名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

田崎ひろみの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田崎ひろみのプロフィール

田崎ひろみ、たざき・ひろみ。日本の経営者。「JACリクルートメント」会長。京都出身。英国金融機関を経てJACグループに入社。JACジャパン設立に携わり取締役などを経てJACリクルートメント社長に就任。

田崎ひろみの名言 一覧

当社の財産は何といっても人。人材育成は永遠の課題です。


現場の人材力が事業の成否を左右するサービス業は、やはり優秀な人材を確保して現地化することが不可欠。


英語がしゃべれるだけではダメです。プラスカルチャーが必要。「バイカルチャー」だからこそ、現地の人のものの考え方などを許容できる。


ゼネラリストは一番使えない、というのがグローバルな人材紹介の世界の常識です。外国の企業と対抗するために、日本企業も、各分野のスペシャリストが必要になっています。


当社は常に、ニッチな分野でのナンバーワンを目指しています。業界別に担当を分けて、各業界で、ここで人を紹介させたらJACの右に出るものはないと言われる仕事をしたいと思っています。


日本人は優秀ですし、異文化と融合すること自体は決して苦手ではないんです。ではなぜそれがうまくできないのか、やっぱり語学です。英語は今やビジネスをしていく上では最低限のマナーだと思います。


本来であれば、海外拠点のトップは自分より優秀な人を採らないといけない。そうしないといずれ頭打ちになります。海外進出した直後は、御しやすい人材を下に配置してもいいと思います。そうじゃないと事業がうまく回らないから。でも、その後は徐々に変えていかなきゃいけない。そのスパンをどれくらい短くするかで、グローバルで勝てるかどうかが決まります。


バイリンガルなだけでは海外でオペレーションはできません。英語はできても、意識が日本を向いているので、現地になかなかなじめない。バイカルチャーな人は、異文化に対する理解度が高いので、オペレーションの質に2倍、3倍の差が出てきます。海外で成功するためには、まず欠かせない人材です。


田崎ひろみの経歴・略歴

田崎ひろみ、たざき・ひろみ。日本の経営者。「JACリクルートメント」会長。京都出身。英国金融機関を経てJACグループに入社。JACジャパン設立に携わり取締役などを経てJACリクルートメント社長に就任。

他の記事も読んでみる

柳川範之

危機を実感してから始めるのでは遅い。例えば40代から準備して過ごす20年と、50代で焦って始める10年では、その差は歴然でしょう。給料があるうちに、準備を始めるべきです。


竹田和平

株に絶対はないし、株価が思惑に反して上下するのは当然のこと。だから誰でも必ず失敗する。問題はそこから先で、失敗から何を学べるか。失敗して、損した結果がすべてを教えてくれる。


楠木新

40代後半になると、左遷やリストラ、または病気や家族の問題など、理不尽や不条理と思えることに直面することも。なかなか難しい時期です。しかし、見方を変えれば、会社中心の働き方から人生の後半戦を見据えた働き方へと移行するチャンス。


大串ノリコ

その人がなぜそう思うのか、深いところまで考えるのが好きなんです。だから、ただ占って終わりにしないで、相手によって答え方を変えることもできる。


渡邉美樹

「唐変木」の失敗は大きな挫折でしたが、その失敗した事業からは多くの人材が育ち、「和民」という業態が立ち上がっていったといっていいでしょう。


塚越寛

重要なのは継続ですよ、継続。創業のころからずっと続けているから、環境整備も朝礼も生活のリズムになっているのです。


佐藤孝幸

仕事も勉強も徹底的に効率化すれば両立できる。私は働きながら2年以内に資格を取得すると決め、1回の受験で合格してきた。2年の理由は、やる気と集中力が持続するのはそれぐらいが限界だから。


エーリッヒ・フロム

人生におけるもっとも大きな仕事は、人が自分自身に誕生を与えることであり、自分の内にある可能性を実現させることである。人間が努力して作り上げる最も重要な労作は、自分自身のパーソナリティーの形成である。


美崎栄一郎

商品の開発において、まず大事なのは、自身の得意分野で勝負することです。自分自身の基盤を強化することが第一の課題。


入山章栄

最近の優れた経営者は、どんどん現場に出ていって、社員と話をします。決断するのは自分だから、自分で見たいんですね。


ビル・ジョージ

本物のリーダーシップへの旅のはじまりは、自分を理解すること。自分の人生行路、その試練や挫折。このことを知れば、自己認識ができ、トゥルー・ノース(目指すべき方向)が発見できるのです。


三須和泰

会社経営で大事なことはコミュミケーション、チャレンジ、コミットメントの3つの「C」。