田中英成の名言

田中英成のプロフィール

田中英成、たなか・ひでなり。日本の経営者、眼科医。「メニコン」社長。愛知医科大学医学部卒業後、メニコンに入社。取締役、常務などを経て社長に就任。コンタクトレンズ月会費制システム「メルスプラン」を発案。フランス国家功労勲章シュバリエを受章。

田中英成の名言 一覧

(新しいサービスは)最初は誰もが半信半疑です。社員だけでなく販売店も同様です。でもお客様にお勧めしたら、「これはいい」とおっしゃってくれる。それが同業者にも伝わり、広がっていきました。


「エンドユーザーファースト」で物事を考えています。どうやったらお客様が一番喜んでくれるか。それを最優先する。そうでなければ、工程を増やして余分なコストが掛かるようなことはできません。でも当社はそこにこだわる。その思想を開発から工場、流通に至まで一貫して持っています。それがメニコンブランドの誇りです。


(コンタクトレンズの月額制は)ビジネスモデル特許を取得しているため、競合が同じことをやることは不可能です。類似のサービスならできるかもしれませんが、既に我々は全国に8千店ある販売店の2割を抑えています。これを10年以上かけて開拓してきました。同業他社が真似ようとしてもそう簡単なことではありません。


1990年代後半、それなりの利益は出ていましたが、このままでは5年後にはつぶれてしまうという強い危機感がありました。当時、コンタクト業界にも価格破壊が起きていました。それが行き過ぎて、メーカーも販売店も疲弊してしまっていた。お客様は喜ぶと思うかもしれませんが、コンタクトレンズは医療機器です。販売にあたってはお店できちんと説明しなければいけないのに、ディスカウント合戦になると、そこが置き去りにされてしまう。その結果、目の健康が損なわれれば、コンタクトレンズへの信頼が揺らぎます。トップメーカーとして看過はできませんでした。そこで流通構造を変えようと考えました。


大変だったのは社員の考えを変えることでした。私がメルスプラン(月額制コンタクトレンズ)をやろうと言っても社員はなかなか動かない。3年たって「どうなっている?」と聞いても「検討中」「むずかしい」という返事です。この時初めて「検討中」とは「考えていない」こと、「むずかしい」とは「やりたくない」ことだと気づいたのです。そこで当時社長だった父に、「自分を社長にしてほしい」と直談判しました。父の返事は「お前の好きにしろ」。それで社長になり、トップダウンでメルスプランを進めていきました。


以前のコンタクトレンズ物流は、「メーカー→販売店→ユーザー」、商流(お金の流れ)はその逆で、いずれも一直線に並んでいました。ところが(月額制の)メルスプランは、ユーザーとメニコンが直接契約を結びます。その手続きを販売店でしてもらい、メニコンは販売店を通じて製品を届けます。そして販売店へはメニコンから販売手数料を支払うという仕組みです。これなら価格競争は起きません。そのため販売店の利益率が上がるため、ユーザーによりよいサービスを提供できます。我々も安定収入を確保できるため、それを品質向上に回すことかできる。ユーザーはより高い品質の製品とサービスを受けることができる。つまりこれは「三方よし」のシステムです。


田中英成の経歴・略歴

田中英成、たなか・ひでなり。日本の経営者、眼科医。「メニコン」社長。愛知医科大学医学部卒業後、メニコンに入社。取締役、常務などを経て社長に就任。コンタクトレンズ月会費制システム「メルスプラン」を発案。フランス国家功労勲章シュバリエを受章。

他の記事も読んでみる

ミシュラ・マニッシュ

今後、インド市場は無視できない存在だと思いますので、行くのであれば成功する、という気概で進出していただきたい。


豊島逸夫

個人投資家はどうすればいいのか、といえば、少額からでも色々な投資対象に身銭を切って、実戦あるのみ。スイス銀行チューリッヒのトレーダーの半分は高卒だ。学歴など全く関係ない。銀行なのにマニュアルもなかった。いきなり相場を張らされた。個人とて同じこと。少額でも自ら痛い思いを経験してこそ、リスク耐性が強まるものだ。その上でマネー誌を読むなり、セミナーで講師の話を聞くなりすればよい。


岸見一郎

空気を読むのは、自分に自信を持てない人が、他者との関係の中で傷つかないことを目的とする行為です。しかし、そもそも劣等感というのは、客観的な事実ではなく、主観的な解釈にすぎません。ですから、空気ばかり読む人は、劣ったまま生きる方法を、自分で選択しているだけなのです。


小暮真久

読書の醍醐味を知ったのは、テーブル・フォー・ツーに関わるようになってからです。社会起業家として歩き出してはみたものの、目の前に立ちはだかる壁は大きく、ぶつかっては跳ね返されるということを何度も繰り返すうちに、さすがに心も弱ってきました。これが会社なら、上司や先輩に指導を受けたり、同僚に愚痴を聞いてもらったりできますが、僕の場合、まさに孤軍奮闘だったので、本に助けを求めたのです。


岡本太郎

人間として生まれてきた以上、恐怖感があるというのは、むしろ自然なことなのだ。これから文明がさらに発達するにつれて、恐怖感を持つ人はもっと増えてくると思う。恐怖感は自分一人でなく、これは人類全体の運命なんだと思って、取り組んでいけば、以外に救われるんじゃないか。


岩井俊憲

未来志向の問いを発する方が、焦点が定まり、解決の筋道が見えてくるもの。過去の複雑な原因を探ることに労力をかけるよりも、未来の目的・目標に目を向けた方が、問題をシンプルに捉えることができ、より生産的になれる。


柳井正

社会起業家でなければ大成功できないと思います。世の中のニーズに応え、喜んでいただきお金が儲かる。これほどおもしろいことはないと思います。資本主義イコール悪、大企業イコール悪、小さいことがいいというような風潮がありますが、小さかったら社会は変えられない。


イセオサム

僕の頭は適度なプレッシャーがあった方が、アイデアが浮かびやすい。


チェ・ゲバラ

もし私達が空想家のようだと言われるならば、救い難い理想主義者だと言われるならば、出来もしない事を考えていると言われるならば、何千回でも答えよう、「そのとおりだ」と。


木川理二郎

会社というものは、モノをつくって、売って、カネを回収できて初めて成り立ちます。そこまでやって営業と言えるのです。


堀義人

上場するというのは、パブリックなカンパニーになるということです。資本市場を活用して多くの資金を調達し、それによって買収などをしかけながら会社を大きくしていくことができるような人、日本だけじゃなくアジアや世界に飛び立っていくようなマインドを持った人を育成する場であってほしいと思うし、そういう人が上場してほしいと思っています。起業家として評価されたいというエゴや、お金が欲しいというだけで上場を考えるなら、株主や資本市場に対する冒涜です。


眞鍋政義

日本の女子バレーでは代表に限らず、プレミアムリーグのクラブチームでも、カリスマ的な監督によるトップダウンのチームマネジメントが大勢を占めてきた。しかし、私はそうしたマネジメントの在り方では勝てないと疑問を持ち続けてきた。なぜなら、実際にコートの中でプレーするのは選手であるからだ。監督に命じられてではなく、選手自身が「絶対に勝つんだ」と心の底から思わなければ、世界の舞台で勝ち抜けない。


永田豊志

思考の混乱は、現状と目標をきちんと把握していないことから生じることが多い。つまり、現状と目標を明確にして、それからやるべきことを考えれば、頭の中は混乱しない。


堀正岳

やるべき仕事は情報収集以外にもたくさんありますから、自分の業界のあらゆる情報に精通するのは不可能。そこで私がお勧めしているのは、「自分はこの業界の○○という分野に絞って情報を集める」というように、情報収集の範囲を思いきって絞ることです。そうやって特定の分野の情報だけを集中して集めていくと、「アイツは中国市場の動向については、誰にも負けない見識をもっている」といったように、一目置かれる存在になれます。「この分野ならアイツに聞け」という自己ブランドを、短時間で確立できるのです。


家本賢太郎

褒める場合、本人に対して直接は褒めません。たまに会議の場で、「このやり方はとってもいいと思う」などと言えば、皆が「おっ!」となって本人の喜びも増します。


ページの先頭へ