名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

田中邦裕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田中邦裕のプロフィール

田中邦裕、たなか・くにひろ。日本の経営者。レンタルサーバー事業などを手がけるさくらインターネット創業者。国立舞鶴工業高等専門学校在学中にレンタルサーバーのさくらウェブを設立。卒業後に法人化し、同社を大きく成長させた。

田中邦裕の名言 一覧

プログラマーというのは、自分の仕事の領域に関しては深く勉強するのですが、ほかの領域については無関心になりがちです。しかし、いまは、プログラマーといえども、システムやデータベース全体に対する総合的な知識とスキルがなければ、自分の仕事領域を十分にこなすことは難しくなりつつあります。


オープンソース方式でプログラミングをする技術者のモチベーションは非常に高い。オープンソース方式の場合、開発に参加している技術者は、通常無償で開発に参加をしており、いわば好きでやっているわけですね。自らの興味によって開発をしているだけに、高い集中力や発想力が発揮されるのでしょう。私も技術者出身なので、よくわかります。


リナックスはある特定の事業者の製品やサービスに依存せざるをえないメーカーロックインを回避できるというメリットもあります。特定の事業者の製品やサービスに依存することがないため、最適なサービスやシステムなどを自由に選ぶことができるのです。システムの保守、改修などのメンテナンスも事業者に任せることなく自分たちでできますから、コストが増大することなく安価な価格設定にも寄与しています。


私が事業を始めたのは1996年で、サーバの運営・管理に必要なプログラムひとつとっても数百万円もしたのです。当時はまだ学生でしたから、無料で使えるリナックスをまず選びました。リナックスはオープンソースなので、すべてのソースコードにアクセスができ、自分たちが使いやすいようにプログラムを改変することができます。そのため、使っているうちに、自分たちのプログラミングの技術を高められるのです。これは非常に大きなメリットで、不具合があれば自分たちですぐに補修できますし、随時、改良することが可能になります。


以前は、ネットワークだけ詳しければ仕事は成立していましたが、もはや、ネットワークはもとより、サーバ、ハード、そしてクラウドコンピューティングについても詳しくないと、顧客が満足するネットワーク環境を提供できない状況が生まれてきています。さらに、そうしたプログラミングの技術だけでなく、システムのコンサルティングや、コンサルティングをするためのプレゼンテーション能力なども求められるようになってきました。


田中邦裕の経歴・略歴

田中邦裕、たなか・くにひろ。日本の経営者。レンタルサーバー事業などを手がけるさくらインターネット創業者。国立舞鶴工業高等専門学校在学中にレンタルサーバーのさくらウェブを設立。卒業後に法人化し、同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

鈴木敏文

価格訴求から価値訴求の時代への移行。バブル時代はお金がどんどん入ってきますから、使い捨ての時代が続き、モノが売れました。安売りが一種のファッションになり、一着5千円とか1万円のスーツが売れたのもこの時代です。しかし、バブルが崩壊して、「安さ」=「価値」ではなくなると、物の価値を意識するようになります。そうした消費者の変化に敏感にならなければいけないのです。消費者も変わり、売れる商品も変わっているということを知らなければいけない。


島田政直

若いころニューヨークで営業していたとき、地元ブローカーにキッコーマンの特徴をべらべらしゃべったものです。本醸造醤油は昔なら一年、いまでも半年の時間をかけて造る。数日でできちゃう化学醤油より、うちの方が優れていると。そうしたら向こうが言うんです。「商品のいい悪いなど関係ない。お客さんが好むものが売れる。商品がいくら良くても、それがどうしたというんだ?」って。


ジェームズ・マックナーニー

イノベーションはすべての基盤ですが、リスクが付き物です。当社はボーイング787で納期が遅れ、一部の顧客から信頼を失い、信頼を回復するのに努力しました。


似鳥昭雄

当社では「頑張る」という言葉も使いません。「頑張る」なら、具体的に何をどう頑張るのかを示してもらわなくては言われた方も納得できません。


町田勝彦

シャープには創業者である早川徳次氏が提唱した「他社に真似される商品を作れ」という伝統と遺伝子が息づいている。駄目ならいっそのこと他社にないものをつくろうじゃないかという逆転の発想だ。


清水勝彦

国内でも海外でも、日本企業は資産や能力を生かせていないですね。小さな会社はまだ能力のある社員が分かるので、引っ張っていきやすい。大きい会社には能力の高い人がたくさんいますが、皮肉にもそれが見えにくいから埋もれてしまって、残念な結果になっているところが多い。


中野信子

年齢を重ねても、記憶力そのものが落ちるわけではありません。記憶の容量を箱になぞらえると、何歳になっても箱の大きさは変わりません。ただ、加齢とともに入り口のところが狭くなり、情報が記憶の箱に入りづらくなります。つまり年を取ると記憶を引き出せなくなるというより、最初から覚えないようになるのです。


柳弘之

過剰品質が出る一因は、製品設計のほとんどを日本が担っているからです。日本では安全性や耐久性、外観とあらゆる面で基準が高い。技術者が日本基準で考えて設計しているのですから、当然と言えば当然です。しかし、たとえば外観品質を「すごく重視する」市場と「ほどほどに重視する」市場があります。後者の市場で仕様を簡素化すればコストを下げられます。


佐々木正悟

予定を立てるときには、「こうしたい」という希望ではなく、現実に可能な行動に基づくことが大切です。実態の通りであれば、計画倒れになることはありません。項目をすべて動詞で書いてあるのも、実際の行動に基づいているため。また、名詞より動詞で書いたほうが行動に移しやすいという理由もあります。TODOリストについても、私は動詞で書くよう勧めています。


弘兼憲史

中間管理職は部下のほうをきちんと向いてほしい。それがチームをまとめる力になる。少なくともこれからの時代は与えられたポジションをソツなくこなしていればトコロテン式に役職が上がるなどということは考えられない。次のステップを目指すには部下の後押しが必要になるかもしれない。出世の踏み台として部下を使う。反対に出世のために部下に迎合する。どちらも駄目上司の烙印を押されることは間違いない


中川悠介

一度「ものさし」を決めてしまうと、押しつけになってしまいますよね。今の時代、押しつけからヒットは生まれないんじゃないでしょうか。


トム・ピーターズ

ほとんどの場合、大企業は技術革新を生み出すような想像力ある情熱家たちを許容できない。というのも、革新はビジネスの本流から遠く離れたところで発生するからであり、そういった技術は発生の初期にはあまり有望には思えず、そんなものに偏執する人々は組織の論理からすれば非合理な存在として抹消されてしまうのだ。