名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

田中栄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田中栄のプロフィール

田中栄、たかな・さかえ。日本の経営者、ビジネスプランナー。北海道出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、CSK、マイクロソフトなどを経て「アクアビット」を設立。

田中栄の名言 一覧

今後は限りある資源の中でどう暮らすか考えることが重要。


今後は従来のビジネスモデルが成り立たなくなり、変化に対応できない人はピンチに陥るでしょう。


変化はピンチではなくチャンス。新しい環境や変化を追い風にできるよう、必要な能力を磨く努力をすれば、恐れることはありません。


「ハード」がもたらす利益はワンタイムでしかない。しかし斬新なサービスが発想できれば、そこから継続的な利益が生まれる。


現状のビジネスが成り立たなくなるということは、それに代わる新しい事業やサービスが生まれるということ。それを自らつくることができる人材は必ず重宝がられる。


これからはコンピューターにはできない能力が問われる時代。たとえば、人と人との関係。コンピューターで人間同士がつながることはできても、コンピューターは信頼関係まで築いてくれません。


リストラの波を乗り切るには、「もの」ではなく「新しいサービス」をつくり出す力をつけること。新しいビジネスモデルをつくり出せる人材が、企業にとって戦力となる。


田中栄の経歴・略歴

田中栄、たかな・さかえ。日本の経営者、ビジネスプランナー。北海道出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、CSK、マイクロソフトなどを経て「アクアビット」を設立。

他の記事も読んでみる

河田重

白石(元治郎)さんの主義は「ロングラン」ということだった。あくせくするな、ロングランで行け!と、よく言われた。人生行路を走るには長距離選手でなければならぬ。そのためには、まず体を大事にしろ。長生きした者が最後の勝利を得る。というのが白石さんの持論であったが、この白石説には、私は大いに教えられた。
【覚書き|白石元治郎は日本鋼管社長。また、セメント王浅野総一郎の娘婿で日本の民間製鉄業を発足させ発展させた人物】


宮内義彦

社外の方々にどう映っているのか分かりませんが、オリックスは極めてウエットな会社です。基本的に人員削減はしませんし、力を発揮できていない社員がいれば、最善の職場をできる限り一緒に考えます。社員に様々な選択肢を提供するために、事業を多角化してきたという面もあります。


渡邉美樹

大事なのは、「車がほしい」という夢でも仕事の夢でも、必ず「いついつまでに達成する」と日付を入れておくこと。日付を入れておかないと、今日の行動は変わりません。逆に言えば今日の行動が変わることで、初めて明日の世界が変わり、未来が開けていくんです。


田坂広志

自分の仕事を、どこまでも前向きに見つめること。その姿勢は良き仕事、良き人間、良き機会を引き寄せ、さらには、良き運気さえも呼び込んでいくのです。


笹宏行

危機感を伝えるだけではなく、自分たちの会社が着実によくなっているというメッセージがなければ、社員のやる気は引き出せない。


鈴木みゆき(経営者)

私にジェットスター・ジャパンの社長就任の声がかかったとき、航空業界とは無縁だった私の経歴では難しいだろうと思い、ジェットスターグループCEOのブルース・ブキャナン氏にダメもとで会いに行きました。ところが彼は、「新しいビジネスを日本に定着させるためには、この業界に染まっていない人の方が斬新なアイデアが期待できる」と。その言葉を聞いて、この仕事をぜひやらせてほしいと思いました。


泉谷しげる

友達作りに年齢なんか関係ないからね。自分から動き出せば、そこで必ず人と出会うから。動いていって、相手に対して心を閉じなきゃ、友達はできる。


立花貴

考えなくてもいい。とにかく現地に行って、触れて、感じてくれたらわかるし、変わる。アタマより感じて動き出している状態になる。


中原淳

もともと仕事は面白いものでも、つまらないものでもないのかもしれません。ですが、一度きりの人生を充実したものにするためにも、楽しむことを諦めず、時折、自分の仕事の意味を見つめ直してみてはいかがでしょうか。


澤上篤人

毎月分配型投信が売れていますが、それは4年にわたって円安、低金利が続いたことがラッキーだっただけです。こんな平穏な状況が続くのは滅多にありません。今後円高に振れて、金利が上がりだしたら逆になります。投信ブームは一回冷えるかもしれません。


新野隆

革新的なビジネスモデルはNEC一社ではできない。事業パートナーや顧客との「共創」が不可欠で、そのコーディネート役を我々が担う。


小泉信三

道徳的背骨(モラルバックボーン)という言葉は英米での慣用語か否かよく承知しないが、この背骨を日本国民は、武士の家庭教育によって養った。福沢諭吉も新島襄も内村鑑三もみなサムライの家の子として育ったのである。