名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

田中達也(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田中達也(経営者)のプロフィール

田中達也、たなか・たつや。日本の経営者。「富士通」社長。福岡県出身。東京理科大学理工学部卒業後、富士通に入社。産業営業本部産業第二統括営業部プロセス産業第二営業部長、執行役員産業ビジネス本部長、執行役員常務、副社長などを経て社長に就任。

田中達也(経営者)の名言 一覧

色眼鏡をかけ、壁の向こうから人を見ているようでは、組織力向上は難しい。


企業の根幹は人材です。その力を最大限引き出すのが社長の仕事。


中毒ではないと思うけど、体を動かさないと落ち着かない。次はもっとタイムを縮めてやろうとか、運動すれば自然と未来志向になれる。


13年前、いきなり中国赴任を命じられました。国内営業一筋だった私は、出張経験すら乏しいまま中国に飛び込みました。振り返ると、これが良かったのでしょう。予断を持たずに中国人スタッフと向き合い、潜在能力の高さを見極められたからです。


社長になってみて責任の重さ以外は何も変わりませんでした。人を信じて「自然体」で接し、組織の力を引き出していく。社長になっても、今までと同じスタイルを貫けばよいのだと前向きに考えています。


富士通は、自社の環境技術を製品やサービスとして活用するだけではなく、オープンイノベーションを進め、様々な形で活用可能にしていくことが重要であると考えています。世界知的所有権機関が運営する環境技術の移転マッチングの枠組みである「WIPO GREEN」へのパートナーとしての参画もその一環です。200件以上の環境関連知的財産を登録し、積極的な技術移転をグローバルに進めることで、環境技術の普及とイノベーションの促進に寄与していきます。


田中達也(経営者)の経歴・略歴

田中達也、たなか・たつや。日本の経営者。「富士通」社長。福岡県出身。東京理科大学理工学部卒業後、富士通に入社。産業営業本部産業第二統括営業部プロセス産業第二営業部長、執行役員産業ビジネス本部長、執行役員常務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

中山雅史

「課題は?」と聞かれた時の答えはずっと変わらない。「すべて」ですよ。ひとつひとつのプレーをちょっとずつでもレベルアップできたらと思い続けている。動きの質をはじめ、技術的な部分もね。


寺田和正

ビジネスアイデアを形にするうえで一番大事なことは、時代の風を感じることです。自分がいま展開しているビジネスの現状や世の中の流れをどう感じるのか。その先に必要になってくるのは何かを感じ、それを2年から3年かけて考えるんです。考えに考えたことを、行動に移します。


ジェームズ・ダイソン

新製品が出来上がると、まず日本のお客様に使ってもらっています。これが非常に勉強になります。エンジニア自らが家庭を訪問し、掃除機を使っている様子を見ながら、なぜそのような動きをするのか、問題点はないかといったことを聞きます。エンジニアが直接意見を聞くプロセスが非常に大事なのです。決して外部へ委託することはありません。


榊原定征

一般的には、政治と経済は一定の距離を置き、緊張感をもって互いに切磋琢磨し合う関係。ですから、場合によっては、耳の痛いことも言わなければいけない。これが基本的な関係。


後藤亘

分からないなら、分かる人に聞けばいい。そうして、大きな仕組みと流れを理解する。目の前の数字も大事ですが、それだけを見ていても、正しい判断はできません。


澤田秀雄

人気がなかったものはやめるか、修正をして、いまも試行錯誤を続けています。内容は毎年よくしているので、お客様もまた来てくれます。


河原由次

面接時には、希望する仕事内容や勤務日に関する細かな要望を徹底的にヒアリングしてデータベース化しています。そのデータを元に、仕事の案件ごとにシステムが自動的に候補となるスタッフをピックアップしてスマートフォンに通知。各自がエントリーするところまで、全体の8割は自動でマッチングしています。


信太明

私はすべての会社に入社するときに、30歳になったら起業したい目標がありますとお話ししてきました。リクルートは営業の勉強をするため、経営コンサルは経営の勉強をするため、ABCマートはラッキーなことに実際に経営にも携わることができました。


石原壮一郎

雑談や挨拶の最大の目的は、「敵意はないと伝えること」。もし、この世に雑談や挨拶というものがなかったら、いちいち緊張しなければならないし、相手に対する恐怖心や疑心暗鬼が無駄に膨らんでしまうでしょう。天気の話題は「誰だって見れば分かる」からこそ、当たり障りのない共通の話題になり得るし、敵意のなさを雄弁に伝えてくれます。


木村裕一(きむらゆういち)

僕が本を書くときは、必ず、販売プロモーションまで練っています。作品はタレントと同じ。どうしたら活躍できるかを考えながら世に送り出すわけです。


榊彰一

チャレンジは10やれば9つは失敗する。肝心なのはその失敗の見極めを早くして1つの成功事例を育てていくこと。


森川亮

速いスピードで動け。これは私が常に意識し、こだわっていること。ビジネスで大事なのは、チャンスが到来した時に、それにできるだけ速く対応すること。