名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

田中裕二(爆笑問題)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田中裕二(爆笑問題)のプロフィール

田中裕二、たなか・ゆうじ。日本のお笑い芸人。東京都出身。日本大学芸術学部演劇学科中退。太田光と漫才コンビ「爆笑問題」を結成。多くのテレビ番組で活躍。

田中裕二(爆笑問題)の名言 一覧

年頭に計画を立てたことなんて1度もないだろ。抱負もなく、日々、仕事をやっていくだけ。

【覚え書き|相方に新年の抱負を問われて】


サラリーマンの人もいろんな仕事があるんでしょうけど、僕なんか今度こういう仕事をやると聞いて、中には憂鬱だなと思うものもある。当然、そこでそんなのやらないって立場にないので、やるんです。でも、やってみたら不思議とすごく楽しい場合がありますね。


もともと、お笑いをやるときに金を儲けることがまったく頭になかった。ライブはギャラなんて出ませんでしたしね。面白いことをやってウケて、それだけで食っていけたら幸せ。それぐらいですよ。この仕事は金になるとか、ギャラがいくらだなんていまでも考えないです。


田中裕二(爆笑問題)の経歴・略歴

田中裕二、たなか・ゆうじ。日本のお笑い芸人。東京都出身。日本大学芸術学部演劇学科中退。太田光と漫才コンビ「爆笑問題」を結成。多くのテレビ番組で活躍。

他の記事も読んでみる

藤田寛之

プロの仕事は極めること。負けたなら、原因を追求して補うのが当然。その道を極めてこそ、プロフェッショナルですから。


曽山哲人

成果を出しているのに周りが認めてくれないと嘆く前に、成果を正しくアピールしましょう。営業日報やミーティング、面談や仕事のあとの飲み会など、上司に意思表明する場は意外とあるものです。意思表明をすれば、何らかのリアクションが返ってきます。評価に不満を持つほとんどの人が、自分を認めてもらえないイライラやしらけを上司に表明していません。言ってみることで何かが変わるはずです。


久保田進彦

パフォーマンス、つまり、製品、パッケージ、価格、チャネル、アフターサービス、そして顧客経験は常に時代に合わせて変化させていく。その一方で、ブランドのスタイル(らしさ・方向性・ポリシー)は変化させない。ブランドのスタイルを、マーケティングの世界では「ブランド・アイデンティティ」と呼びます。ほとんどのロングセラーブランドには、「パフォーマンスは進化させ、スタイルは変えない」というルールが当てはまります。


藤沢久美

いま私が一番気になっているのは原稿の締め切りです。つねにいくつもの締め切りを抱えている状態なので、月の初めに締め切りから逆算し、いつごろ原稿を執筆しなければいけないのか、かなり細かくスケジューラーに入力します。すると、いったん安心できるんですね。


村上龍

私も初対面の人とはうまく話せません。なぜならその人のことを知らないからです。『カンブリア宮殿』というTV番組でインタビュアーをやっているのですが、知らない人と話すのは苦手なので、ゲストの資料を読むことにしています。かなり大量の資料を読みます。ゲストは企業トップなので、その企業の歴史、規模、ポリシー、経営者自身の生い立ち、考え方、学歴、職歴、あるいは趣味など、情報を得ようとします。歴史のある企業の場合、創業からの軌跡を辿ることもありますし、創業者のことを調べることもあります。


小松節子

中小企業の場合、会社と社員は家族のようなもの。いかに信頼関係に基づいた一体感を築けるかが企業の力そのもの。


小杉俊哉

ユニデンという会社で2年間働いたことがある。2年目、人事総務部の責任者として、外部から招かれた新社長の下で仕事をすることになった。彼は私と正反対のタイプだった。私は計画を立てるのが苦手で思いつきで動くのが好き、直感重視型であるのに対して、彼は計画ありきでデータ重視。地獄の日々が始まった。私が自分のやり方に固執すると叱責され、一日何度も電話で呼び出されては怒鳴られた。電話が鳴るたび恐怖感から毛穴が開くようになり、まずいと思うようになった。どうするか。これまでの自分を封印し、その社長のやり方に染まることにした。まず社長のことを客観的に見てみた。すると彼のやり方は、これはこれですばらしいと思えた。社長をよく知る部下や秘書にも教えを請うた。こういう場合は社長がどんな判断を下すか先回りして考え、手も打った。5カ月くらい経つと、症状も収まり怒られることもなくなった。


大東隆行

上の人間が「何とかしろ!」と怒鳴っただけでは何にも変わりません。問題解決策を一緒に考えます。エリアマネージャーが店長と話すときも同じです。実際の店舗を見ながら、問題解決策を一緒になって考えることが重要です。


星野佳路

次々と新しいことに挑戦していますが、ビジネスというのはリスクゼロということは決してありません。次の勝負がひょっとしたら、大きな失敗のときかもしれない。その危機感が常にあります。


長谷川嘉哉

脳の仕組みから言えば、「不快」を「快」に変えることは可能です。しかも第一印象で「ものすごく嫌い」と感じた相手ほど、「ものすごく好き」に変わる可能性があります。心理学には「振り子の法則」と呼ばれる理論があり、「不快」のレベルが高い相手ほど、何かのきっかけで高いレベルの「快」へと振れることが知られていますが、これは脳科学の理論から見ても整合性があります。


天野総太郎

転職する際、待遇と仕事内容を天秤にかける人がいますが、私はできませんでした。トップマネジメントの場合にはとくにそうですが、まずは仕事内容を優先して転職先を選び、全力を尽くしたほうがいいでしょう。思うような成果が上げられれば、待遇は後からついてくるものです。


平野友朗

SNSでの書き方について、私は「満員電車の中で話せる内容にとどめてください」とアドバイスをしています。ネット上も公共空間です。大きな声で、他人の悪口を言うことは控えましょう。