名言DB

9412 人 / 110637 名言

田中淳子(人材教育コンサルタント)の名言

twitter Facebook はてブ

田中淳子(人材教育コンサルタント)のプロフィール

田中淳子、たなか・じゅんこ。日本の人材教育コンサルタント、産業カウンセラー。上智大学文学部教育学科卒業。日本ディジタルイクイップメント(DEC)を経てグローバルナレッジネットワーク入社。著書に『SEのためのコミュニケーション実践塾』『はじめての後輩指導 知っておきたい30のルール』『SEのための部下と後輩を育てる20のテクニック』。

田中淳子(人材教育コンサルタント)の名言 一覧

多くの企業で研修をしてきましたが、マネジメントがうまい人ほど「ありがとう」をうまく使っています。


「挨拶がない!」と言う上司に限って、自分から挨拶していない人が多い。


結果を見てほしいのか、プロセスを重視してほしいのかなど、部下本人から確認できればいいですね。本人が答えに詰まった場合も聞き出します。どんなことを褒められるとやる気が出るかを自己分析させてみることも勉強の一つです。上司は部下のモチベーションが上がるポイントを知り、マネジメントに役立てましょう。


田中淳子(人材教育コンサルタント)の経歴・略歴

田中淳子、たなか・じゅんこ。日本の人材教育コンサルタント、産業カウンセラー。上智大学文学部教育学科卒業。日本ディジタルイクイップメント(DEC)を経てグローバルナレッジネットワーク入社。著書に『SEのためのコミュニケーション実践塾』『はじめての後輩指導 知っておきたい30のルール』『SEのための部下と後輩を育てる20のテクニック』。

他の記事も読んでみる

御手洗冨士夫

キヤノンにとって最も大切なことは雇用の維持・確保。常に社員が活躍できる道を準備し、雇用を守り、人間尊重、雇用尊重の経営を続けていきたい。


バラク・オバマ

今この時にこそ、私たちは人々がまた仕事につけるようにしなくてはなりません。子供たちのために、チャンスの扉を開かなくてはなりません。繁栄を取り戻し、平和を推進しなくてはなりません。今この時にこそ、アメリカの夢を取り戻し、基本的な真理を再確認しなくてはなりません。大勢の中にあって、私たちはひとつなのだと。息をし続ける限り、私たちは希望をもち続けるのだと。そして疑り深く悲観し否定する声に対しては、そんなことできないという人たちに対しては、ひとつ国民の魂を端的に象徴するあの不朽の信条でもって、必ずやこう答えましょう。Yes we can。ありがとう。神様の祝福を。そして神様がアメリカ合衆国を祝福しますように。


遊川和彦

本当は、さぼっても、才能があって、パーッといけるような人間になりたかったんだけど、自分はどうやらそうではないということに早くに気が付いて、地道にいくしかないなと思った。


前澤友作

かつては競争がないと人はさぼるとか、企業は手を抜いて傲慢になるということがあったのかもしれません。でもいまは競争するより協調したほうが、経済合理性がある。競争によって刺激されなくても、みんなお客様にとって便利なもの、新しいものを自発的に生み出すマインドになっている気がします。


野中郁次郎

上から与えられた数値ベースの計画からは新しい意味や価値は生まれない。


坂野尚子

女性の起業家は女性であることをうまく活用するべきだと思っています。女性のしなやかな部分やキメの細かさはもっと活用できるものだと思っています。


神田昌典

価格を安く設定しない方がいい理由がもうひとつある。それは、割引以外に売る工夫をしなくなるからである。割引とは、きわめて安直な方法である。バカでもできる。バカでもできるから、必ずあなたの価格を下回るバカが出てくる。「安い安い」で販売すると、安値競争に突入する。


岡田節人

研究も人脈です。つまり一人で自分の夢を実現するような研究はいまや無い。誰かと共同になるわけです。その際うまく共同で、しかもその分野の優れた人と組めるということはやはり人脈でしょう。それもこの頃は、日本だけの人脈では駄目ですね。


夢枕獏

これは後々、いろいろな編集者から聞かされたことですが、「長く残る作家には死にそうになるくらい書く時期がある」と。僕の場合は、30代半ばから40代が完全にその時期でした。本当に時間が足りなくなり、最後の最後に削ったのは睡眠時間です。当時、よくやっていたのは、10分寝て、30分か1時間書き、また10分横になるという繰り返し。不思議なもので、ちょっと寝ると、しばらく持つんですよね。


益子修

山登りでも、高い所に行くと景色が変わってきます。以前は小さな成功体験の積み重ねが自信につながると言っていましたが、今はどうやったら競争に勝てるかを考えています。どう生き残るかではなく、どう勝つかという、今までとは違う次元で物事を考えなくてはいけません。


和泉昭子

老後資金を算出するのが第一歩。自分で計算して、定年後の生活水準を想定してみることが大切。


藤田晋

幹部が泊まり込みで会社の未来のことを話し合う「あした会議」は本社がある東京・渋谷から離れます。どうしても渋谷にいると、今、目の前にあることで手いっぱいになってしまいますから。決して問題を先送りにしないために必要な合宿です。


嶋津良智

私は部下とお金のマネジメントはよく似ていると考えています。お金はそれを「守り、上手に使い、貯めて、増やす人」のところに集まるように、人も自分を「守り、上手に使い、実績を積ませ、能力を増やしてくれる人・組織」のところに自然と集まります。ついてこられないからといって簡単に諦めると、ほかの人も離れていきます。そこは十分なケアが必要です。


木村皓一

若いころ、フランスで友人に勧められてワインのロマネ・コンティを飲みました。言わずと知れた何十万円もする高級品です。友人に「木村、これなんぼするか知ってるか?」と聞かれ、そのときは正直なところ、「地元の河内ワインと味は変わらへんな」と思いました(笑)。今なら違いが分かりますよ。しかし、そのころは分からない。私にとっては似たような味で、片や980円、片や数十万円。「ラベルの差やな。これがブランド力か」と思いました。


桜井弘(櫻井弘)

頼み事をしたとき誰からも快諾してもらえる人と、毎回断られている人の違いは「相手基軸の視点を持っているか否か」です。つまりは相手の立場に立った話し方ができているかどうか。