名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

田中義剛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田中義剛のプロフィール

田中義剛、たなか・よしたけ。日本のタレント、経営者。生キャラメルなどで知られる北海道の花畑牧場社長。青森県出身。酪農学園大学酪農学部卒業後、歌手としてデビュー。テレビのバラエティ番組などで人気を得たのち、北海道に移住。花畑牧場を開業するも、商品が売れず約4億円の借金を背負う。その後、「トム・チーズ」「カチョカヴァロ」などのチーズ類、生キャメルなどが大ヒットし経営を盛り返した。酪農学園大学特命教授なども務めた。

田中義剛の名言 一覧

これからの時代、ひとつのことをやる時代じゃありません。二兎を追うものは一兎をも得ずじゃなく、二兎でも三兎でも追ってリスクヘッジをかけなきゃダメです。


うちの商品はやや高いですけれど、安売りすることは絶対にしません。売るのは空港、百貨店の催事、生協とショッピングチャンネルのみです。ブランド戦略ですよ。あとはいやらしくない範囲で、俺がメディアを使って宣伝します。やっとそういうことができるようになりました。


チーズ工場を拡張したとき、ガラス張りにして中がよく見えるようにしました。クルマでも何でもそうでしょ?売れるものには必ずショールームがある。うちの商品は全部手作りです。大手では絶対できません。多くの製造現場はお客さんの目の届かないところにありますが、うちは積極的に見てもらい、安心感を買ってもらうんです。そこに価値が生まれます。


小規模の企業がつくるモノは、すでに世の中に出回って値段が決まっているものでは駄目です。だってプライスリーダーになれないから。そこで目を付けたのがイタリアのカチョカヴァロというチーズです。昨年、生乳が余って牛乳を大量に廃棄しなければならない事態が起きたとき、その牛乳を何とか利用するために、5000万円を投資してチーズ工場を拡張しました。つくるのはかなり難しかったですが、約一年かけてようやくうまく生産できるようになりました。


芸能界は、いわば永遠の日雇労働です。だから俺は早く使われる側から使う側に、いつかメディアを利用する立場になりたい、そう思っていました。


田中義剛の経歴・略歴

田中義剛、たなか・よしたけ。日本のタレント、経営者。生キャラメルなどで知られる北海道の花畑牧場社長。青森県出身。酪農学園大学酪農学部卒業後、歌手としてデビュー。テレビのバラエティ番組などで人気を得たのち、北海道に移住。花畑牧場を開業するも、商品が売れず約4億円の借金を背負う。その後、「トム・チーズ」「カチョカヴァロ」などのチーズ類、生キャメルなどが大ヒットし経営を盛り返した。酪農学園大学特命教授なども務めた。

他の記事も読んでみる

齋藤正勝

ベネッセさんが協働してくれたのも、こちらの本気度が伝わったからだと思います。もちろん、当社が切り込み隊長となって、後ろに控えるMUFG(三菱UFJフィナンシャル・グループ)など他の金融機関にも広がることを期待してのことだとも思います。


鈴木敏文

お客が1万人いたとして、そのうち4000人は安い物を買いたいと。あと6000人の中には、新しい物、もっといい物、多少高くてもいいというお客が必ずいる。ただ安い物だけの提供では、お客一人ひとりに対しても満足感を与えていない。だから不満の人が多い所に対して満足を与えるためには質が大事。


赤塚保正

我々が大切にしている事は「商品開発」と「人財開発」です。その二つのバランスが取れていなければ会社は成長し続けません。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

私はテーマパーク型事業構造と言っているのですが、ディズニーランドのように、当社グループのブランドの元で様々な事業を展開していく。「安心・安全・健康」に関するものであれば全部やっていこうと思っています。柱は国内損保、海外損保、国内生命保険、そして介護・ヘルスケアの4つです。


林武志(経営者)

最初に取り付けた状態を20年後まで保つのは困難ですが、自分たちがお約束した機能だけは最後まで保障しようと社員にもいつも言っています。それが、朝日ソーラーという小さい会社を支援してくださるお客様に対して自分たちが出来る小さな恩返しだと思っています。


蒲生氏郷

春夏秋冬どれか一つにかたよらず、家風を正すことが主将の器と言うべきであろう。
【覚書き|優しさだけでなく、厳しさだけでなく均整のとれた家風をつくり上げることができるかどうかがリーダーの器という趣旨の発言】


イゲット千恵子

アメリカではいろんな問題が起きます。人種も様々ですから、自分にとっての常識が相手にとっては常識ではないということもよく起こります。そんな問題をゲームをクリアするように解決していく。これが楽しい。


包行均

たとえば当社の「草刈機まさお」の場合、環境が厳しい地域に行けば行くほどシェアが大きくなります。九州なら宮崎の高千穂町や熊本の小国町。こうした「うちの商品じゃないとダメ」という地域が、日本にも世界にも点々とあるのです。


宮内義彦

「ヒト・モノ・カネ」といった経営資源には限りがあり、できるだけ効率的に活用しなければなりません。その役割を担うのに、株式会社ほどふさわしい存在はありません。非効率でよければ誰がやってもいいわけで、経済的果実を効率的に社会に還元するからこそ会社というものの存在意義がある。この前提に立つと、赤字企業は社会的に不要ということになります。


知識賢治

社員が成長すれば、会社も成長する。それを支えるのが経営者の仕事。


渋沢栄一

男はいかに丸くとも、角(かど)を持たねばならぬ。金はボロに包んでも金だが、石は錦に包んでも石。


水越康介

他人がどう思っているかではなく、自分自身の中で確信の理由を問い直せば、新たな理由が見えてくる。