名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

田中英成の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田中英成のプロフィール

田中英成、たなか・ひでなり。日本の経営者、眼科医。「メニコン」社長。愛知医科大学医学部卒業後、メニコンに入社。取締役、常務などを経て社長に就任。コンタクトレンズ月会費制システム「メルスプラン」を発案。フランス国家功労勲章シュバリエを受章。

田中英成の名言 一覧

(新しいサービスは)最初は誰もが半信半疑です。社員だけでなく販売店も同様です。でもお客様にお勧めしたら、「これはいい」とおっしゃってくれる。それが同業者にも伝わり、広がっていきました。


「エンドユーザーファースト」で物事を考えています。どうやったらお客様が一番喜んでくれるか。それを最優先する。そうでなければ、工程を増やして余分なコストが掛かるようなことはできません。でも当社はそこにこだわる。その思想を開発から工場、流通に至まで一貫して持っています。それがメニコンブランドの誇りです。


(コンタクトレンズの月額制は)ビジネスモデル特許を取得しているため、競合が同じことをやることは不可能です。類似のサービスならできるかもしれませんが、既に我々は全国に8千店ある販売店の2割を抑えています。これを10年以上かけて開拓してきました。同業他社が真似ようとしてもそう簡単なことではありません。


1990年代後半、それなりの利益は出ていましたが、このままでは5年後にはつぶれてしまうという強い危機感がありました。当時、コンタクト業界にも価格破壊が起きていました。それが行き過ぎて、メーカーも販売店も疲弊してしまっていた。お客様は喜ぶと思うかもしれませんが、コンタクトレンズは医療機器です。販売にあたってはお店できちんと説明しなければいけないのに、ディスカウント合戦になると、そこが置き去りにされてしまう。その結果、目の健康が損なわれれば、コンタクトレンズへの信頼が揺らぎます。トップメーカーとして看過はできませんでした。そこで流通構造を変えようと考えました。


大変だったのは社員の考えを変えることでした。私がメルスプラン(月額制コンタクトレンズ)をやろうと言っても社員はなかなか動かない。3年たって「どうなっている?」と聞いても「検討中」「むずかしい」という返事です。この時初めて「検討中」とは「考えていない」こと、「むずかしい」とは「やりたくない」ことだと気づいたのです。そこで当時社長だった父に、「自分を社長にしてほしい」と直談判しました。父の返事は「お前の好きにしろ」。それで社長になり、トップダウンでメルスプランを進めていきました。


以前のコンタクトレンズ物流は、「メーカー→販売店→ユーザー」、商流(お金の流れ)はその逆で、いずれも一直線に並んでいました。ところが(月額制の)メルスプランは、ユーザーとメニコンが直接契約を結びます。その手続きを販売店でしてもらい、メニコンは販売店を通じて製品を届けます。そして販売店へはメニコンから販売手数料を支払うという仕組みです。これなら価格競争は起きません。そのため販売店の利益率が上がるため、ユーザーによりよいサービスを提供できます。我々も安定収入を確保できるため、それを品質向上に回すことかできる。ユーザーはより高い品質の製品とサービスを受けることができる。つまりこれは「三方よし」のシステムです。


田中英成の経歴・略歴

田中英成、たなか・ひでなり。日本の経営者、眼科医。「メニコン」社長。愛知医科大学医学部卒業後、メニコンに入社。取締役、常務などを経て社長に就任。コンタクトレンズ月会費制システム「メルスプラン」を発案。フランス国家功労勲章シュバリエを受章。

他の記事も読んでみる

菊川剛

あらゆる業務でスピードが要求されますから、我が社の会議や打ち合わせでは資料は事前配布が原則です。参加者は事前に配布された資料に目を通し、あらかじめ質問を考えておく。会議や打ち合わせの時間はあくまでQ&Aと審議に使って一定の結論を出すべきであって、資料の説明に時間を費やすのは時間の無駄でしかない。徹底することはなかなか難しいですが、そういう指導を続けています。


中島孝志

心理学用語に「カラーバス効果」というものがあります。赤を意識して街中を歩くと、やたらと赤いものが目に飛び込んでくる現象のことで、それは、自分が赤というキーワードに敏感になっているからです。同じように、具体的な問題意識を持ってアンテナを張っていれば、誰かのちょっとした一言がヒントになったりするのです。


槍田松瑩

変化が激しい時代では、事業環境がどのようになるか誰にも予測できません。しかし、ミドルがしっかりとした価値観と考える力を持つ部下を育成する役割を全うし、そのような社員が揃った会社になれば、世の中に何が起ころうとも必ず乗り越えていけると考えています。


樋口武男

いま、当社も社員をどんどん海外へ出していますが、私は、最初の1年間は遊んだらええと思っています。遊ぶというと語弊がありますが、その国の宗教、生活習慣を体で学び、人間関係を築くことが大事。利益のことなど考えずに、まずは暮らしながらマーケット調査すればいいんです。


伊藤直彦

金遣いの荒い人を浪費家というが、時間についても同じことが言える。最近のネット上に氾濫する下らない論争などでもそうだが、無益な論争に時間をいたずらに空費することはまったく愚かなことであり、他人の貴重な時間を侵害することはお互い厳に慎まねばならない。


和田裕美

不快なメールというのは、書き手本人にはわからないもの。たとえ読み手がガッカリしたり、カチンときたとしても、ほとんどの場合は書き手にそのことをわざわざ言ってきません。気づけば返事がなくなり、相手からの連絡も途絶える。結局、その原因が自分にあるとは気づかない。そんな怖さがあります。


新藤兼人

私自身を例に挙げれば、シナリオを書き、映画を撮っていますが、私に何ら能力がなかったら世間は受け入れてくれません。現実は厳しいから、お前は年を取ってしまってもう駄目だけれど、仕方がないから認めてあげようなどということは絶対にない。価値がなければ認めてもらえないんです。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)

最高のメンバーを集め、革新に挑む自由を与え、皆が全力で取り組めば、実現できないケースの方が少ない。


上西京一郎

必要なのは、きめ細かな対応です。それを積み重ねる努力を惜しまないことです。


村井邦彦

時代の半歩先を行くなんてことは、頭で考えたってできない。やはり、体が自然に動いてしまうことが大切なんじゃないか。その動いていけるというのが若さだ。とくにいまは変化というものが、非常に加速化されているだけに、どんな分野においても、プロデューサーにとって重要なことは、この変化に素早く反応するということだ。


小山昇

即断、即決、即実行。それでも業績が上がらない会社があるのはなぜか。それは、「我が社の都合」でものごとを決めているからです。世の中は変わる。お客様も変わる。ライバル会社も変わる。これが現実です。自社の都合ではなく、世の中の都合、お客様の都合、ライバル会社の都合に合わせないといけない。


宮田亮平

子供が芸術家になりたいと言い出したら、答えは決まっています。そりゃ、やってみろと言います。それしかないでしょう。そもそも芸術家は特別な存在ではありません。恋をすれば人は誰でも詩人になります。生きとし生ける者は誰もが芸術家なんです。それを生業にするかしないかの違いだけです。