名言DB

9425 人 / 110833 名言

田崎ひろみの名言

twitter Facebook はてブ

田崎ひろみのプロフィール

田崎ひろみ、たざき・ひろみ。日本の経営者。「JACリクルートメント」会長。京都出身。英国金融機関を経てJACグループに入社。JACジャパン設立に携わり取締役などを経てJACリクルートメント社長に就任。

田崎ひろみの名言 一覧

当社の財産は何といっても人。人材育成は永遠の課題です。


現場の人材力が事業の成否を左右するサービス業は、やはり優秀な人材を確保して現地化することが不可欠。


英語がしゃべれるだけではダメです。プラスカルチャーが必要。「バイカルチャー」だからこそ、現地の人のものの考え方などを許容できる。


ゼネラリストは一番使えない、というのがグローバルな人材紹介の世界の常識です。外国の企業と対抗するために、日本企業も、各分野のスペシャリストが必要になっています。


当社は常に、ニッチな分野でのナンバーワンを目指しています。業界別に担当を分けて、各業界で、ここで人を紹介させたらJACの右に出るものはないと言われる仕事をしたいと思っています。


日本人は優秀ですし、異文化と融合すること自体は決して苦手ではないんです。ではなぜそれがうまくできないのか、やっぱり語学です。英語は今やビジネスをしていく上では最低限のマナーだと思います。


本来であれば、海外拠点のトップは自分より優秀な人を採らないといけない。そうしないといずれ頭打ちになります。海外進出した直後は、御しやすい人材を下に配置してもいいと思います。そうじゃないと事業がうまく回らないから。でも、その後は徐々に変えていかなきゃいけない。そのスパンをどれくらい短くするかで、グローバルで勝てるかどうかが決まります。


バイリンガルなだけでは海外でオペレーションはできません。英語はできても、意識が日本を向いているので、現地になかなかなじめない。バイカルチャーな人は、異文化に対する理解度が高いので、オペレーションの質に2倍、3倍の差が出てきます。海外で成功するためには、まず欠かせない人材です。


田崎ひろみの経歴・略歴

田崎ひろみ、たざき・ひろみ。日本の経営者。「JACリクルートメント」会長。京都出身。英国金融機関を経てJACグループに入社。JACジャパン設立に携わり取締役などを経てJACリクルートメント社長に就任。

他の記事も読んでみる

本田健

自分の専門分野を見極めるとき、シンプルに自分が好きな分野を選べばいい。ある道を究めた人は例外なくその分野が大好き。


宮内誠

人脈を大事にしながら、他社が積極的に取り組まなかった地域やアジアに乗り込んで地道に事業を積み上げて来ました。


堀切功章

商品を使うお客様にいかに近付けるかということに尽きる。お客様の気持ちを十分に知った上で商品を作ることが大事。常にマーケットから学びながら商品を作っていくというスタンスが求められる。


安渕聖司

「自分のベストな状態をどこに持ってくるか」を考えるうえでも、中長期的な視点でスケジュールを組み立てることは重要です。「1か月後に大事なプレゼンがある」といった場合、その日をベストなコンディションで迎えるには、今後1か月の中でどのように体調を整えていくかを考える必要があります。


小野憲史

任天堂の家庭用ゲーム機は後継機が苦戦するという法則か見られる。新しい機能を付加しても、基本的なアーキテクチャーが同じだと、新鮮味に欠けるからだ。2Dから本格的な3Dゲーム機に対応したニンテンドー64や、2画面になったニンテンドーDSは、明らかにアーキテクチャーが違った。任天堂のゲーム作りの基本は「デジタルのおもちや箱」である。それにユーザーは驚きや感動を覚え、ヒットするのだ。


高倉豊

データベースマーケティングといえば、POSを最大限に活用しているコンビニ業界が思い浮かぶ。しかし、セブンイレブンのおでんはPOSから生まれたわけではないだろう。元々存在しなかった商品については、データを元にロジカルに考えても答えを導き出すことはできない。誰かが「おでんを置いたら売れるはずだ」とひらめいて、はじめてアイデアとして浮かび上がってくる。


伊藤明(伊東屋)

銀座は、「銀座にしかないモノや店があるから行こう」と思える街であってほしい。うちはリニューアルしたことで、既存のお客様はもちろん、新しいお客様にも来ていただけるようになりました。今までは、文房具というモノをめがけていらっしゃる人が多かったんですが、新規のお客様はこの場所そのものを楽しみにして訪れて下さるようです。


ヘンリー・フォード

お金しか生み出さないビジネスとは、粗悪なビジネスである。


天坊昭彦

社会に役立つことをやっていれば、時流の潮目でどう評価されるかは変わっても、大きな目で見ると地位は変わらないはずです。短期的な時流でころころとやるべきことを変えない。そういう芯があれば、会社はビジネスを続けることができる。


筒井義信

革新された機械やインフラを私たちがどう使いこなして、その結果を最大限に発揮することができるのか、そのためには働くサイドの私たちの活動の革新が不可欠であり、それを促すことが今回のプロジェクトの本質だと考えています。