名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

田中義剛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田中義剛のプロフィール

田中義剛、たなか・よしたけ。日本のタレント、経営者。生キャラメルなどで知られる北海道の花畑牧場社長。青森県出身。酪農学園大学酪農学部卒業後、歌手としてデビュー。テレビのバラエティ番組などで人気を得たのち、北海道に移住。花畑牧場を開業するも、商品が売れず約4億円の借金を背負う。その後、「トム・チーズ」「カチョカヴァロ」などのチーズ類、生キャメルなどが大ヒットし経営を盛り返した。酪農学園大学特命教授なども務めた。

田中義剛の名言 一覧

これからの時代、ひとつのことをやる時代じゃありません。二兎を追うものは一兎をも得ずじゃなく、二兎でも三兎でも追ってリスクヘッジをかけなきゃダメです。


うちの商品はやや高いですけれど、安売りすることは絶対にしません。売るのは空港、百貨店の催事、生協とショッピングチャンネルのみです。ブランド戦略ですよ。あとはいやらしくない範囲で、俺がメディアを使って宣伝します。やっとそういうことができるようになりました。


チーズ工場を拡張したとき、ガラス張りにして中がよく見えるようにしました。クルマでも何でもそうでしょ?売れるものには必ずショールームがある。うちの商品は全部手作りです。大手では絶対できません。多くの製造現場はお客さんの目の届かないところにありますが、うちは積極的に見てもらい、安心感を買ってもらうんです。そこに価値が生まれます。


小規模の企業がつくるモノは、すでに世の中に出回って値段が決まっているものでは駄目です。だってプライスリーダーになれないから。そこで目を付けたのがイタリアのカチョカヴァロというチーズです。昨年、生乳が余って牛乳を大量に廃棄しなければならない事態が起きたとき、その牛乳を何とか利用するために、5000万円を投資してチーズ工場を拡張しました。つくるのはかなり難しかったですが、約一年かけてようやくうまく生産できるようになりました。


芸能界は、いわば永遠の日雇労働です。だから俺は早く使われる側から使う側に、いつかメディアを利用する立場になりたい、そう思っていました。


田中義剛の経歴・略歴

田中義剛、たなか・よしたけ。日本のタレント、経営者。生キャラメルなどで知られる北海道の花畑牧場社長。青森県出身。酪農学園大学酪農学部卒業後、歌手としてデビュー。テレビのバラエティ番組などで人気を得たのち、北海道に移住。花畑牧場を開業するも、商品が売れず約4億円の借金を背負う。その後、「トム・チーズ」「カチョカヴァロ」などのチーズ類、生キャメルなどが大ヒットし経営を盛り返した。酪農学園大学特命教授なども務めた。

他の記事も読んでみる

南淵明宏

普通、現役で難しい手術をやっている外科医は、メディアには出られません。怖いからです。もし手術で失敗したら「テレビで偉そうなことを言っていたのに」と非難されますから。でも僕は出る。怖いからです。怖いからこそ、自分を追い込むために出るんです。


岡田康豊

職種や業種など軸(長く関わっていきたい方向性)を1つ決め、それに関連した仕事は何でも主体的に取り組んで経験の幅を伸ばしていく姿勢が、今後のキャリア形成には大事。


益本康男

事業展開のスピードが上がり、業域も拡大するなかで、イチから人材を育成するのでは間に合わない。今年の正月に家で考えを巡らし、決意して、休み明けに指示を出しました。人材をヘッドハンティングして、営業ルートも買う方針を固めたのです。アメリカ、ヨーロッパ、中国は、それなりの人材が揃っていますが、今後はアフリカ、東欧、ロシア、インド、ベトナム、インドネシアなどの新興国がビジネスの対象です。これらの国々では、イチから営業所、販売ルートを開拓していくのでは間に合いません。


荒川亨

ネットワークの時代には、みんなで知恵を出し合いながらモノを作っていくことが大切だと思います。その意味でゼロサム・ゲームではなく、プラスサム・ゲームでネットワーク時代にふさわしい実績を作っていきたいとそんなふうに考えているんです。【覚書き:プラスサム=全体が広がり、かつ各部分も広がっていく状態のこと】


野村克也

3人の友が必要。「原理原則を教えてくれる友」「人生の師となる友」「直言してくれる友」だ。最後のは俺の場合、嫁さんやな。耳の痛いことばかり言うわ。


マザー・テレサ

私たちは大きなことはできません。ただ、小さなことを大きな愛で行うだけです。


カルロス・ゴーン

リーダーにとって、ブランドをしっかりと定義することは、社内の力を合わせるという意味でも極めて重要です。デザイナー、エンジニア、生産、物流、マーケティング、広報といった部門を1つにまとめ、一体感を生むことができるからです。1つのブランドを定義することで、ベクトルが同じ方向を向くのです。


松下幸之助

経営理念が単なる利害、単なる拡張というだけではいけない。それらのことが、いわば何が正しいかという人生観に立ち、かつ社会観、国家観、世界観さらには自然の摂理というところから芽生えて来なければならない。


岡田尊司

相手が話している間に「うんうん」と頷いたり「えっ?」と驚いたりすることで、相手は「ああ、わかってくれているんだな」という安心感を得られます。相手によっては多少オーバーにやってもいいでしょう。


勝間和代

成功体験があり、その再現性に、自信のある人は過去の成功にしがみつくことなく、新しいことにチャレンジできます。いつゼロからスタートしても、同じくらいかそれ以上の成功を実現できるという自信があるから、過去に固執する必要がありません。ところが、自信のない人は金科玉条のように過去の成功を大事にして、その劣化コピーを繰り返してしまうケースが多いのです。そうすると、成功間体はやや長続きするものの、やがて縮小均衡に陥り、尻すぼみになってしまいます。


谷厚志

お客様は問題を解決してほしいのはもちろんですが、それよりも「こんなにイヤな思いをした」という気持ちをわかってほしくて、わざわざクレームを言ってきているのです。それなのにこのプロセスをいい加減にはしょって、事務的に「わかりました、じゃあ返金します」などと言ってしまうと、「私、お金を返せなんて言いましたか?」とさらに怒らせてしまう。ですからここはじっくり話を聞いて洗いざらい吐き出してもらい、そのうえで、しっかり共感を示すことが大切です。


南場智子

継続討議はとても甘くてラクチンな逃げ場である。決定には勇気がいり、迷うことも多い。けれども仮に1週間後に情報が集まっても結局また迷うのである。こうしたことが、動きの速いこの業界では致命的になることも多い。