名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

田崎ひろみの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田崎ひろみのプロフィール

田崎ひろみ、たざき・ひろみ。日本の経営者。「JACリクルートメント」会長。京都出身。英国金融機関を経てJACグループに入社。JACジャパン設立に携わり取締役などを経てJACリクルートメント社長に就任。

田崎ひろみの名言 一覧

当社の財産は何といっても人。人材育成は永遠の課題です。


現場の人材力が事業の成否を左右するサービス業は、やはり優秀な人材を確保して現地化することが不可欠。


英語がしゃべれるだけではダメです。プラスカルチャーが必要。「バイカルチャー」だからこそ、現地の人のものの考え方などを許容できる。


ゼネラリストは一番使えない、というのがグローバルな人材紹介の世界の常識です。外国の企業と対抗するために、日本企業も、各分野のスペシャリストが必要になっています。


当社は常に、ニッチな分野でのナンバーワンを目指しています。業界別に担当を分けて、各業界で、ここで人を紹介させたらJACの右に出るものはないと言われる仕事をしたいと思っています。


日本人は優秀ですし、異文化と融合すること自体は決して苦手ではないんです。ではなぜそれがうまくできないのか、やっぱり語学です。英語は今やビジネスをしていく上では最低限のマナーだと思います。


本来であれば、海外拠点のトップは自分より優秀な人を採らないといけない。そうしないといずれ頭打ちになります。海外進出した直後は、御しやすい人材を下に配置してもいいと思います。そうじゃないと事業がうまく回らないから。でも、その後は徐々に変えていかなきゃいけない。そのスパンをどれくらい短くするかで、グローバルで勝てるかどうかが決まります。


バイリンガルなだけでは海外でオペレーションはできません。英語はできても、意識が日本を向いているので、現地になかなかなじめない。バイカルチャーな人は、異文化に対する理解度が高いので、オペレーションの質に2倍、3倍の差が出てきます。海外で成功するためには、まず欠かせない人材です。


田崎ひろみの経歴・略歴

田崎ひろみ、たざき・ひろみ。日本の経営者。「JACリクルートメント」会長。京都出身。英国金融機関を経てJACグループに入社。JACジャパン設立に携わり取締役などを経てJACリクルートメント社長に就任。

他の記事も読んでみる

小坂敬

食事をする時、同じ店に通う人もいますが、私は行ったことのない店に行くタイプです。もちろん、がっかりすることもありますが、それでも良いと思っています。次は行かなければ良いわけで、それよりも、未知の経験をしたいと思っています。


傳田信行

人が成長するには失敗の経験が必要。会社全体に影響を与えないまでの失敗はさせたほうがいい。ただし、それには部下を見守る我慢が必要。この我慢が人材育成には大切だと感じています。


本田直之

月に5万円貯めたいのなら、収入の中からあらかじめ5万円を差し引いて、貯金に回せばいいだけの話です。勉強も同じで、1日2時間勉強したいのなら、勉強する時間帯を決めてしまえばいいのです。それで生活が苦しくなるかといえば、そんなことはありません。必ずやると決めた時間以外は遊んでもいいわけで、修行僧のような生活を送れ、といっているわけではありません。


菊原智明

解決策をできるかぎりのスピードで伝えることも重要。もし「すぐ資料を送ります!」と言ったのに3日後に送れば、「やる気ねえなあ……」と思われます。逆に普段からメールも電話の折り返しも早くすれはするほど、多くの問題は未然に防げるのです。


出井伸之

私は33歳の時に、物流センターに配属されました。大手メーカーの本社の企画スタッフにとっては左遷と言われてしかるべき部署です。しかし、裏側からソニーを見ることができたことは後のキャリアで役に立ちました。また、ソニーで初めてコンピュータが導入されたのは物流センターでした。プログラミングも実際にやってみて、コンピュータを使えば様々なことが出来ると気付きました。後に、コンピュータ事業部の部長を務めることになりましたが、現場に出たことで最先端の技術に出会えたのです。


北条氏綱

古い物語を聞いても、義を守って滅亡するのと、義を捨てて栄華をほしいままにするのとでは、格別の相違があるものだ。大将の心がけがこのようにしっかりと定まっていたならば、その部下の侍どもは、義理を第一と思うものだ。


長井啓

顧客の声を拾うには時間も人員も必要。加工時間を極力短縮し、製造コストの低減に力を入れています。


山田真哉

わかりやすい文章を書くときに、「誰が」「何を」「どうした」というように、主語と述語をはっきりとさせることが大切です。


佐藤優

僕たちの世界は残念ながら我利我利の資本主義社会ではあるけれど、国家や資本という巨大なシステムにどっぷりとはまるだけじゃなくて、小さな僕らの世界をつないでおく。そのリアリティを大切にすることが、お金に振り回されず、お金を味方にするひとつの方法だと思う。


笹氣健治

新聞や雑誌の記事に触発されて何かを始めようと決意する人が多いのですが、触発された記事を切り抜いておき、常に見える場所に貼っておくといいでしょう。それを始めた動機を忘れないようにすることは、継続に役立ちます。


倉本聰

僕の生業とするシナリオライターという職業にあっては、登場人物が口にするセリフと裏腹に、本心何を考えているかを表現することが第一の目標で、その言行不一致をいかにビビッドに、ある時はおかしく、ある時は辛辣に描くことこそシナリオ書きの醍醐味なのである。役者もまたその延長線上にある仕事で、口にする言葉とは全く逆のことをその人物が考えているとするなら、そこをこそ演じるのが名優の技であって、セリフとは真逆のインナーボイスをうまく観客に伝えなければならない。


厚切りジェイソン

現在はIT企業と芸人というかたちですが、僕にとっては2つの仕事を同時に行うのは当たり前のこと。アメリカでは企業勤めをしながら日本語の研究で修士号をとったし、日本でも働きながらお笑いスクールに通っていた。