田代茂樹の名言

田代茂樹のプロフィール

田代茂樹、たしろ・しげき。東レ社長。東レ中興の祖と呼ばれる経営者。明治専門学校(現:九州工業大学)機械工学科卒業後、三井物産入社。三井物産ニューヨーク支店に転勤し12年間米英で過ごす。その後、東洋レーヨン(東レ)に移り、取締役を経て社長。太平洋戦争敗戦で公職追放を受けるも、追放解除後同社へ戻り会長就任。東レを日本を代表する化繊メーカーへ育て上げる。日本化学繊維協会会長。

田代茂樹の名言 一覧

現代の企業経営者は、社会全体に対して奉仕することを義務付けられている。
【覚書き:上記は東レ名誉会長時の発言】


田代茂樹の経歴・略歴

田代茂樹、たしろ・しげき。東レ社長。東レ中興の祖と呼ばれる経営者。明治専門学校(現:九州工業大学)機械工学科卒業後、三井物産入社。三井物産ニューヨーク支店に転勤し12年間米英で過ごす。その後、東洋レーヨン(東レ)に移り、取締役を経て社長。太平洋戦争敗戦で公職追放を受けるも、追放解除後同社へ戻り会長就任。東レを日本を代表する化繊メーカーへ育て上げる。日本化学繊維協会会長。

他の記事も読んでみる

ヒラリー・クリントン

ウェルズリーの大学生としてすぐに調子は出なかった。クラスに登録してみたら、背伸びしなければついていけないことがわかった。一カ月後、家にコレクトコールで電話をかけ、「ここでやってけるほど頭がよくないみたい」と訴えた。父は帰って来いといってくれたが、母は落ちこぼれになってほしくないと言った。こんな危なっかしいスタートだったが、もう家には帰れないのだと迷いが吹っ切れると、何とかうまくやってみようと思った。


喜久川政樹

私が昇格できた理由は、ひと言でいえば、ネバーギブアップで仕事に取り組んできたからでしょうか。私が入社した当時の第二電電(のちのKDDI)は事業を始めたばかりで、売上げはほとんどゼロでした。私の仕事は、東京を起点に、大阪や北海道までネットワークを構築する業務でした。ネットワークというと聞こえがよいのですが、実際に行なったのは、鉄塔建設と用地買収の仕事です。具体的には、やぶこぎ(クマザサなどの薮をかき分けて進むこと)をして山に登ったり、市役所や町役場の職員や地権者の方と交渉したりしていました。土台になったかどうかはわかりませんが、ネットワークづくりを進めるなかで、全国津々浦々を回って、土地土地のもつ特徴が実感としてわかりました。鉄塔の建設をするために地権者の方と話し合う、説明力や交渉力の基礎も身についたと思っています。


安斎隆

40歳の時、日銀で総務局と営業局にまたがる3つの課を兼務する調査役という奇妙なポストを命じられました。直前まで日銀の金融政策決定に直接携わる企画局に籍を置いていた私は、「とうとう窓際に飛ばされたか」と落ち込みました。それまでの私は、エリート街道を歩んできたという自負もあり、ずいぶん傲慢だったと思います。部下と仕事を続けるうちに、部下の能力をどう生かすかを真剣に考えるようになりました。それまで、いかにして上に仕えるかを考えて仕事をしていましたから。


江川達也

僕自身、中学教師という安定した職を辞して、本宮ひろ志先生のアシスタントになるときは、その前にこれでいいのかと、何度も自問しました。でも、レールを外れなければ決して手にできないものがあるのも、また事実です。


佐藤剛志(経営者)

過去をひきずらず、人生の目的を持っている人ほど強く、心が折れない。逆に、過去を引きずる人はモチベーションを維持できない。


宇都出雅巳

記憶には、「繰り返し」が不可欠。それも「最初に覚えたとき」を思い起こしながら反復することが重要。たとえば、会議の直後や、本を読み終わったときには、その内容を書き出したり、人に説明するなど、反復の機会を積極的に作りましょう。何度も「思い出す」ことを繰り返せば、思い出す力そのものが上がります。つまり思い出す力を強化するには「思い出すクセをつけること」、これが最強の策なのです。


鍵山秀三郎

私が、社員が苦労しようが売上さえ上がればいいと思っていたら、いまの会社はなかったでしょう。まず社員が卑屈な思いをする会社にはしたくない、こんな取引がいつまでも続くようならばやっている意味がない。そういうところから脱却をしようという強い意志があったから、困難にも耐えることができたのです。


澤田秀雄

創業以来18年間ずっと赤字だった長崎県のハウステンボスの経営を引き受けましたが、そのとき社員のクビは一人として切りませんでした。やる気のない経営幹部を交代させただけです。みんなが一丸となって危機を乗り切ることが大切だと考えたからです。仕事ができないからと社員を辞めさせていたら、会社は小さくまとまってしまいます。企業を大きく成長させようと思ったら、社員をみんな引き受ける覚悟が必要なのではないでしょうか。


オリヴィエ・ブロ

「本当の自分を見せている」と感じてもらうことで、初めて信頼が生まれる。私は自分の姿を偽らないことで、絆をつくることができたと感じています。


関谷英里子

何かを学ぼうと思ったら、そのために身銭を切って投資するのを避けることはできません。しかし、お金をかければかけるほど、高い学習効果が得られるわけではないというのもまた事実です。大事なのは費用対効果、いかに効果的な投資を行うかではないでしょうか。それも、費用というよりは、投資した時間の費用対効果だと思います。


菅賢治

たとえ言ったほうは無自覚だとしても、受けたほうはずっと心に残っていたりします。それはイヤなことをされた場合でも同じ。10年経っても「あのヤロウ……」と恨んでいたりするものです。僕はたとえ何十歳も年下の相手でも、決して「おい、オマエ」とは言いません。要は、相手の気持ちにたって、イヤな気持ちにさせないということです。はじめは部下や新入りだったのにいつの間にか立場が逆転……なんてことはよくありますから。


篠原欣子

いい仕事をするには健康第一。横浜の田舎で育ったせいか、歩くのが大好き。気分転換にもなりますから、週末は、必ず歩いています。


鈴木敏文

売り手から買い手へ視点を変えると、違ったデータが見える。マーケティングとは顧客の潜在的ニーズを察知して応えつづけることです。


山田佳臣

株主利益ばかり追求すると将来の備えやリニアへの投資はできません。我々は日本の鉄道の成り立ちを十分理解してから株を持っていただきたい。株主としては、目先の株主を大切にしろという気持ちになるかもしれません。ただ未来に投資していないと、いざという時にはもう手の打ちようがなくなってしまうんです。


岡田武史

自由なところから自由な発想って出てこないんですよ。縛りがあるから、それを破って驚くような発想が出てくる。


ページの先頭へ