名言DB

9490 人 / 112001 名言

田嶋一雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田嶋一雄のプロフィール

田嶋一雄、たじま・かずお。日本の経営者。ミノルタカメラ創業者。慶應義塾大学卒業後、日本電報通信社(のちの電通)広告部に入社。関東大震災を機に同社を退社し、家業の貿易会社田嶋商店に移る。父の推薦で日本商品旅商団に参加し、海外を視察するなかで光学に興味を示し、帰国後カメラ製造の道へと進む。

田嶋一雄の名言 一覧

皆は一様に「こんな常識はずれの物は売れませんよ」と、すげない態度。「売ってみなければわからないじゃないか」と言ってくれたのは、たったひとりだった。
【覚書き:ヒット商品ミノルタベスト発売当時を振り返っての発言。ミノルタベスト(Minolta BestもしくはMinolta Vest)は一風変わった形をしており現在でもカメラコレクターの間で高い評価を得ている】


田嶋一雄の経歴・略歴

田嶋一雄、たじま・かずお。日本の経営者。ミノルタカメラ創業者。慶應義塾大学卒業後、日本電報通信社(のちの電通)広告部に入社。関東大震災を機に同社を退社し、家業の貿易会社田嶋商店に移る。父の推薦で日本商品旅商団に参加し、海外を視察するなかで光学に興味を示し、帰国後カメラ製造の道へと進む。

他の記事も読んでみる

田中靖浩

最近、企業から「新規事業立ち上げチームをつくったので、会計の研修をしてほしい」と頼まれることがよくあるのですが、行ってみると例外なくメンバーのテンションが低い(笑)。なぜなら彼らは「やらされている」からです。新規事業は「やりたくてやる」から楽しいのであって、無理やりやらされても意欲は湧きません。そもそも新規事業をやる前に会計を学ぶ、という発想が疑問です。お金のことなんて事業化の目途がついてから考えればいい。始める前から自由な発想が阻害されてしまうのです。


桜井稚子(櫻井稚子)

お客様に助けられて今がある。社員には「上司の顔色を見て仕事をするのではなく、お客様に喜ばれる仕事をしよう」と言っています。


春田真

ベンチャーをやってきた自分の経験を生かして、ゼロからイチを生み出す起業や、イチの企業に投資をして10にも100にも、自分も一緒になって大きくしていきたい。


庄野直之

世界中で反グローバリズムの傾向が強まる中、経営者として、どんな状況、どんな世界にも、対応できるようにしていきたい。


大岩俊之

良い本は何度も読むことで自分の血肉となる。そんな本に出合うためにも、まずは読書習慣を身につけましょう。


三村明夫

仕事のやり方そのものを変えなければならない。働き方を変えなければ生き残れない。


川田修(ライフプランナー)

はっきり言えば、「川田修から生命保険を買いたい」と考えているお客様は、この世に一人もいません。お客様が考えているのは、「信用できる人に、問題を解決してほしい」ということだけです。


新藤兼人

私は間もなく89歳になりますが、これからも映画を撮り続けようと思っています。年を取ったら取ったなりに、新たな素材との出会いがありますから、常に企画を何本か用意して、準備しています。準備をしているということが生きていることなんです。その途中で死んでも構いません。準備しながら生きること、それは自分の安定感になります。約束された安息ではなくて、どうなるかわからないという安定感です。


前川孝雄

会議では思わず意見を言いたくなるような楽しい仕掛けをありとあらゆる面から用意する必要があります。たとえば、お菓子やジュースなどを机の上に広げ、飲み放題、食べ放題とするのです。私がリクルート在職中に編集長を務めた若手社会人向けメールマガジン『リクナビCAFE』では、青山のカフェや銀座のイタリアンで企画会議を実施したりしていました。こういったリラックス空間の中、部下からいいアイデアがバンバン飛び出し、日本中の若手社会人の3人に1人は読むというお化けメディアに成長させることができました。


榊原英資

世の中に「絶対に正しい」答えなんてないんです。だからこそ優秀な人ほど必死で情報を集め、分析して考えるわけですよ。


羽鳥兼市

実は私ね、子供のころから、何かしら商売の真似ごとのようなことはやっていたんです。例えば、知り合いから納豆を格安で仕入れて、別の場所でそれを売ると当然利益が出るわけです。普通の子供ならそれを小遣いとして使ってしまうことが多いと思いますが、私はそれをしませんでした。別に高尚な考えがあったわけではありません。「このお金を元手にすれば、倍の納豆を仕入れられるじゃないか」。つまり、自分が行動することによって、モノがおもしろいように売れていくことが、ただひたすらに楽しかったのです。いわばゲーム感覚とでも言えるかもしれませんね。


出口治明

脳に刺激を与えるには、「飯、風呂、寝る」という生活から、「人、本、旅」という暮らしに移行する必要があります。つまり、たくさんの人に会い、本を読んで、いろいろなところに行って刺激を受ける。そうしなければ、生産性は上がりません。これが、働き方改革の基本。