名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

田中節三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田中節三のプロフィール

田中節三、たなか・せつぞう。日本のバナナ研究者。岡山県出身。中学卒業後、ちり紙交換業、中古船販売業などで成功。その後、大好物のバナナの栽培法を研究。40年かけて「凍結解凍覚醒法」を開発し、寒冷地でバナナを栽培することに成功。D&Tファーム技術責任者、ASCO代表理事、グリーンプラネットバイオテック最高技術責任者を務めた。

田中節三の名言 一覧

「面白い」「こうなるかも」と思いついたら夢想したりメモをとる前に、とにかく手を動かす。考えたって行動に起こさなければ、世界は何も変わらないよ。


正攻法の反対側に、意外と答えが隠れている。


「カネがない」などと嘆くより、むしろチャンスと思うのが吉。ストレスが食物を育て甘くするのと一緒。大変な時こそ、いいアイデアが生まれ、運もめぐってくる。


人も植物も同じ。自分も、2度の倒産や失敗続きの実験があったからこそ、ご褒美としてこれだけの植物を育てられるようになった。とにかく、自分を信じて、諦めず続けることだよ。


チリ紙交換は円高でダメに。船の仕事もリーマンショックでおじゃんになった。でも不思議なことにお金がなくなる度に、バナナのヒントを得た気がする。


最初にバナナ栽培に成功した時「やった!」と喜ぶより「時間がかかりすぎたな」と感じた。絶対にできる。そう信じていたからね。それが何事にも通じる真実。


普通のバナナは、収穫できるまでに約1年半かかりますが、このバナナは2倍の速さで成長し、9か月で収穫できる。秘密はバナナに人工的な「氷河期」を体験させ、本来の「育つ力」を最大限に引き出しているからなんです。


私はもともと海運・造船会社を経営していました。造船の仕事をしている傍らで、趣味の1つとしてバナナの研究もしていたんです。そんな中、リーマン・ショックで船のビジネスが厳しくなり、還暦も迎えたタイミングでしたので、今後は趣味で生きようと気持ちを切り替えることにしました。


ある日、ソテツのドキュメンタリー番組を観ていたときアイデアが生まれた。5億年って、その間に何度氷河期を乗り越えてきたんだろうと考えた。待てよ、今の植物の多くも、氷河期を経過しても絶滅せずに繁茂しているじゃないか。すごい「生命力」だ。バナナも同じなんじゃないか、人工的に氷河期を経験させれば、その生命力を最大限に引き出せるんじゃないか、と。


今日本で流通しているバナナは「キャベンディッシュ」という品種。でも、自分が子供の頃食べていたのは「グロスミシェル」という品種でした。自分はこれが大好物でしたね。ある時期ぱったりと売り場からバナナが消えた。それが3~4年後のある日、べらぼうに安いバナナが出始めた。さっそく食べてみると自分が知っているバナナの味がしなくてうまくない。今考えるとそれが「キャベンディッシュ」でね。これがもう、大きなショックで……。そこで、自分が作ればいい。そうすれば腹いっぱい食べられるじゃないか、とね。

【覚え書き|グロスミシェルバナナは1960年代に流行したパナマ病で絶滅に瀕した】


田中節三の経歴・略歴

田中節三、たなか・せつぞう。日本のバナナ研究者。岡山県出身。中学卒業後、ちり紙交換業、中古船販売業などで成功。その後、大好物のバナナの栽培法を研究。40年かけて「凍結解凍覚醒法」を開発し、寒冷地でバナナを栽培することに成功。D&Tファーム技術責任者、ASCO代表理事、グリーンプラネットバイオテック最高技術責任者を務めた。

他の記事も読んでみる

北方謙三

僕の志は、125歳まで生きて、小説を書き続けることだ。書きたいテーマを数え上げて、年を取って書ける枚数が減ってくることも計算に入れると、その年齢まで生きなければいけないとわかった。でもそれは無理だから、毎回「この一作で125歳までの仕事をしたな」と思える充実感のある作品を書きたいと机に向かっている。


上田準二

私が社長に就任した当時のコンビニエンスストア業界は小さなチェーンが乱立していました。ガリバーはセブンイレブン。そのガリバーに太刀打ちできる対抗馬がいませんでした。横にセブンの店舗ができると途端に閉店する。ファミリーマートもそんなコンビニの一つでした。当時から私は「いずれコンビニ業界には再編の時代が来る」と予想していました。ファミリーマートが再編の中心的な存在になれるか、はたまた脱落して統合されるか、あるいは消滅していくか。中心的な存在になるために10年をどう使えばいいか考えました。


高田明(ジャパネットたかた)

私はずっと「今」に集中することで経営をしてきました。時代の先を読むことが重要だとよく言いますが、学者の方がどんなに知恵を絞っても、時代の先なんて読めないのが現実だと思います。明日の株価だってわからない。なのに、「景気の先行きがどうなるか」なんて心配してもしょうがないですよね。


藤原智美

最初の一文で躓くのは、文章を出だしから考えようとするからです。文章は一行目から書くべきだと思い込んでいる人が多いのですが、そのような決まりはありません。本当は書きやすいところから手を付ければいいのです。


泉谷直木

知らないことが減るのが成長だといわれますが、僕は逆で、知らないことが増えるのが成長だと思っている。


田口佳史

円滑に物事が進んでいる時というのは、社長も要らぬ、総理も要らぬという状態。ところが、危機や有事に際して初めて、リーダーの存在意義が出てくる。リーダーたる者は、自分の出番がいつ来るかと待っているくらいじゃないと駄目。


カルロス・ゴーン

CEOの責務は後任を選ぶことではないと思っています。自分で選ぶのではなく、2~3人の候補を取締役会に提案する。あとは取締役会次第です。CEOが「この人が私の後任だ」と指名するのは危険だと思います。自分自身は退任し、経営から離れる以上、何の責任もなくなります。でも取締役会は残るわけですから、全然理に適っていません。


中川邦夫(コンサルタント)

どんな思考術でもそうですが、考え方を「知っている」だけではダメです。「ストーリーシンキング」を実際に使えるようにするには、そのストーリーを書いてみる、すなわちドキュメント化するトレーニングを強く推奨します。書き出すとアラが見えやすくなるからです。


古森重隆

単純な足し算ではなく、2つの会社が一緒になることでかけ算となって、世の中に提供できる価値の総和が増える。これこそが、M&Aの意義であろう。


内藤由治

人望というものは人工的に創り上げるものではありません。これは、その人の「ぶれない経営哲学」とか会社にすべてをコミットしているという「その人の覚悟」というものが必然的に醸し出すものだと思っています。


栗山英樹

プロ野球選手は個人事業主だけど、組織に貢献できないと自分のためにならない。うちの選手たちがその姿勢を持っていることはわかったから、あえて、もっと野球に集中しやすいように「自分のために」と言った。だって、家族の笑顔が一番嬉しいでしょ?「家族のためにおまえも笑顔を見せてくれ」という思いでした。


三島海雲

今年89歳を迎えた私は、決して生来丈夫だったわけではない。とくに消化器と呼吸器が弱く、子供のときから薬ばかり飲んでいた。私の肉親は母をはじめ、二人の娘も早世した。血筋から言えば今日まで生きているのが不思議である。だから人一倍、健康に気を使い、努力してきた。健康に役立つ書物を片っ端から読み、あらゆる方法を試みた。