田中裕二(爆笑問題)の名言

田中裕二(爆笑問題)のプロフィール

田中裕二、たなか・ゆうじ。日本のお笑い芸人。東京都出身。日本大学芸術学部演劇学科中退。太田光と漫才コンビ「爆笑問題」を結成。多くのテレビ番組で活躍。

田中裕二(爆笑問題)の名言 一覧

年頭に計画を立てたことなんて1度もないだろ。抱負もなく、日々、仕事をやっていくだけ。

【覚え書き|相方に新年の抱負を問われて】


サラリーマンの人もいろんな仕事があるんでしょうけど、僕なんか今度こういう仕事をやると聞いて、中には憂鬱だなと思うものもある。当然、そこでそんなのやらないって立場にないので、やるんです。でも、やってみたら不思議とすごく楽しい場合がありますね。


もともと、お笑いをやるときに金を儲けることがまったく頭になかった。ライブはギャラなんて出ませんでしたしね。面白いことをやってウケて、それだけで食っていけたら幸せ。それぐらいですよ。この仕事は金になるとか、ギャラがいくらだなんていまでも考えないです。


田中裕二(爆笑問題)の経歴・略歴

田中裕二、たなか・ゆうじ。日本のお笑い芸人。東京都出身。日本大学芸術学部演劇学科中退。太田光と漫才コンビ「爆笑問題」を結成。多くのテレビ番組で活躍。

他の記事も読んでみる

津谷正明

今進めているのが、我々しかできないことの追求。


小林喜光

誰も拾わないような火中の栗を拾ってこそ、経営者やリーダーの価値がある。


枝川義邦

ノースカロライナ州立大学のヘス博士らは、60歳以上の男女約100人を集めて記憶学習のテストを行ないました。彼らを2つにグループ分けし、一方には、「年をとると記憶力が衰える」という情報を与えました。もうひとつのグループには、「記憶テストの成績に年齢は関係ない」という情報を与えました。すると驚くべきことに、後者の「記憶力と年齢は関係ない」と教えられたグループのほうが、成績が良かったのです。このテストから見えてくるのは「思い込み」は現実になる、ということ。あなたが「もう40だから仕方ない」と思い込むことによって、記憶力は低下してしまうのです。


太田彩子

営業とはただの「売り込む人」ではありません。お客様の話を傾聴し、共に悩み、一緒に問題を解決するパートナーである、というスタンスを忘れないようにしましょう。


天坊昭彦

重要なのは「なぜやるのか」を考えることです。「今この状況において、これをやれば、お客様のためになる」「これは地域のため社会のためになる」といった利益を超えた部分で、大義があるかどうかなんです。


平尾誠二

部下への指示は最初からあまり細かいところまで決めないことです。むしろ、「ここだけは」という肝心のポイントだけ伝わればいいと考え、指示にはなるべく隙間をつくっておいた方がいいでしょう。そうしないと、部下がイマジネーションを発揮する余地がなくなってしまいます。部下に一律に同じことをやらせる方が効果的という考え方にも一理あります。ただし、それでは個々のモチベーションはあがりませんし、組織のパフォーマンスもすぐに頭打ちになってしまいます。


荒木香織

想定外が起きること自体、準備が甘いということでもある。自分のメンタルが弱いという自覚があるなら、想定外が起きないよう、あらゆる準備をして臨めばいい。そうすれば、過度の緊張や不安に苛(さいな)まれることはない。


松本大

仕事に面白味を感じられるかどうかは、自分から楽しもうとしているかどうかの差でしょう。


樋口泰行

やはりオーナー系の会社は実行力がある。情報システム戦略もグローバル目線で見ています。


ムーギー・キム(金武貴)

自分が本当に好きなもの、やりたいことを見つけるためには、若いときや子供の頃の原体験にまで遡って考えてみるといいでしょう。すると、自分が無意識のうちに大切にしてきたことや、これだけは実現したいということが浮かび上がってくるものです。それが今の会社の中で実現できそうならば努力を続ければいいし、そうでないなら転職を視野に入れてもいい。また、転職をしなくても、兼業を認める会社も増えてきていますしね。


吉永泰之

売り出す車がみな売れているが、こうした状況が実は恐ろしい。売れてしまうと、次も同じコンセプトになりがちだから。


大友啓史

僕の場合、良い作品を作るという目的はもちろんですが、それと同時に、良い作品へと向かうプロセスを楽しむことに興味があるのだと思う。


尼口友厚

ECサイトの成功には、コンセプト、コンテンツ、マーチャンダイジング、サービス、機能を有機的に組み合わせることが必要です。今回のサイトシステムもまだ完成ではなく、新たな機能も追加していきます。


永守重信

経営って難しいと思ってるだろう。でも一番簡単なのが経営だ。理屈通りにやれば、誰でも利益が出せるから。


小川直也

ハッスル・ポーズを始めたのは、観に来てくれたお客さんに、最後スカッとして帰ってもらって、明日からの活力にしてほしいと思ったから。いまの世の中、みんな元気がないからね。


ページの先頭へ