田嶋一雄の名言

田嶋一雄のプロフィール

田嶋一雄、たじま・かずお。日本の経営者。ミノルタカメラ創業者。慶應義塾大学卒業後、日本電報通信社(のちの電通)広告部に入社。関東大震災を機に同社を退社し、家業の貿易会社田嶋商店に移る。父の推薦で日本商品旅商団に参加し、海外を視察するなかで光学に興味を示し、帰国後カメラ製造の道へと進む。

田嶋一雄の名言 一覧

皆は一様に「こんな常識はずれの物は売れませんよ」と、すげない態度。「売ってみなければわからないじゃないか」と言ってくれたのは、たったひとりだった。
【覚書き:ヒット商品ミノルタベスト発売当時を振り返っての発言。ミノルタベスト(Minolta BestもしくはMinolta Vest)は一風変わった形をしており現在でもカメラコレクターの間で高い評価を得ている】


田嶋一雄の経歴・略歴

田嶋一雄、たじま・かずお。日本の経営者。ミノルタカメラ創業者。慶應義塾大学卒業後、日本電報通信社(のちの電通)広告部に入社。関東大震災を機に同社を退社し、家業の貿易会社田嶋商店に移る。父の推薦で日本商品旅商団に参加し、海外を視察するなかで光学に興味を示し、帰国後カメラ製造の道へと進む。

他の記事も読んでみる

工藤公康

人から言われて教え込まれるのではなく、自分で気づいた選手のほうがはるかに伸びる。そのほうが自分で自分を伸ばす方法を考え続けるようになる。


ショーンK

圧倒的に大切なのが聞くこと。なのに、いまのビジネスマンは話しすぎです。商談=プレゼンと誤解し、商品や自分を売り込もうと必死に言葉を重ねる。空回りしたあげく、ビジネスチャンスを逃すことの繰り返し。


近藤宣之

教育制度や人事評価制度も重要。この二つの制度は車の両輪。


菅原明美

VIPたちの特徴を挙げるなら、皆、自分を分かっているということ。


渡辺明(渡邊明)

序盤はある程度、過去のセオリーが役立つのですが、中盤から終盤にかけて、ごちゃごちゃしてくると例外だらけになる。そこからはその場その場の読みの勝負になってくる。


立石豊

33歳で父の後を継いだのですが、当時の弊社はいわゆる3K職場。さらに、ちょうど年配社員が大量に定年を迎え、人がどんどん抜けていった。当時の離職率はなんと40%。新たに人を採用しつつこの状況から脱するには、「人を大切にする経営」が不可欠と考えたのです。


秋山剛

ホームランを打っても大して評価されないのに、一度ミスを犯すとすぐに責められる。そんな減点主義の職場では足の引っ張り合いが起こりやすい。他人がミスをして脱落すれば、自分がレースで勝ち残れるからです。


星野佳路

危機感をもって自分を鍛える。そのためのツールとしてライバルが必要なわけです。スポーツや勉強と一緒です。


前川孝雄

仕事を抱え込みがちな人は、自分の癖や習慣を見直してみることも必要だと思います。たとえば、普段の仕事の中には、なんとなく続いている会議やミーティングが意外に多いのではないでしょうか。無駄と思える仕事も抱え込んでしまうのが、抱え込み癖のある人の特徴なのです。


児玉和

私のモットーは、「明るく、楽しく、元気よく」です。


大久保幸夫

30代前半にやっておくべきは「弱みの克服」です。10年近く働けば、自分の弱みは十分自覚できていることでしょう。しかし、その克服が可能なのはせいぜい30代前半までです。30代半ばを過ぎるころには、弱みはもう直らないものとして、強みを伸ばす方へシフトせざるを得なくなります。30歳を目安にラストチャンスと思って弱みの克服を意識的に行っていくと、後々の成長につながるはずです。


金川裕一(経営者)

企業の社会的責任は雇用にある。


中野幸治

私は会社に戻る前の1年間、中小企業大学校の経営者育成コースに通っていました。そこで、自社の経営分析なども行なっていたので、研究の中で会社の現状を知ることも必要でしたし、伸ばすべきところ、必要なものなどを入社前に考えることができました。


村瀬治男

極端な話、課長だからと言って遠慮しないで、ときには部長の仕事までやったって、いいのではないでしょうか。また、部長が下りてきて、課長の仕事に首を突っ込んでもいいのではないかと思うのです。


野田順弘(オービック)

部下が成功を体験するまで待つというのは、相手に自分で自分の課題に気づかせるという意味合いもあります。上司が手取り足取り教えて指導しても、それでは部下の成長につながりません。部下が失敗をしたら、原因がわかっていてもあえて具体的に指導せずにおくのです。「上手くいかなかった原因を自分で考え、次にまた頑張りなさい」と声をかければ十分です。成功したときに、その答え合わせをしてあげればいい。


ページの先頭へ