名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

田宮俊作の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田宮俊作のプロフィール

田宮俊作、たみや・しゅんさく。世界有数の模型メーカーであるタミヤの社長。父は創業者の田宮義雄。

田宮俊作の名言 一覧

経営環境が変わる中、信念を持って常識をはるかに超えるような目標を立てていくことです。それに向かって挑戦するんです。それから、世界の模型業界を背負っていくんだという自負でしょう。経営環境が激変する時代だからこそ、企業の実力が出る時代じゃないかなと感じています。試練を与えられるということは、勉強にもなりますから。


アメリカのプラモデルメーカーがなぜだめになったかというと、創業者が会社を売ってしまうからなんですね。新しい社長は新しい開発については知識があまりありませんから、アメリカのプラモデルメーカーは面白い製品ができないんです。私の場合、父親もそうでしたが、儲けは後からついてくるという考え方なんです。


田宮俊作の経歴・略歴

田宮俊作、たみや・しゅんさく。世界有数の模型メーカーであるタミヤの社長。父は創業者の田宮義雄。

他の記事も読んでみる

町田勝彦

胸襟を開いて思いのたけをぶつけなければ、真の意味での対話はできない。部下を警戒させる姿勢は禁物だ。裃(かみしも)を着て見下すようでは駄目だ。ざっくばらんに語りかえれば、腹を割った会話ができる。そうすればベクトルは合ってくる。あえて隙を見せ、緊張感を与えない話し方がリーダーには求められる。


赤塚保正

売れる地域で売れるものを売る。


落合信彦

俺もかつては「人生、仕事がすべてだ」と思っていた。しかし、好きな人と出会ったり、人間として素晴らしい人生を送っている人と出会うことで、人生にはいろんな喜びがあることを知った。


喜多恒雄

日経の強みはやはり経済を中心にした経済誌という点でしょう。経済現象を丹念に追う「ファクト主義」の伝統があります。私も入社以来、「数字に基づく客観的な報道を心がけろ」と指導されてきました。


小池利和

今の商品だけに頼っていては、明るい未来はありません。会社の業態を何とか変えていきたい。八方美人かもしれませんが、少しずつ事業ポートフォリオを変えながら成長したい。


益田ミリ

高校時代は、今、このときが一番すばらしく、大人の世界なんてつまらないに違いないと考えていたんです。だから大人になりたくなかった。日記に感情を綴っておけば大人にならずにすむんじゃないか、なんて思ってたんですね。書く、ということは、あの頃から私の人生の一部になっていました。さすがに、今は大人もいいと思います。今日の悩みを、明日の自分に任せてもいいかな、と思える日もあります。それだけ大人の自分を信用できるようになったんでしょうね。


廣瀬光雄

乗馬の魅力は経営にも通じるところがあるように感じます。「人馬一体」という言葉もありますが、乗馬は結局、馬が動いてくれて初めて競技が成り立ちます。しかし、馬はなかなか思い通りに動いてくれるものではありません。したがって、まずは馬と自分との兼ね合いをつくるというところから練習が始まります。自分と馬の呼吸を整える。その付き合いが深まっていくと、自分の思った通りに馬が動き出すようになり、競技にも出場できるようになります。そうならなければ危ないですからね。


丸藤正道

キュリオシフトはプロスポーツ選手のセカンドキャリアを実現する目的で設立した会社です。まずは自分自身が勉強したいという思いから、キュリオシフトを設立する際には、司法書士などの専門家には頼まず、自分で全て手続きをしました。


野尻哲史

投資を始めるとき、多くの人が「投資対象」から考え始めます。つまり「どの株を買ったらいいんだろう」ということです。でもその前に、何のための投資なのか、その投資に合った口座は何かを考えてほしいと思います。これがないと、いつまで投資を続けるのかといった大事なことが明確になりません。


澤田秀雄

集中と選択、経営の王道は一つのことを極めることです。


藤田晋

飲み会で「羽目を外すな」と注意をするのは簡単ですが、そんな当たり前のことを言っても効果は期待できそうにない。考えた結果、羽目を外しそうな社員旅行や大勢の飲み会がある時は、酒癖の悪い人に「風紀委員のワッペン」を配ることにしました。率先して騒いだりする「トラブルの起点」になりそうな人は、あらかじめ風紀委員に指名して「取り締まる側」にしてしまう。起点そのものを事前に潰す策です。これは大きな効果がありました。


ムーギー・キム(金武貴)

リーダーである前に、ビジネスパーソンとして仕事へのパッションを持つことも成功の秘訣です。どの国のベンチャーキャピタリストと話していても、投資をするかどうかの最後の判断基準は「パッションが感じられるかどうかだ」と言います。実際にビジネスを始めると、当初のビジネスモデルや市場環境はどんどん変化していきます。そんな中でお金や権力欲、社会的な成功が目当ての人は、ちょっと想定外の苦難に直面すると、すぐに諦めてしまうものです。一方、「どうしてもこの仕事を成し遂げなくてはいけない」というパッションを持っている人は最後までそれをやり遂げようとします。