田中達也(経営者)の名言

田中達也(経営者)のプロフィール

田中達也、たなか・たつや。日本の経営者。「富士通」社長。福岡県出身。東京理科大学理工学部卒業後、富士通に入社。産業営業本部産業第二統括営業部プロセス産業第二営業部長、執行役員産業ビジネス本部長、執行役員常務、副社長などを経て社長に就任。

田中達也(経営者)の名言 一覧

色眼鏡をかけ、壁の向こうから人を見ているようでは、組織力向上は難しい。

企業の根幹は人材です。その力を最大限引き出すのが社長の仕事。

中毒ではないと思うけど、体を動かさないと落ち着かない。次はもっとタイムを縮めてやろうとか、運動すれば自然と未来志向になれる。

13年前、いきなり中国赴任を命じられました。国内営業一筋だった私は、出張経験すら乏しいまま中国に飛び込みました。振り返ると、これが良かったのでしょう。予断を持たずに中国人スタッフと向き合い、潜在能力の高さを見極められたからです。

社長になってみて責任の重さ以外は何も変わりませんでした。人を信じて「自然体」で接し、組織の力を引き出していく。社長になっても、今までと同じスタイルを貫けばよいのだと前向きに考えています。

富士通は、自社の環境技術を製品やサービスとして活用するだけではなく、オープンイノベーションを進め、様々な形で活用可能にしていくことが重要であると考えています。世界知的所有権機関が運営する環境技術の移転マッチングの枠組みである「WIPO GREEN」へのパートナーとしての参画もその一環です。200件以上の環境関連知的財産を登録し、積極的な技術移転をグローバルに進めることで、環境技術の普及とイノベーションの促進に寄与していきます。

田中達也(経営者)の経歴・略歴

田中達也、たなか・たつや。日本の経営者。「富士通」社長。福岡県出身。東京理科大学理工学部卒業後、富士通に入社。産業営業本部産業第二統括営業部プロセス産業第二営業部長、執行役員産業ビジネス本部長、執行役員常務、副社長などを経て社長に就任。

ページの先頭へ