田口利八の名言

田口利八のプロフィール

田口利八、たぐち・りはち。日本の経営者。「西濃運輸」の創業者。2年間の軍隊生活の中でトラックの運搬力に着目し、トラック運送の西濃運輸を創業する。最終学歴は尋常小学校卒。トラック一台から東証一部上場企業を作った。

田口利八の名言 一覧

業界のムードとしてはまだ雲助根性をだして、荷主の顔色をうかがいながら、どんぶり勘定で運賃を適当にふっかける風潮がなくはなかった。その中で、適正な運賃、早い運送、客の親切を守るだけで評判は上がったのである。とくに大垣は城下町として堅実、保守的な土地柄だったから、なかなか入り込めないかわり、一度信頼を得ると絶対の強みになった。


田口利八の経歴・略歴

田口利八、たぐち・りはち。日本の経営者。「西濃運輸」の創業者。2年間の軍隊生活の中でトラックの運搬力に着目し、トラック運送の西濃運輸を創業する。最終学歴は尋常小学校卒。トラック一台から東証一部上場企業を作った。

他の記事も読んでみる

クラレンス・ダロウ

歴史は繰り返す。それが歴史の誤りである。


アイスキュロス

苦しみの報酬は経験なり。


鈴木修

社長が(ワンマン経営ではなく)チーム・スズキでやりたいと聞いてどう思ったか? それは新しい方向でいいんじゃないかと。でも、賛成したから異論がなかったと考えられては困りますね。一番の懸念はチーム・スズキってのは小田原評定につながりかねないということなんですよ。戦国時代に豊臣秀吉に小田原城を攻め込まれた際に城中では結論の出ない会議が繰り返されたように、何も決められない、ということでは困る。まあ、お手並み拝見ですな。もちろん、私も四役会議のメンバーですから意見は言いますよ。でも、決めるのは合議制。それは新社長が誕生した時からやっていますよ。一方の考え方として民主主義ではありますからね。明治天皇もおっしゃってましたね。万機公論に決すべし、とね。天下の政治は世論に従って決定しなきゃならない。でも、小田原評定にならんようにやらないと。ならんように指導はしていきます。


窪田健一(経営者)

平均すると、ご注文いただいてから提供までは11分程度。そこの部分を縮めるのは、メニュー数とも関係するので現実的には難しいです。当社はファストフードではありませんからね。確かに昔の大戸屋なら、カレーライスはテーブルに座ったら1分で出てきましたよ。ご飯を盛ってカレーをかければいい。でもそれは大量生産・大量消費時代の話。現代の人は、本当に時間がないならコンビニのおにぎりで済ませてしまうのではないでしょうか。あえて提供スピードばかりを追求する必要はないと思っています。


井上礼之

完璧な人間などいないのですから、最初から100点満点の戦略などあるわけがありません。そのことを頭に入れておくだけで、決断のスピードが上がります。


小坂敬

経済も日常生活も同じで、全体をより良くすることで、自社も、自分自身も良くなっていくもの。三方よしが理想であり、みんながより良くなる道を選ぶことが大切。そうでなければ、負のエネルギーはどんどん大きくなってしまう。


坂根正弘

社内にダントツ委員会というのを作っています。ダントツ商品を認定する機関で、委員会と書くのですが実は私一人でダントツ申請を受けているんです。全く私の独断と偏見で認定基準を定めています。お客様のところに行って半年間、一年見てちゃんと予定通りの実績を上げていないと認定しないとか、10%コストを下げるといっても、商品によってはそれでは夢物語みたいなところがありますから、5%下げただけでも認定してやろうとか、この権限だけは誰にも渡していません。


ウォルト・ディズニー

自分たちのために商品をつくってはいけません。人々が求めているものを知って、人々のために商品をつくりなさい。


俣野成敏

社内で新規事業にとりかかったとき、成功したら役員に、失敗したら2年後に退職という条件でした。でも、もし失敗したとしても、その経験を売りにすれば、転職できる企業はあるはずだと考えた。


バラク・オバマ

この国の次のファーストレディ、ミシェル・オバマ。彼女が絶え間なく私を支えてくれなければ、16年前からずっと最高の親友でいてくれた彼女が、礎となって家族を支えてくれた彼女が、私にとって最愛の彼女がいなければ、私は今夜ここに立っていません。サーシャとマリーア。君たちにはちょっと想像もつかないほど、お父さんは君たちを愛しているよ。君たちふたりもがんばったから、約束した通り、ホワイトハウスには、新しく飼う子犬を一緒に連れて行けるよ。


新浪剛史

僕の持論で、改革というのは長くやってはいけない。長くて2年です。そして、人員削減をしていいのは1回きり。2回目以降はその経営者の責任です。だから、社長に就任してすぐに早期退職制度を用意しました。新しい体制は嫌だという1割強の社員が去っていきました。


安田善次郎

意思の弱き人は、その行為常に不文律にして、精神快活ならず、したがって自己の情欲を制して、勤倹貯蓄を成すの勇なし。


高橋恭平

ベネズエラの合弁会社出向時代、日本との通信手段はもっぱらテレックス。返信に数時間かかることもざらでした。本国と相談させてくれと言っても聞き入れてもらえず、会議の場で自ら判断して結論を出さなければいけない。もちろんやみくもに判断するのはダメ。では、どうすればいいのか。普段から日本企業側と密に連携を取ることです。細かな事柄まで報告し、こういう決断をしたと事後報告も欠かさない。そうしたやり取りを通じて、ここまでは自分で判断していいだろうという「枠」ができます。経験を積み重ねれば、信頼を得られ、枠も広がります。


三遊亭白鳥

いつも山手通りを歩きながら、噺を口に出して仕上げます。中井から要町まで往復で1万歩、歩きながら口演する。しっくり来なかったら帰ってパソコンに向かい、文章にしてみる。これを10日、繰り返すと噺が出来上がります。


近藤正樹

一律の固定化したメニューではなく、地域や曜日、時間帯ごとに異なるメニューを提供することを検討しています。チェーンストアとしては効率の良くないことですが、取り組まなければ、お客様に定期的に来ていただくことは今後難しくなる。そう見て実現を目指しています。


ページの先頭へ