名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

田中文雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田中文雄のプロフィール

田中文雄、たなか・ふみお。日本の経営者。「王子製紙」社長・会長。長野県出身。九州帝国大学卒業後、王子製紙に入社。春日井工場長などを経て社長に就任。在任中に北日本製紙、日本パルプ工業を吸収合併した。

田中文雄の名言 一覧

派遣した人材は困難に挑んできて苦労し、腕も人物も一層磨いて帰ってくる。こうして利他が自分の利益となって結実していくのを見るのは楽しいものだ。【覚書き:中越パルプ工業、東洋パルプなどの業界他社再編のために自社の優秀な人材を派遣したことを振り返った発言】


田中文雄の経歴・略歴

田中文雄、たなか・ふみお。日本の経営者。「王子製紙」社長・会長。長野県出身。九州帝国大学卒業後、王子製紙に入社。春日井工場長などを経て社長に就任。在任中に北日本製紙、日本パルプ工業を吸収合併した。

他の記事も読んでみる

尾崎元規

市場環境や消費者の変化にどう対応するかを考えたとき、事業分野に優先順位を付け、位置づけをはっきりさせてメリハリをつけたうえで目標を立てて成長を目指していく必要があります。


上窪政久

私の仕事はゼロから新規事業を立ち上げることです。事業そのものはずっと継続していきますが、新規立ち上げプロジェクトには終わりがあります。「終わりがある」ということが私は好きですし、それが手帳術にも反映していると思います。


大川豊

今いる場所で、はみ出すくらいの個性を出して、思いっきり面白がって仕事したり、生きていけばいい。はみ出しすぎて、追い出されたっていいよ。いざとなったら大川興業にネタ見せに来ればいいからさ!


鈴木喬(経営者)

僕は、何事もダラダラやるのが大嫌いなんです。だから仕事も、常に瞬間最大風速でやる。そのためには、しっかり休息を取らなきゃいけません。特に交渉事は、最後は体力勝負。僕も外国企業のCEOたちと散々渡り合ってきましたが、ビジネスで勝つのは「運と勘と度胸」のある人だけ。ぐっすり眠って体力満タン、頭の冴えた状態でなければ、そんな勝負はできませんよ。だから僕は、毎日必ず8時間は睡眠をとっています。


後藤亘

目標の数字はあってしかるべきなんですが、経営の目標として売り上げを伸ばすというのは、結果論でありたいんですよ。良い番組をつくって社会に貢献せねばなりませんから制作費が必要になってきます。ということは、売り上げも伸ばさなければならないわけです。それが、目指す姿。


小池龍之介(小池龍照)

たとえば、会社である企画を提案し、それについて議論が行われたとしましょう。企画と自分とは別次元のもの。企画が通ったとしてもそれはあくまで企画が認められたのであって、自分が認められたということではありません。逆に、企画が通らなくても、自分が否定されたと落ち込む必要もないのです。


江上治

とてつもなく稼ぐ人は、自分の視点という一貫した判断基準を持ち、その判断基準に従って具体的解決法を提示することで価値を交換し、成功している。


中村修二

よく「オールジャパン」という言葉が好まれますが、日本人だけで作ったものは日本市場だけを念頭に置きがちです。最初から世界を見据え、発明に取り組むべきです。


谷原章介

頭が回らないときは、いろんなことを考えすぎて疲れているのだと思います。だから、ボーッとする時間を設けます。大抵30分も寝れば回復しますので、昼間のうたた寝は大切だと思いますね。


水谷孝次

自分はこれがやりたいと一方的に主張するだけでは、「あいつは学生みたいだ」と一蹴されて終わりでしょう。自分の思いをカタチにするには、周囲の人にそれを受け入れてもらう必要があります。それには、どうすればこれが実現できるかというストーリーを考え、マーケティングや根回しをすることが不可欠。これもデザインなんです。


佐藤勝人

我々は別に、チェーン店を1000店舗つくるとか、そういう考えで商売を始めたわけではない。でも、サトーカメラの今後を考えたとき、あるいは男である以上、私自身は会社の規模をある程度大きくしたいと思っている。ただ、その方法論として、コンビニをはじめとするチェーンストアのようにどんどん出店すればいいとは思っていないし、ユニクロのように価値が同質化した商品を売ろうとも考えていない。うちが店舗改革を本格的に始めてから十年かけて築き上げてきた、「とことん売上重視にはしない」といういまの経営スタイルを維持しながら、そのまま大きくなっていくことが大事だと思っている。


似鳥昭雄

将来を見通すには、現時点の調査結果を原理原則に照らして予測する必要があります。具体的には、日本の住宅価格の動向とバブル崩壊との関係をグラフ化し、それをアメリカの事例に当てはめる。人間が絡んでいる出来事であれば、国を問わず必ず同じようなパターンで進行します。経験則をバカにしてはいけません。