名言DB

9419 人 / 110788 名言

田中達也(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

田中達也(経営者)のプロフィール

田中達也、たなか・たつや。日本の経営者。「富士通」社長。福岡県出身。東京理科大学理工学部卒業後、富士通に入社。産業営業本部産業第二統括営業部プロセス産業第二営業部長、執行役員産業ビジネス本部長、執行役員常務、副社長などを経て社長に就任。

田中達也(経営者)の名言 一覧

色眼鏡をかけ、壁の向こうから人を見ているようでは、組織力向上は難しい。


企業の根幹は人材です。その力を最大限引き出すのが社長の仕事。


中毒ではないと思うけど、体を動かさないと落ち着かない。次はもっとタイムを縮めてやろうとか、運動すれば自然と未来志向になれる。


13年前、いきなり中国赴任を命じられました。国内営業一筋だった私は、出張経験すら乏しいまま中国に飛び込みました。振り返ると、これが良かったのでしょう。予断を持たずに中国人スタッフと向き合い、潜在能力の高さを見極められたからです。


社長になってみて責任の重さ以外は何も変わりませんでした。人を信じて「自然体」で接し、組織の力を引き出していく。社長になっても、今までと同じスタイルを貫けばよいのだと前向きに考えています。


富士通は、自社の環境技術を製品やサービスとして活用するだけではなく、オープンイノベーションを進め、様々な形で活用可能にしていくことが重要であると考えています。世界知的所有権機関が運営する環境技術の移転マッチングの枠組みである「WIPO GREEN」へのパートナーとしての参画もその一環です。200件以上の環境関連知的財産を登録し、積極的な技術移転をグローバルに進めることで、環境技術の普及とイノベーションの促進に寄与していきます。


田中達也(経営者)の経歴・略歴

田中達也、たなか・たつや。日本の経営者。「富士通」社長。福岡県出身。東京理科大学理工学部卒業後、富士通に入社。産業営業本部産業第二統括営業部プロセス産業第二営業部長、執行役員産業ビジネス本部長、執行役員常務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

小泉光臣

私たちの世界戦略におけるキーワードはふたつあって、ひとつが地理的なポートフォリオ、もうひとつがブランドのポートフォリオです。このふたつが盤石になって初めて安定的にグローバルで成長できると言っています。


三浦展

人びとが直して使うことが楽しいと思えるようになってきています。そもそも、まだ使えるのにどんどん新品に買い替えさせようというシステムが反エコでしょう。もう、消費者に長く使われるような産業のサイクルではまずいわけです。そういう分野は中国に任せてしまって、日本はリペア(修理)やメンテナンス産業をもっと伸ばしたほうがいい。それが当然だという世の中になれば、そこに雇用が生まれるし、技術も伝承されます。それが消費拡大につながっていくと思います。


守本正宏

上場した翌年にリーマンショックが起き、厳しい状況になりました。その時に我々が力を入れたのは、まずは日本で当社のことをもっと知ってもらうことでした。それまで年に3回ぐらいだったセミナーを毎月行うようにしました。またその間に力を入れたのがアジア言語に対応するシステムの開発です。このシステムは2010年3月に完成し、リリースしました。それに合わせて環境も次第に良くなり、業績も回復してきました。


寺尾玄

行こうと思ったらどんな場所にでも行けるし、何者かになりたいと思ったら、何にでもなれる。これは私だけではなく、誰でも同じはず。生まれ、育ち、能力などよりも、そう思えるかどうか。みんなどこにでも行けるし、何にでもなれる。


ゲーテ

思い高ぶらない人間は、本人が信じているよりもはるかに大した人物である。


秋元康

芸能人もビジネスマンも運ってすごく大事でしょ。じゃんけんって、その人の運の強さを量れるからバカにできないんだよ。


石田宏樹

会社とは、特定の理念(理想)を実現するために、人々が集まる「場」です。会社とは、そうした理念にそった価値を生み出す存在であり、他者から資本を預かる限り、成長し続けることを義務づけられています。ここまでは、これまでも、これからも変わらないし、変えてはならないと思います。


弘兼憲史

目標を決めたら、そこに向かって周到に準備をしながら、自分の能力をアピールする。それがチャンスを掴むための確実な方法。


下村朱美

先達の私たちが、働く楽しさをもっと発信していかないといけないですね。女性の側も、家庭に入って食べさせてもらいたいという甘えをなくす必要があります。外の世界には、刺激的な楽しいことがたくさんあるということを知ってほしい。


平井伯昌

他国のコーチとの会話も、貴重な情報交換の場。海外のコーチは私によく話しかけてくれます。相手は技術や練習方法などを質問してきますし、私も外国人選手の練習を見ながら、その意味を質問したりします。相手が教えてくれるのは、私が情報を提供しているからです。