名言DB

9412 人 / 110637 名言

田崎ひろみの名言

twitter Facebook はてブ

田崎ひろみのプロフィール

田崎ひろみ、たざき・ひろみ。日本の経営者。「JACリクルートメント」会長。京都出身。英国金融機関を経てJACグループに入社。JACジャパン設立に携わり取締役などを経てJACリクルートメント社長に就任。

田崎ひろみの名言 一覧

当社の財産は何といっても人。人材育成は永遠の課題です。


現場の人材力が事業の成否を左右するサービス業は、やはり優秀な人材を確保して現地化することが不可欠。


英語がしゃべれるだけではダメです。プラスカルチャーが必要。「バイカルチャー」だからこそ、現地の人のものの考え方などを許容できる。


ゼネラリストは一番使えない、というのがグローバルな人材紹介の世界の常識です。外国の企業と対抗するために、日本企業も、各分野のスペシャリストが必要になっています。


当社は常に、ニッチな分野でのナンバーワンを目指しています。業界別に担当を分けて、各業界で、ここで人を紹介させたらJACの右に出るものはないと言われる仕事をしたいと思っています。


日本人は優秀ですし、異文化と融合すること自体は決して苦手ではないんです。ではなぜそれがうまくできないのか、やっぱり語学です。英語は今やビジネスをしていく上では最低限のマナーだと思います。


本来であれば、海外拠点のトップは自分より優秀な人を採らないといけない。そうしないといずれ頭打ちになります。海外進出した直後は、御しやすい人材を下に配置してもいいと思います。そうじゃないと事業がうまく回らないから。でも、その後は徐々に変えていかなきゃいけない。そのスパンをどれくらい短くするかで、グローバルで勝てるかどうかが決まります。


バイリンガルなだけでは海外でオペレーションはできません。英語はできても、意識が日本を向いているので、現地になかなかなじめない。バイカルチャーな人は、異文化に対する理解度が高いので、オペレーションの質に2倍、3倍の差が出てきます。海外で成功するためには、まず欠かせない人材です。


田崎ひろみの経歴・略歴

田崎ひろみ、たざき・ひろみ。日本の経営者。「JACリクルートメント」会長。京都出身。英国金融機関を経てJACグループに入社。JACジャパン設立に携わり取締役などを経てJACリクルートメント社長に就任。

他の記事も読んでみる

野口健

日本人は社会問題で自分の意見を主張する人が少ないように思えます。自分の好きなように生きていくだけでは、社会人としての責務を果たしているとはいえません。社会的な課題を自分たちの問題と意識し、行動する人が増えることを願っています。


中埜和英(八代目・中埜又左衛門)

これからの時代は、デジタル化で売り方はすごく変わっていくと思います。単に商品を流すのではなくて、企業と消費者がどうコミュニケーションできるかが重要です。


岡野雅行(岡野工業)

技術力だけじゃ駄目なんだ。情報収集力がないと、仕事の選び方も間違えちまうし、細かい話、値段の付け方だって失敗しちゃう。それじゃ仕事がうまく回るはずがない。適正な値段をつけて、きっちり稼ぎ、利益を的確に先行投資していく。ホントに大事なのはそこだ。


ダン・ケネディー

高卒や高校中退で成功した人は大勢いる。トム・モナハンがドミノ・ピザの前身となる小さなピザ店を開いたのは25歳のときだった。大学も出ていなかったし、ビジネスの経験もなかった。商売のやり方を教えてくれる人もいなかったし、資金もなかった。開店後一週間の売り上げは99ドルだった。しかしそれから25年後、ドミノピザは2500店を超す店舗を持つまでになった。


アリストテレス

手は、道具の中の道具である。


山本良一(経営者)

当社は今年、「くらしのあたらしい幸せを発明する。」というグループビジョンを設定いたしました。暮らし方、楽しみ方の両方で、どんどん新しいことをお客様に提供していくにはどうしたらいいのか。百貨店の魅力というのは、非日常の空間であったり、新しいものに触れるワクワク感だったりすると思うんです。新しいビジョンに「発明」という言葉を使ったのは、発見とか提案と言われてもお客様に大して刺激を与えることができない。お客様に「え、こんなものがあるの?」とか「こんなことができるの?」と言ってもらえるように、新しい何かを発明していく。そういうレベル感でやっていこうと。


岡村隆史

仕事でパーフェクトを出した実感がまだないんです。これまで多くの仕事をやらせていただいて、その中には「今日はよかったな」という手応えが残ることはありましたけど、百点満点は出していない。


泉谷直木

いつも扉を開けっ放しにしている社長室には、合計10面分の大判ホワイトボードが置いてあります。僕自身がマーカーで図表や文を書き込んでいます。これも僕にとっての手帳です。「当社の現状と将来に向けた成長ストーリー」と「新商品・新ビジネスのアイデア」を書いています。


出口治明

どんなプロジェクトでも、山あり谷ありは避けられません。「谷」の時期には、メンバーは元気を失います。そのときに、みんなを安心させて最後まで引っ張っていく力が必要になります。一般には統率力といわれるものですが、その実態を考えれば、コミュニケーション能力ということでしょうね。一人一人と丁寧にコミュニケーションを取って、盛り立てていく能力です。


蓑宮武夫

長期の視点が大事だというのは技術の世界では常識です。私はよく「桃栗3年柿8年、CCD16年」と言っていました。私が手がけていたCCD(電荷結合素子)という技術が花開くまでには、実に16年かかったのです。今のソニーの復活も、私がいた頃から進められていた努力が長い年月を経て花開いたからだと思っています。人生80年~90年時代です。ぜひみなさんも今のうちから、長期のプランを考えてほしいと思います。


江上剛

銀行員時代、年を取っても変わらず、上の人に言いたいことを言っていましたね。これだけズケズケ言えば、普通は干されると思いますよね。でも、じつはそれでも出世したんですよ。最終的には支店長になり、役員一歩手前まで来ていたことも人事から聞きました。なぜ認めてもらえたのか。それは、単純に熱かったからだと思います。私は、何でもかんでも空気を読まずに反発していたわけではありません。反論するのは、本当に疑問に思ったり、銀行のためにならないと考えたりした時。上司を個人攻撃しようという気はまったくありませんでした。だから、必ず反対するだけでなく、対案を出すようにしていましたね。また、何か提案した時に1回否定されたとしても、諦めずに何度も言っていました。アフター5に酒を飲んでいる時でも、「あの件ですが……」としつこく話題に出していました。こういうことをしていたら、上司や年長者から、「言うこと聞かないけど、熱くて、面白い奴だ」といわれるようになった。それで、いろいろな役職を任せてもらえたのです。


松重豊

蜷川(幸雄)さんの教えで痛感したのが、演劇は生ものだということ。公演に備え、稽古場に通って1か月くらいは稽古漬けの毎日。当然セリフの言い回しや、細かい動きまで厳しい指導を受けます。それをくり返すうちに、蜷川さんから演技にOKが出る。でも、安心できません。「これでいい」と合格点をもらった演技を翌日もそのままやると怒鳴られます。つまり、ラクしてはいけないんです。堕落しないために常に自分を疑って検証しろ、と叩き込まれました。


酒井博文(経営者)

当たり前のことを当たり前に遂行してきたからこそ、今がある。


三ツ井創太郎

問題の本質を探らず、小手先のマーケティング戦略で短期的に売上げを回復させても、むしろ問題を広げてしまい、逆効果になります。そこで私は、まずは「経営の土台」を作ろうと提案します。目先の出血を止めることにだけ集中すると同じ問題がまた起こります。本来、店をどうしたいのか、土台がしっかり固まり、その後で穴を塞げば、販売促進の効果が出て利益が出るようになります。


中沢啓治

原爆をテーマにした『黒い雨にうたれて』という作品を描きました。ところが、この作品を発表するまでには、長い時間を要しました。当時はまだ、米国がメディアを統制していたからです。大手出版社のどこに持ち込んでも、「強烈過ぎて掲載できない」と言う。1年半ほどたった頃、ホコリを被った原稿を引っ張り出して気づいたんです。誰でもいい、見てくれる人が少しでもいいじゃないか、と。そこで、エロ本を出していた出版社に持っていったのです。アダルト向けの『漫画パンチ』という雑誌の編集長が骨のある人で「やりましょう。ただし、あんたと俺はCIA(アメリカ中央情報局)に捕まるかもしれない。覚悟しろ」と言われました。僕は、「いいですよ。喜んで捕まりますよ」と答えました。