名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

田中英成の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田中英成のプロフィール

田中英成、たなか・ひでなり。日本の経営者、眼科医。「メニコン」社長。愛知医科大学医学部卒業後、メニコンに入社。取締役、常務などを経て社長に就任。コンタクトレンズ月会費制システム「メルスプラン」を発案。フランス国家功労勲章シュバリエを受章。

田中英成の名言 一覧

(新しいサービスは)最初は誰もが半信半疑です。社員だけでなく販売店も同様です。でもお客様にお勧めしたら、「これはいい」とおっしゃってくれる。それが同業者にも伝わり、広がっていきました。


「エンドユーザーファースト」で物事を考えています。どうやったらお客様が一番喜んでくれるか。それを最優先する。そうでなければ、工程を増やして余分なコストが掛かるようなことはできません。でも当社はそこにこだわる。その思想を開発から工場、流通に至まで一貫して持っています。それがメニコンブランドの誇りです。


(コンタクトレンズの月額制は)ビジネスモデル特許を取得しているため、競合が同じことをやることは不可能です。類似のサービスならできるかもしれませんが、既に我々は全国に8千店ある販売店の2割を抑えています。これを10年以上かけて開拓してきました。同業他社が真似ようとしてもそう簡単なことではありません。


1990年代後半、それなりの利益は出ていましたが、このままでは5年後にはつぶれてしまうという強い危機感がありました。当時、コンタクト業界にも価格破壊が起きていました。それが行き過ぎて、メーカーも販売店も疲弊してしまっていた。お客様は喜ぶと思うかもしれませんが、コンタクトレンズは医療機器です。販売にあたってはお店できちんと説明しなければいけないのに、ディスカウント合戦になると、そこが置き去りにされてしまう。その結果、目の健康が損なわれれば、コンタクトレンズへの信頼が揺らぎます。トップメーカーとして看過はできませんでした。そこで流通構造を変えようと考えました。


大変だったのは社員の考えを変えることでした。私がメルスプラン(月額制コンタクトレンズ)をやろうと言っても社員はなかなか動かない。3年たって「どうなっている?」と聞いても「検討中」「むずかしい」という返事です。この時初めて「検討中」とは「考えていない」こと、「むずかしい」とは「やりたくない」ことだと気づいたのです。そこで当時社長だった父に、「自分を社長にしてほしい」と直談判しました。父の返事は「お前の好きにしろ」。それで社長になり、トップダウンでメルスプランを進めていきました。


以前のコンタクトレンズ物流は、「メーカー→販売店→ユーザー」、商流(お金の流れ)はその逆で、いずれも一直線に並んでいました。ところが(月額制の)メルスプランは、ユーザーとメニコンが直接契約を結びます。その手続きを販売店でしてもらい、メニコンは販売店を通じて製品を届けます。そして販売店へはメニコンから販売手数料を支払うという仕組みです。これなら価格競争は起きません。そのため販売店の利益率が上がるため、ユーザーによりよいサービスを提供できます。我々も安定収入を確保できるため、それを品質向上に回すことかできる。ユーザーはより高い品質の製品とサービスを受けることができる。つまりこれは「三方よし」のシステムです。


田中英成の経歴・略歴

田中英成、たなか・ひでなり。日本の経営者、眼科医。「メニコン」社長。愛知医科大学医学部卒業後、メニコンに入社。取締役、常務などを経て社長に就任。コンタクトレンズ月会費制システム「メルスプラン」を発案。フランス国家功労勲章シュバリエを受章。

他の記事も読んでみる

星野佳路

失敗するからこそ、本人には次の学びの方向が見えてくる。


柳川範之

されるかわからないリストラにおびえるのではなく、稼ぐ力をつけて自立するぐらいの気持ちが必要。いつでもセミリタイアできるぐらいの状況を作ることができれば、もっと人生を楽しむ余裕も生まれるかもしれません。


一宮忠男

現在、業界のリーディングカンパニーとして重要なことは、企業として社会的責任を持つということです。いままではがむしゃらに前へ進むことを考えていればよかったかもしれない。しかし、今後は社会的な責任を、なお一層自覚していかなければと思います。


ソクラテス

幼にして謙遜なれ。弱にして温和なれ。壮にして公正なれ。老いては慎重なれ。


ジョン・F・ケネディ

人類は戦争を終わらせなければならない。でなければ戦争が人類を終わらせるだろう。


小松美羽

私に限っては、まだまだ若輩者ゆえに足りないピースだらけだけれども、画家としてなんとか成立して今も生きていられるのは、大和力が制作の根底にあるからだ。では、大和力とは、「和」という方法を原則にした魂のあり方。和には、円のようにたくさんの異なる宗教観を排他せずにミックスする力がある。異なる文化が融合することで、和が自然と成立していく。だから大和力というのは、日本の考え方というわけではなく、たくさんの国や文化や宗教や交流の中で、東の最果てで停留した事柄が独自の進化をした形態のことであると考える。ということは大和力とは、地球の歴史の大いなる流れの遺産であり、今も脈々と日本に受け継がれている心なのだ。


小阪裕司

暗黙知とは、理屈や言葉には表れにくい知恵や情報のこと。仕事ができる人というのは、この暗黙知をたくさん持っている人。


チェ・ゲバラ

もし私達が空想家のようだと言われるならば、救い難い理想主義者だと言われるならば、出来もしない事を考えていると言われるならば、何千回でも答えよう、「そのとおりだ」と。


安倍晋三

改革に終わりはありません。経済はグローバル化しており、世界で勝ち残らなければ、結局は雇用も維持できません。


ロバート・ホーマッツ

敗者復活の仕組みは重要ですね。優れた起業家といえども、最初から成功できるわけではありません。経験を積んで、2度、3度と挑戦する中で成功するわけです。


サミュエル・スマイルズ

人を偉大ならしめるものはすべて労働によって得られる。文明とは労働の産物である。


今野由梨

最近の若いベンチャー経営者にも言いたい。お金や名誉を目的にした起業が悪いとは思いません。ただ、自分に課せられた社会的な役割を意識してほしいって。