官僚的組織は自分の役割を粛々と行って終わりますが、それでは企業社会に最も必要なイノベーションは生まれません。


高野泰明

苦しい時には誰よりも経営者が会社の未来を信じ、決断する姿を見せた心意気は現場にも伝わった。


柳弘之

弊社の人材教育は、「市場感覚」と「現場感覚」の2つを磨くことをベースに置いています。


藤井フミヤ

自分自身を振り返ってみても、20代の男はガキだよね(笑)。30代でようやく女性の20代のような感じ。だから、失敗を恐れずじゃないけど、ガムシャラでいいんじゃないかな。


寺尾玄

たとえば、常識の代表格である「人に迷惑をかけてはいけない」。これは親が子供によく教えている常識の1つですが、改めて考えてみてください。人に迷惑をかけずに生きることなんてできますか? 親や兄弟、友人や知人、仕事の関係者、それこそ毎日、いろいろな人に迷惑をかけて生きていますよね。100人の人を助けるために、別の1人に迷惑をかけることだってある。誰かに迷惑をかけずに生きることはできないので、そもそも無理な注文なんです。もっと言えば、どうして迷惑をかけちゃダメなのでしょうか。人を嫌な気分にさせるから? でも、その人のために生きているわけではありませんよね。人間関係は摩擦が生じるのが当たり前。それに、持ちつ持たれつが人間関係の醍醐味だったりもします。こうして深く考えていくと、「人に迷惑をかけてはいけない」という常識は根拠が曖昧なことが分かります。同様に、社会通念として広まっている多くの常識も科学的根拠がありません。


戸塚隆将

日本では提案と提案者が一体のものとみなされて、「こんな提案をするお前はダメなやつだ」と個人攻撃が起こりがちです。しかし、向こうでは「このファクトが弱い」「もっと別のファクトはないのか」とファクトに集中するので、個人攻撃に発展せずに議論が建設的に進んでいきます。突っ込みは厳しいのですが、人格まで否定されることはないので、かえって安心して議論ができます。


相澤賢二

自分が努力したことによって結果が出る。あるいは、お客様に教わることで、うまくいくようになる。そうした体験をすると、営業という仕事はどんどん楽しくなっていくんです。


小枝至

とにかくいい本を読み、知り、そこで自分なりに何かを考えること。それがいつか自分の血となり肉となります。


守本正宏

我々、日本人が持っている強みを生かした技術だとかビジネス、これをもっと本格的に伸ばすべきではないかと思います。日本人の特長を生かしたビジネスモデル、技術を世界に売り込んでいく形にしていくべきです。そうでなくては本当の技術革新は生まれないのではないかと思います。それは日本人が持つ職人技とか「匠の技」です。


小山龍介

これからの時代は、大量の情報をインプットするだけでなく、しっかりとアウトプットすることが重要。


デール・カーネギー

私は底まで落ちたが、とにかくそれに耐えてきた。これから上へ行くだけだ。


岸見一郎

そもそも、なぜストレスが生じるのかと言えば、それは理想と現実のあいだにギャップがあるからです。「こうあるべきだという理想に現実が合わないとストレスを感じる。このギャップが大きければ大きいほど、ストレスは大きくなります。ですから、ストレスを小さくする方法の一つは、理想を低くすることでしょう。


金子和斗志

真に地域に必要とされ、地域に愛される会社であるためには、何が必要か。それは、人をどれだけ大事にできるか、人の可能性をどれだけ伸ばしモチベーションを上げて潜在能力を発揮してもらうか、究極的にはそれしかないと私は考えるようになりました。そこで問われるのは、「人材」を「人財」にするという経営者の覚悟です。だからこそ、当社では採用時から「人」には格別の時間と労力を割いてきました。


松本紹圭

現代のような知識社会では、企業の未来を切り拓く価値を生み出す源泉は、やはり人にあります。管理型のマネジメントでは企業のブレークスルーとなるような価値を創出することはできません。企業としても一人一人のリーダーシップを開発していく必要があります。


サミュエル・ジョンソン

好奇心は、力強い知性の最も永久的な特性のひとつである。


ページの先頭へ