田代康憲の名言

田代康憲のプロフィール

田代康憲、たしろ・やすのり。日本の経営者。食品製造装置メーカー「レオン自動機」社長。大学卒業後、レオン自動機に入社。開発第一部長、取締役、開発設計部長、常務などを経て社長に就任。そのほか、日本食品機械工業会理事を務めた。

田代康憲の名言 一覧

顧客に対する提案力も当社の強み。世界中から収集した情報を基に、当社の食品製造器で作れる新商品のレシピを食品会社に提案している。

田代康憲の名言|新商品のレシピを食品会社に提案する

当社製品の国内における占有率・普及率は既にかなり高い。異業種からの参入などを除けば大きな需要は構造的に見込みにくい。当社としては、大量生産に向く生産性の高い新製品を投入して市場の変化に対応するとともに、提案力を強化して更新需要を掘り起こしていきたい。

田代康憲の名言|市場の変化に対応するとともに、更新需要を掘り起こす

特許も取得しているが、包あん機(あんが入った食品をつくる機械)の製造や運用には、多くのノウハウがある。単に形状だけまねても同等の食品は作れない。包あん機に関しては世界的にも競合メーカーは見当たらず、シェアは90%以上だ。

田代康憲の名言|単に形状だけまねても同等の食品は作れない

田代康憲の経歴・略歴

田代康憲、たしろ・やすのり。日本の経営者。食品製造装置メーカー「レオン自動機」社長。大学卒業後、レオン自動機に入社。開発第一部長、取締役、開発設計部長、常務などを経て社長に就任。そのほか、日本食品機械工業会理事を務めた。

ページの先頭へ