田宮俊作の名言

田宮俊作のプロフィール

田宮俊作、たみや・しゅんさく。世界有数の模型メーカーであるタミヤの社長。父は創業者の田宮義雄。

田宮俊作の名言 一覧

経営環境が変わる中、信念を持って常識をはるかに超えるような目標を立てていくことです。それに向かって挑戦するんです。それから、世界の模型業界を背負っていくんだという自負でしょう。経営環境が激変する時代だからこそ、企業の実力が出る時代じゃないかなと感じています。試練を与えられるということは、勉強にもなりますから。


アメリカのプラモデルメーカーがなぜだめになったかというと、創業者が会社を売ってしまうからなんですね。新しい社長は新しい開発については知識があまりありませんから、アメリカのプラモデルメーカーは面白い製品ができないんです。私の場合、父親もそうでしたが、儲けは後からついてくるという考え方なんです。


田宮俊作の経歴・略歴

田宮俊作、たみや・しゅんさく。世界有数の模型メーカーであるタミヤの社長。父は創業者の田宮義雄。

他の記事も読んでみる

大野直竹

私どものオーナーである石橋信夫は、誰も歩いたことがないところを率先して歩くような人でした。前人未到なのだから、自分の実力以上も実力以下もない。我々はそんな創業者の弟子に当たるわけですから、常に前向きでありたいと思っています。


田村潤

高知支店長就任後、高知のビール市場や土地柄を把握するためです。時間がある限り現場に足を運び続けました。高知には土地勘がなかったので、飲食店や酒販店、さらに温泉施設まで、ビールが置いてある場所はすべて訪れ、「なぜキリンビールが売れないのか」を聞き回りました。こうして気がついたのは、「売りにくい条件がたくさん揃っていた」ことです。地方のビール市場は、首都圏の売れ方とは随分違いしました。また高知県内でも市街地と郊外の郡部などでは全然違っていた。シェアトップの時代に営業経験を積んでこなかった人が多いものだから、部下はどこをどう売り歩けばいいのかも分からない。私自身も、何から手を着ければいいか、見当がつきません。そうこうしている間にも、ライバルのアサヒビールの営業マンは、感心するほど郊外まで足を延ばしていた。「現場で聞く」ことを手がかりにするしかなかったのです。


テリー伊藤

プレゼンや会議では、相手は「どんな案を出すんだ」と身構えている。多くの人は、その値踏みするような視線にさらされて、あがってしまう。でもきちんと思いをぶつければ、値踏みの目線も好奇心に変わっていくはずだ。そのためには、あがっていても話せるぐらい準備しておくこと。家族や友人、同僚の前でもいいから、発言シーンを暗記するくらい予行練習する。時間もしっかり計っておく。すると本番であがっても「練習通りに」と体勢を立て直せる。


昆政彦

部下が何をしているか上司が知る必要はありません。経験豊かな上司が知れば、あれこれ指示したくなるので、部下のやる気を失わせることにもなりかねない。あくまでも社員のやる気、積極性が前提。


三木雄信

どんな言葉を使い、どういったビジュアルと組み合せていったら、お客さまのほうから「面白い。うちでもやってみたいので、詳しい話を聞かせてもらえないだろうか」といってきてもらえるか、それを考えながら提案シート作りを工夫することが重要なのだ。


和田秀樹

毎日、働くのに精一杯で、時間がないという人もいるでしょう。でも、ほんの小さなことから取り組めばいいんです。通勤電車の中や寝る前など、1日5分や10分でもいい。将来への勉強ができませんか? 1ページでも2ページでも、集中して本を読む気があるかどうかです。


森川亮

大事なことは諦めないことです。自分はこんな事業をやりたい、世の中をこうしたいと思ったら、ぜひチャレンジしてください。周囲の人が反対するからとか、会社や社会がこんな状況だからと、あれこれ言い訳してやめるのはよくありません。


鈴木喬(経営者)

処世術のポイントは愛嫡があるかどうかです。愛嫡がなければダメ。諸先輩や仲間から「あの野郎」と思われたら最後だからです。自分で知っていても、わざわざ聞いてみるとか、そのぐらいの芝居は必要でしょう。要は、人に聞くことが最大の勉強です。


飯沼正樹

名古屋には名古屋の良さがある。情報の氾濫している東京から距離を置くことで、じっくりと腰を据え、集中してモノづくりに励むことができる。


似鳥昭雄

もちろん、間違える場合もあります。その場合は撤退。うちの場合、撤退は本当に素早い。景気かいいときは自重、悪くなったときに投資するのがうちの創業以来のやり方ですから。


小倉昌男

トップが自分たちの働いている現場に姿を見せると、それだけで社員の士気が高まる面もある。トップがどこか遠いところにいるよりも、身近なところにいるように感じられたほうが、同じ組織の一員としての一体感が生まれるのは当然だろう。現場を訪れればこちらの人間性や考えを伝えるだけでなく、社員たちが考えていることや業務の実態などもしることができる。現場というのは行けば必ず何かを教えてくれるものなのである。


野間口有

仕事をしていて、なんとなく元気が出ないと思う日があります。そんなとき、外からどう見られるかということよりも、自分を信じるところをとりあえずしっかりやっていけばそれでいいのだ、という思いでやってきました。


ジョン・キム(経営者)

バーガーキングは現在、98店あります。今後5年間で200か所の出店を見込んでいます。マクドナルドが先行していますが、まず自分たちの市場での位置付けを明確にしなければならない。競合よりも「自分との戦い」が重要です。


東国原英夫(そのまんま東)

いつも上着のポケットにA6判の小さなノートを入れています。とくに勉強しようと構えなくても、人と話をしていたり雑誌を読んで興味を持ったことなどを気軽に書きとめることができるから便利です。気づいたことを片っ端から書き続けた雑学ノートは、あとで見返せば、僕にとってすごくいい参考書になっています。


木村昌平

当社では「現状を何も変えない社員は仕事をしていない」と見なしているのです。なぜなら、制度や仕組みではイノベーションは起きないからです。私はイノベーションを歓迎する企業風土が重要だと考えています。何度も「現状打破キャンペーン」を繰り返しています。


ページの先頭へ