名言DB

9490 人 / 112001 名言

田口利八の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田口利八のプロフィール

田口利八、たぐち・りはち。日本の経営者。「西濃運輸」の創業者。2年間の軍隊生活の中でトラックの運搬力に着目し、トラック運送の西濃運輸を創業する。最終学歴は尋常小学校卒。トラック一台から東証一部上場企業を作った。

田口利八の名言 一覧

業界のムードとしてはまだ雲助根性をだして、荷主の顔色をうかがいながら、どんぶり勘定で運賃を適当にふっかける風潮がなくはなかった。その中で、適正な運賃、早い運送、客の親切を守るだけで評判は上がったのである。とくに大垣は城下町として堅実、保守的な土地柄だったから、なかなか入り込めないかわり、一度信頼を得ると絶対の強みになった。


田口利八の経歴・略歴

田口利八、たぐち・りはち。日本の経営者。「西濃運輸」の創業者。2年間の軍隊生活の中でトラックの運搬力に着目し、トラック運送の西濃運輸を創業する。最終学歴は尋常小学校卒。トラック一台から東証一部上場企業を作った。

他の記事も読んでみる

ドナルド・N・サル

情報を何らかのフィルターを通して収集していたら、数多くの有益な情報を見過ごしてしまいます。


高田明(ジャパネットたかた)

今日まで私は、とにかくひたすら「自己を更新する」という思いで毎日、走り続けてきました。過去も、遠い未来のことも考えず、とにかく今を全力で生きる。すると、次にやるべきことが自然と見えてくる。そしてそれをさらにクリアしたら、また次の課題が現われる。このようにどんどん目の前のことを乗り越えていくうちに、ここまで大きくなったのがジャパネットという会社です。


小西秋雄

真の競争は同業他社との競争ではなく、マーケットの変化にどう応じていくかにある。


水野雄介

経済成長していた時代は、指示されたことをやる能力があれば幸せになれたので、間違いのない答えを出すことが重要でした。しかし、いまは誰も正解がわからない。自分で答えをつくらせる教育をしないといけない。


冨田和成

チームでPDCAを回す仕組みを作るといいでしょう。当社では3日に一度「半週ミーティング」を開き、専用の進捗管理シートで全員の行動計画を共有しています。こうしたフレーム(枠組み)を日常に組み込んでしまえば、いちいち考えなくても無意識レベルでPDCAが回るようになります。「何も考えなくてもPDCAが回っている」、これが理想の状態です。


上條努

経営戦略部長として試練に直面しました。米系投資ファンドが株式の2割弱を取得して買収提案してきたのです。結局、ファンドはリーマンショックを契機に撤退しました。彼らとは全く価値観が違い議論は平行線でしたが、異なる文化や考え方に触れることで、自分が鍛えられました。


小林栄三

どうしても許せないのは、挨拶ができない人です。守衛さんに挨拶しない人間がいる旨の匿名の社内メールが届きました。自分の目で確かめに行くと、守衛さんが「おはようございます」と声をかけてくれているのに、ろくに返事もしない社員がいる。そういうときは怒ります。「ふざけるな。伊藤忠パーソンだ何だと偉そうに言う前に、社会人としてやるべきことをやれ」とハッキリ言います。


中島輝

不愉快な気分から、パッと気分を上げるグッズとしては「アメ」も有効。5種類ほど買い置きし、「ハーブ味のアメをなめると、イライラが落ち着く」「ぶどう味のアメをなめると、沈んだ気持ちが元気になる」と、それぞれに意味付けをして、その気分になりたい時に、アメを口に入れます。最初は単なる思い込みに過ぎませんが、習慣づけていると、「このアメをなめると、気分が上がる」と本当に思うようになります。習慣の力は大きいのです。


奥山清行

GMの研究所で管理職をしていたとき、研究のためには、部下の仕事をする環境をよくするべき、と考えて現場の自由を拡大したら、部下たちの提案は、かえって、僕の上の役職の人たちには採用されにくくなりました。部下7人を解雇しなければならなくなり、研究所そのものも閉鎖に追いこまれてしまった。簡単に言えば、自由な現場でメンバーそれぞれの主観に沿った仕事を推進したあまり、独善的な提案ばかりが上がるようになったのでしょう。痛感したのは「人材の管理より仕事の管理をしなければ」ということでしたね。


高橋興三(経営者)

スマホをやめない理由は通信技術。これがシャープからなくなったら終わりです。これから家電や自動車、インフラなどが通信でつながる時代が来る。今は無関係な白物家電事業ですら立ち行かなくなってしまいますわ。だから、通信技術の開発は絶対に続ける。


楠木建

スキルではどうにもならない「センス」の領域があります。ストーリーになっている戦略を構想するということはまさにセンスの領域です。


野村克也

選手たちに野球を離れて人間学のような話をしたのは「野球だけの人間になってほしくない」という思いもあった。プロ野球選手は30代後半にはほぼ引退する。だからこそ結果を出して選手生活を駆け抜けてほしいし、引退後も活躍できるような人間になって欲しかったからね。