名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

田口智隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田口智隆のプロフィール

田口智隆、たぐち・ともたか。日本のファイナンシャルカウンセラー。「ファイナンシャルインデペンデンス」代表。埼玉県出身。20代後半に抱えた大きな借金を、徹底した節約と資産運用によりわずか数年で完済。34歳の時にお金に不自由しない状態「お金のストレスフリー」を実現。

田口智隆の名言 一覧

家計簿を付けているうちに自分のお金の使い方が自然に変わっていくのが分かります。見える化することで自分の潜在意識に無駄遣いしない回路ができて行くのです。


使ったお金を書き出して意識化するだけで、自然と節約体質になる。


お金持ちになりたいなら、「皆と一緒=安心」という発想が一番ダメ。


お金持ちになる人は「人とのご縁」を大切にして、「縁」を「円」に換える。


20代の頃はギャンブルにつぎ込んでは負け、部下を引き連れて飲み歩き借金を繰り返す。それで500万円も借金が膨らんだんです。このままお金に追われ続ける人生は嫌だと。自分と自分の生活を変えなければいけない。まず自分の支出を把握することから始めました。


名投資家はプロとして、一瞬の判断の狂いが莫大な損失につながりかねない大リスクを背負って、常に緊張の伴う決断を強いられています。だからこそ、銘柄選択や売買タイミング認リスク対策において、一般の投資家とはひと味もふた味も違う哲学を持っているのです。


意外ですがお金持ちの人、時間の使い方が上手な人ほど手帳には余裕時間が多い。自分にとって有益な誘いや集まりほど急な場合があります。予定が詰まっていると対応できず、せっかくのチャンスを逃してしまうことになるからです。


お金が貯まらない5つの間違った時間の使い方

  1. 手当たり次第に人脈を広げる。
  2. 無闇に人付き合いを尊重する。
  3. とにかく予定を入れる。
  4. やたら睡眠時間を削る。
  5. 無駄な勉強に時間をかける。

お金持ちになる人は、株価暴落を投資のグッドタイミングと捉えます。ビジネスでも「これか儲かる」というのを聞いてから「自分も」と後追いする人はその他大勢から抜け出せません。


久しぶりに誰かとお会いするとき、私はその人と最初にいつ、どこで会ったかを過去の手帳で調べます。そして再会したときに、「最初にお会いしたのは3年前の5月15日、○○講演会でしたね」と言うんです。すると、相手の方はたいてい感動してくれる。


10年で1億5千万円の資産をつくれたのは、IPOとか中国株がちょうど出たばかりで伸びシロのあるものに投資できたのが大きい。時代にあった投資先を見つければ、資産を一気に増やすことも不可能ではないのです。IPOはたまたま証券会社のHPに出ていて。中国株はある本を読んで。いずれもまだ世間では注目されていませんでしたが、時代背景から必ず来ると感じたんです。


田口智隆の経歴・略歴

田口智隆、たぐち・ともたか。日本のファイナンシャルカウンセラー。「ファイナンシャルインデペンデンス」代表。埼玉県出身。20代後半に抱えた大きな借金を、徹底した節約と資産運用によりわずか数年で完済。34歳の時にお金に不自由しない状態「お金のストレスフリー」を実現。

他の記事も読んでみる

辻庸介

36歳での起業は、ネットベンチャーとしてはかなり遅咲きです。でも不思議と不安はなかった。「たとえ失敗しても、日本ではどん底まで落ちることはない。アルバイトをすれば食べてはいける」。そう考えれば、何も怖くありませんでした。


土光敏夫

価値観というものは、時代とともに変わっていくのが当たり前だ。それでなきゃ、歴史は生まれない。仲間のご老体たちが「このごろは価値観が違って困る」とこぼしているが、そんなことは当然のことなんです。僕らの世代だって個人によって価値観は違うのだし、価値観が一緒になったら、それは独裁国家ですよ。


大久保幸夫

なまじコミュニケーション力に自信のある人は、どんな問題もコミュニケーションによって解決しようとしがち。しかし、問題の本質を理解せずに、表面的な調整で事を収めるだけでは、根本的な問題解決には至らない。


宋文洲

お金を使えば失敗もします。でも失敗だって貴重な財産。失敗の経験がないと、怖くて使えなくなってしまい、歳とってから大失敗したりする。


井上英明

私は仕事でパソコンを使いません。思い浮かんだアイデアなどは、基本的にノートにすべて書き込みます。パソコンは、自由な発想を阻害すると考えるからです。過去15年でノートの数は255冊にもなりました。週次の売り上げなど経営データもノートに貼って管理しています。


IKKO

順調に「アトリエIKKO」は仕事を増やしていったのですが、設立10年目を迎える目前の39歳のとき過呼吸症候群で倒れてしまったんですよ。人と話しても5分と目を合わせられず、ひどいときは心臓が破裂しそうなくらいに激しい動悸に襲われて。普通に歩いていても、真っ直ぐ歩いているかわからなくなったこともあったし、呼吸困難や目眩で倒れそうになったことも……。4年近くは、自分でもどうしようもなかったですから。それまでストイックに、ストイックに生きてきた人生でしたけれど、うまくセーブしないと続かないとわかりました。2日仕事をやったら1日休んで……みたいなサイクルをつくっていきました。弟子やスタッフに任せられる仕事は、全部任せてね。


秋元康

送り手と受け手の間に成立している予定調和を壊す。予定調和は、それだけで受け手の興味が薄らぎますから。


二宮尊徳(二宮金次郎)

古語に「三年の蓄えなければ国にあらず」といっている。外敵が来たとき、兵隊だけあっても、武器や軍用金の準備がなければどうしようもない。国ばかりでなく、家でも同じことで、万事ゆとりがなければ必ずさしつかえができて、家が立ちゆかなくなる。国家天下ならなおさらのことだ。


小松永門

2008年にiiyama(日本の液晶モニタメーカー)を吸収合併し、当社の飯山工場となりました。おかげさまで長年培ってきたものづくりの哲学やノウハウなど多大な資産を継承できました。高品質の製品を効率的につくり上げる。飯山工場の存在が法人ブランド立上げの力にもなっています。


樋口武男

物事は多面的に、冷静に考える必要がある。正面からだけでなく、下から、斜めから、裏から全て見なければならない。


田村重信

死んだあとどうなるかとか、死んだあとのことはあるから、そのために、徳を積んでいったほうがいい。死んだあとはないと思えば、今さえ良ければいいってことで、とんでもないことをやるのだけど。そういうの(死んだあとのこと)を考えると、良いことだよ。


小杉修弘

「難しい? だったらなおさらいいものになるから、やってみようよ」と一緒になって技術の限界に挑戦していく。ある意味で、職人たちを「その気にさせる」ことこそが、私の仕事なのかもしれません。