名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

田中邦裕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田中邦裕のプロフィール

田中邦裕、たなか・くにひろ。日本の経営者。レンタルサーバー事業などを手がけるさくらインターネット創業者。国立舞鶴工業高等専門学校在学中にレンタルサーバーのさくらウェブを設立。卒業後に法人化し、同社を大きく成長させた。

田中邦裕の名言 一覧

プログラマーというのは、自分の仕事の領域に関しては深く勉強するのですが、ほかの領域については無関心になりがちです。しかし、いまは、プログラマーといえども、システムやデータベース全体に対する総合的な知識とスキルがなければ、自分の仕事領域を十分にこなすことは難しくなりつつあります。


オープンソース方式でプログラミングをする技術者のモチベーションは非常に高い。オープンソース方式の場合、開発に参加している技術者は、通常無償で開発に参加をしており、いわば好きでやっているわけですね。自らの興味によって開発をしているだけに、高い集中力や発想力が発揮されるのでしょう。私も技術者出身なので、よくわかります。


リナックスはある特定の事業者の製品やサービスに依存せざるをえないメーカーロックインを回避できるというメリットもあります。特定の事業者の製品やサービスに依存することがないため、最適なサービスやシステムなどを自由に選ぶことができるのです。システムの保守、改修などのメンテナンスも事業者に任せることなく自分たちでできますから、コストが増大することなく安価な価格設定にも寄与しています。


私が事業を始めたのは1996年で、サーバの運営・管理に必要なプログラムひとつとっても数百万円もしたのです。当時はまだ学生でしたから、無料で使えるリナックスをまず選びました。リナックスはオープンソースなので、すべてのソースコードにアクセスができ、自分たちが使いやすいようにプログラムを改変することができます。そのため、使っているうちに、自分たちのプログラミングの技術を高められるのです。これは非常に大きなメリットで、不具合があれば自分たちですぐに補修できますし、随時、改良することが可能になります。


以前は、ネットワークだけ詳しければ仕事は成立していましたが、もはや、ネットワークはもとより、サーバ、ハード、そしてクラウドコンピューティングについても詳しくないと、顧客が満足するネットワーク環境を提供できない状況が生まれてきています。さらに、そうしたプログラミングの技術だけでなく、システムのコンサルティングや、コンサルティングをするためのプレゼンテーション能力なども求められるようになってきました。


田中邦裕の経歴・略歴

田中邦裕、たなか・くにひろ。日本の経営者。レンタルサーバー事業などを手がけるさくらインターネット創業者。国立舞鶴工業高等専門学校在学中にレンタルサーバーのさくらウェブを設立。卒業後に法人化し、同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

矢島里佳

私が考えたのは、次世代に日本の伝統を伝えてつなぐこと。とくに伝えたい相手は、赤ちゃんや子供たち。日本の伝統や文化が、いま危機を迎えているのは若い人が伝統を知らないから。幼いときから知っていれば現状のようにはならなかったはず。


寺田航平

創業時から私が主眼に置いていることは、データセンター事業の高い固定費をいかに変動費化するかです。


齋藤宏

ソリューション営業(問題解決型営業)について、僕は相手の企業価値を高める提案をしろと言っています。そのためには、相手の会社の社長と同じに考えなければいけないし、その業界の知識も広く持たなければいけない。金融技術の知識、マーケットの知識、業界見通しの知識が必要となる。それから感性も求められる。


森下一喜

とにかく純粋に面白いゲームをつくりたかった。だから、スタッフには「コストや納期よりも、面白さを優先しろ」といっていました。予算と納期を守っても、つまらなかったら意味がありません。でもヒットすれば、グッズ展開、マンガ化など、次の展開を戦略的に広げられるんです。


齋藤直美

相手に改善すべき行動を考えさせたい場合でも、方向性やヒントを示すことが必要。


出井伸之

フランスに駐在していたとき、フランス人の友人から言われました。「君はなんでそんなにネガティブな言い方ばかりするんだ。人と会話するときは、すべてポジティブに言ったほうがいい。君みたいにネガティブだと嫌われるぞ」と。そう言われて、ハッとしました。以来、何を言うにしても、できるだけポジティブな言い方をするよう心がけています。


石田淳(コンサルタント)

目の前の出来事に意味を与えるのは人間の認知で、ある人から見ればピンチでも、他の人から見ればチャンスになり得ます。失敗や挫折を乗り越える力、挫けない力とは、認知を変え、現実をありのままに見て、受け入れ、最善の行動を起こす力のこと。


桜井正光

価格競争だけに陥っていくところ(事業)はもう新興国や途上国に預けて、入れ替えていかなければならない。


加藤壹康

シェアが重要指数であることは変わりませんが、それはお客様の支持率を表しているからです。無理な押し込み営業をしたり、多額のインセンティブをつけて、売り場を確保したり、安い値段で売ってもらってシェアを確保したとしても、キリンのブランド価値は上がりません。お客様に買ってもらえるような商品を提案し、販売方法を提案し、サービスを提案し、買っていただいて上がるのが本当のシェアです。


執行草舟

日本ではルネサンスが起こらなかったから程度が低いと西洋人はとらえていますが、とんでもないことです。ルネサンスがなかったから、今でも日本古来の考えが生きていて、人間には悪いところもいいところもあって、悪いところがあるからいいところも出てくるという真理がわかっている。善と悪は対立するという西洋的な二元論ではなく、善と悪は入り交じっていることを知っているのが日本文明なんです。だから人間とは愛すべきものなのです。


藤原弘治

ポイントは「部分最適」ではなく「全体最適」。グループとしてお客様からご評価をいただき、結果として収益を付いてくるというのが一番大事。


澤田純

前提として自分が責任をもって誠実に業務に取り組み、信頼を得なければうまくいかない。