名言DB

9412 人 / 110637 名言

田崎太郎(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

田崎太郎(経営者)のプロフィール

田崎太郎、たさき・たろう。日本の経営者。「ユビニティー」社長。環境系成長ベンチャー事業部長、子会社取締役などを経てユビニティーを設立。

田崎太郎(経営者)の名言 一覧

ビジョンを明確に話し、共感してもらう。そうすることで、全員で同じ目標に向かっていくことができる。


長期的な目標として掲げているのは、顧客から頼られる営業会社を目指すこと。


当社の企業理念は「三方良し(売手良し・買手良し・世間良し)」です。お客様が利益を出すことができれば、必ず自分たちにも返ってくると信じています。


社員たちには、なるべく多くのチャンスを与えるように心がけています。例えばリーダーなどの役職に抜擢したり、事業へのアイデアがあれば実践させてみたり。挑戦することが、彼らを一流のビジネスパーソンへと育てていきます。


事業を拡大したり部下を育成したりと、前職では様々な経験を積むことができましたが、大きな成長が見込める省エネルギーの分野で、自分なりのやり方で0から1を作ってみたいと考え決断しました。


国内の大手電力会社は地域ごとに分かれているため競争原理が働きにくく、昨年4月の電力自由化以降もその傾向は変わりません。当社はベンチャー企業として、一社ずつコツコツと提案を繰り返しながら、これまで8千社以上のお客様の電気料金を削減してきました。


ベンチャー企業ならではの若さとフットワークを活かして、都市部だけでなく地方で地場産業を守る方々や地道に日本のモノづくりを支える企業など、他者が訪問しないようなお客様まで積極的にサポートしていくことに、大きな意義がある。


スタートアップのベンチャー企業は、モノづくりや開発に大きな投資が必要ですが、当社には成長性の高い市場と販売するためのノウハウがあり、そこに成果報酬型で提案していくことで、コスト削減を必要とするお客様にすぐに評価していただくことができました。


田崎太郎(経営者)の経歴・略歴

田崎太郎、たさき・たろう。日本の経営者。「ユビニティー」社長。環境系成長ベンチャー事業部長、子会社取締役などを経てユビニティーを設立。

他の記事も読んでみる

長谷川豊(経営者)

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンで日米合わせて15年間働いた後、私は実家の家業でもある当社(ヤマト)に戻ってくることになりました。当初は日米の商習慣の違いや時間軸の速さ(遅さ)、そして扱うお金の単位(億と銭)の違いなど、いろいろなことに戸惑いました。これは私だけでなく社員も戸惑っていたと思いますが、何度も何度も話し合いを重ねることで相互理解を深めていったのです。


安渕聖司

経験の少ないビジネスマンは、できる範囲内で早めに仕上げて上司の指導を仰ぐべきです。間違えてしまっても怯まず、同じ間違いを二度としないようにするのが大切です。


安藤文男

当社の社員はスポーツにも積極的で、若い社員を見ていると、スポーツで良い成績を挙げると、それが自信となって仕事に前向きになる社員が多いように思います。


山西治男

私が見てきた日本人の多くは、学生時代に文法も単語も勉強したのに、いざ話そうとすると知っているはずの英語でもすぐに出てこない……というパターンが大半でした。なぜこのようなことが起こるのか。その最大の要因は、日本語と英語は語順が違うからです。英語教材や英会話スクールでは、「英語で考えて英語で話しましょう」と指導することが多いようですが、これは英語学習者が目指す最終ゴール。生まれてからずっと日本語で考え、日本語で話してきた人が、いきなりこれを実践しようとしてもうまくいかないのは当然です。


永田豊志

図解の最大のメリットは、見た瞬間に全体像が理解できること。ジャーナリストの池上彰さんの情報番組を見ていると、その効果がよくわかります。専門的な話になると、決まってフリップボードが登場し図解で説明が行なわれます。すると一見複雑な政治問題も、まるで子供のケンカのように、単純な構図ですんなり理解できるのです。一方で、ビジネス文書でよく使われる「箇条書き」は伝わりにくい見せ方の最たるもの。情報の羅列にすぎず、一字一句を読まないと内容が理解できないからです。


近藤宣之

重要なのは、具体的な取り組みの根底にある経営者としての考え方です。


野田稔

「念のため」「とりあえず」がムダな仕事を生んでいます。とくに単純作業においては、そこに人件費が発生しているという意識が薄くなりがちです。日本人は「ミスをしないこと」「言われたことを正しくやること」に価値があると考えます。この優等生的な働き方は単純に仕事量を増やし、付加価値を生んでいないことを、まずは認識することです。


三宅占二

ハイネケン・ジャパン社長のビヘラー氏の日本語は片言で、私の英語も英会話学校で勉強中といった程度です。最初は正確を期すために通訳を使っていましたが、ある日、思い切って通訳を外しブロークンイングリッシュでドンドン話すようにしました。不思議なもので、そのほうが気持ちが通じる。そうこうするうちに1年もすると、どういったときには相手がどう考えるのか、わかるようになってきました。


花輪陽子

なんとなくで貯金の金額を決めてしまうのは非常に危険。それでは将来の自分の首をどんどん絞めることになる。月にいくら貯金したほうがいいかは、将来いくら必要になるかから逆算して考えなければいけない。


野村忠宏

実は僕は怖がりなんです。負けた時のことをよく考える。負ければ評価も下がるし、他人の目も気になる。柔道はオリンピックの中でも負けが許されない競技。極端な話、負ければ誰からも相手にされなくなる。これまで、親しい先輩がオリンピックの敗北で、寂しい思いをする姿を何度も見てきましたから。悪いことしか頭に浮かばない。負けることへの恐怖。もう、そればかりですよ。


田中実(経営者)

ひとつのサイトにはなるべく依存しない。


吉田忠裕

技術力で新しい価値を創造できなければ、淘汰される。


森正文(経営者)

交渉の場面では、こっちも気合が入っているという素振りをわざと見せます。「気合が入ってきたなぁ」といって上着を脱いでみたり、腕まくりをしてみたり、ネクタイを緩めてみたり(笑)。自分が真剣だというメッセージが伝われば、相手も真剣にならざるを得ません。お互いに本気にならない限り、真剣なビジネスの話はできませんから。


松井知敬

基本的に仕事って生きていくための手段だと思いますが、私の場合、人生の生きがいとして仕事で成功したいという想いが強いです。成功したいという想いを持つ人は多いと思いますし、人によって領域はいろいろあるかと思いますが、私の場合は仕事で成功したい。それが自分の中の「なりたい自分」です。自分の価値を世の中に提供するための手段といえば聞こえはいいのですが、結局は自分の心の満足のためなのではないかと思います。起業して会社やサービスを継続できるということは、人に必要とされているということですから、やっぱり嬉しいですよね。それが、私の心の満足。


北城恪太郎

英語で「ドント・シュート・ザ・メッセンジャー(情報をもたらす人間を撃つな)」というんですが、現場の正確な情報が欲しかったら怒ってはいけない。怒られると分かっていたら社員は悪い話を上げません。