名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

田丸秀治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田丸秀治のプロフィール

田丸秀治、たまる・ひではる。日本の経営者。「電通」社長。鹿児島県出身。東京帝国大学文学部卒業後、中学教諭を経て電通に入社。常務、専務などを経て社長に就任。そのほか、日本広告業協会理事長、東京商工会議所広報委員長などを務めた。

田丸秀治の名言 一覧

アド・マンとかマーケティング・マンになれと激励はしない。それよりも素敵な人間になってほしい。


中国の戦国時代の思想家、荘子は「無用の用」ということをいっている。小さな川に橋がかかっている。これには安心して渡れる足幅があればいい。これが「有用の用」だ。しかし深い谷間にかかる橋は、足幅の何倍もの幅がなければ危なくて渡れるものではない。この余分の幅が無用の用だ。無用の用を大切にできる人間、そういう人材こそ、私の求める新入社員の人間像だ。


田丸秀治の経歴・略歴

田丸秀治、たまる・ひではる。日本の経営者。「電通」社長。鹿児島県出身。東京帝国大学文学部卒業後、中学教諭を経て電通に入社。常務、専務などを経て社長に就任。そのほか、日本広告業協会理事長、東京商工会議所広報委員長などを務めた。

他の記事も読んでみる

守屋淳

変化の激しいいまの時代、情報の重要性の尺度がどんどん変わる。錯綜する情報の中から不完全でも「これだ」と思われるものを得たら、ひとまず先に進んでいかないと、成果をあげるのは難しい。


カント

笑いは消化を助ける。胃散よりはるかに効く。


森川宏平

研究開発時代、徹底的に考えて、新しい方法を考えることの重要性を学んだ。


尾山基

善い会社であるには成長が必須。そうでなければステークホルダーに利益を与えることもできないからだ。


吉田類

人や酒とコミュニケーションを取らないと、いいものには出会えない。


ロバート・インガソル

希望とは、真実性について自己の名声を決して失うことのない万能のうそつきだ。


沢村一樹

上手くいっているときって、すごく注意しなきゃいけないときだと思うんです。よく頭に浮かぶのが「諸行無常」という言葉で、常なるものはないということ。いまの僕だって、いつか必ず飽きられる。だから、下降期になったときにどうするかを、いいときから考えておかなければいけないんです。


齊藤正明

「やりたい仕事だけしていられるサラリーマンなんて、世の中にいるわけがないよ……」。そう思う人は多いと思いますが、じつは根回しのやりようによっては、やりたい仕事だけしていられるのです。


田中芳樹(小説家)

大切なのはキャラクターの身になって考えることですね。ちょっとかっこつけた言い方になってしまいますが(笑)。キャラクターに乗り移るというか、乗り移られてしまう。ラインハルトを書いているときは彼になるし、反ラインハルト派の貴族を書いているときはいかに彼を殺そうかと本気で考えている。自由惑星同盟側にしても、ユリアンから見たヤン、シェーンコップから見たヤンはそれぞれ違って、またそれはどう違うのか。なるべく多角的な視点でものを見たいんですね。でも実際に書いている最中はそこまで意識しているわけではなくて、自ずとそうなります。


柄澤康喜

チャンスは変化や危機の中にこそあります。それをとらえられなければ、企業価値の増大も成長も不可能です。4年前、私が企画担当役員だったころ保険金の支払い漏れで業務停止命令を受け、創業以来最大の危機の中にありました。すぐに対応策を議論しました。結果は「商品サービスの品質を競争力にする新しいビジネスモデル」というものが共通の認識になりました。危機を好機ととらえ、ゼロからやり直してみようという考えでした。マーケットインの発想を突き詰めればそれしかないという結論です。


小林亮介(経営者)

情報は、人の可能性を広げるものであり、ビジネスチャンスを掴むためには欠かせない。


五木寛之

これからは単にいいものを安く提供するモノづくりだけではダメで、ヒューマンな物語やドラマを作って行かなくてはいけない。